2015/09/30

「リュパン、最後の恋」創元推理文庫の翻訳について 2

創元推理文庫を読み通しましたが、えんえん説明文を読まされている感じがして非常に疲れました。説明を盛って盛って盛って原作のままのページなんか一つもありません(主観的体感だけど、実際そうだと思う)。ルブランの文章の痕跡残ってないレベルです。だから読むのに非常に気が重かったです。創元版の翻訳者側の主張をそのまま受け取ることはできないので、記事に残しておきます。

なお、フランス語は読めませんので、原則早川書房版の翻訳を原作とします。(電子書籍を参照したのでページ数は表記していません)

まず、違和感を覚えた二箇所から。

1. コラの秘密

ココリコ(創元版ではコッコ大尉)が予審判事に話しているセリフです。コラの秘密を暴露しているのにはあきれてしまいました。

その人の名前はコラ・ド・レルヌ。さっきおっしゃっていたハリントン卿の実の令嬢にあたります。(創元P121)


他国の人間、一介の予審判事にまで不義の子だと知れわたっている女性がイギリス王室の王妃になれると思いますか。コラの出生はトップシークレットで知る人は殆どいないというのはこの話の前提になっているのではないでしょうか。

しかもココリコから話している。創元版がどういう考えか分かりませんが、原作ではあとで妨害工作ををしているとおり、ココリコは予審判事を完全に信用しているわけではない。忌憚なく話せる間柄ではないのです。(年齢だって見栄を張ります・笑)


2. 秘書の噂

違和感を感じた箇所の二点目。

「だったら、どうして、館を出たりしたのです? あれはただの脅しではありません。敵は本気です。ただ、誰があの脅迫状を書いたのかは、まだ、わかりませんが…」
と、その言葉に、コラが思いがけない反応を示した。
「それなら、オックスフォード公の秘書だと思いますわ。トニー・カーベットという名前です。わたくしは昨日、ティユール館で会ったばかりですが、いきなり馴れなれしい態度で接してきて、聞くに堪えないようなことをわたくしに言っていました。オックスフォード公の前では忠臣ぶっていますが、あれは偽善者です。偽善者で、裏切り者です。だいたい、わたくしがティユール館に滞在していることを知っている人は、まだほとんどいないのですから」(創元P130)

ここも「違う」と真っ先に思ったところです。「まだ」ほとんどいないということは「いずれ」知るひとがたくさんいることになるっていうことですよね。私コラはティユール館にいますよーって宣伝するつもりなんですか。そんなに長い間滞在するつもりなんですか。私の考えでは、コラ嬢がティユール館にいますよ(いたんですよ)と言いたい人はいます。館の持ち主ヘアフォール伯爵です。が、コラが他人が知るかどうかを気にするのはおかしいと思います。

それは脇においても、我慢ができないことがあります。べ、べつに恋愛対象としてみてるわけじゃないからっ、って各々思っている二人が、他の男からセクハラ受けてるの、ってただ言って、ただ聞いて、って何なんですか。嫌な思いをしたなら、さっさと家に帰ればいいじゃないですか。続けて滞在する意味は何なんですか。

原作はこうです。嫌な奴の名前を口にする必要なんてありません。

「あの脅迫状は重大です。誰が出したのか、わかっているのですか?」
「おそらく、オックスフォード公エドモンドの秘書でしょう。裏切り者で偽善舎で、信用ならない男です」(早川)

このあたりからああ、分かっていないんだと気づいたので、少しは気が楽になりました。


創元版は文章自体が読みにくいと思います。この内容はこのことを言っていて、この箇所はあの場所のことを差しているというような演習ノートにまとめた内容を本文に混ぜ込んだみたいな感じ。だから同じ内容が何度も繰り返されるし、場面場面で必要な情報の取捨選択ができてなくて読みにくいのです。地図や図解も演習ノートっぽいですよね。

調査不足の箇所もあります。

セーヌ・マリティーム県のリールボンヌの古代劇場を復元したのは、この私なのです。(創元P104)

ルブランの生存中はセーヌ・アンフェリウール県で、セーヌ・マリティーム県になったのは1955年です。(原作は単にリールボンヌ) リールボンヌは「カリオストロ伯爵夫人」や「バール・イ・ヴァ荘」に出てくる地名。県名よりノルマンディー地方と書く方がルパンシリーズの読者には分かりやすいと思いますけど。


次の個所は、どうしてこうなっているのか分かりません。(原文が行方不明でして調査できてません…)

そして、七月十五日の夕方に、金貨を積んだ飛行機がイギリスの飛行場を飛びたつと、新聞社にはその状況を知らせる至急電報が続々と入ってきた。
《飛行機は金貨の入った袋をふたつ積んで出発し、昨晩、カレーの上空を通過した。いっぽうパリ郊外にあるル・ブルジェ飛行場では、警官や憲兵、そしてフランス銀行が雇った警備員たちが待機している》
《午後十時、飛行機は無事に飛行場に到着した。だが、すぐに乗務員が確かめてみると、金貨の入った袋はふたつとも消えていたという》(創元P65)

その日の朝、《飛行機から金貨の入った袋が消えていた》というニュースがまだ報道される前、コラがブローニュの森の散歩から帰ってくると、ヘアフォール伯爵が客間で待っていた。
「コラ、今日はどうしても貴女に聞いてほしいことがあるのです」
コラの顔を見ると、伯爵は真剣な面持ちで切りだした。(創元P66)

その日とは何日でしょう。飛行機が出発したのは7月15日だとして、昨晩とは7月14日ですか。

原作は次の通りです。

七月十六日、この事件について新たなニュースが続いた。
《昨夜、二つの袋を積んだ郵便輸送機がカレー市上空を通過したと連絡があった。
ブールジェの飛行場では、警官隊、憲兵隊、フランス銀行に雇われた警備員の配備が確認された。
十時、飛行機到着。飛行中は何のトラブルもなかった。ところが二つの袋は、機内から消えていた》(早川)

その日、コラがブローニュの散歩から帰ると、居間でヘアフォール伯爵が待っていた。伯爵は重々しい表情をしている。
「コラ、折り入って、お話ししなければならないことがあって」(早川)

7月16日の新聞報道で、7月15日に飛行機が出発したことが報道されたと解釈できます。たぶんコラが話を受けたその日とは7月16日なのでしょう。とくに意識する必要なく読めます。


フォローとして早川書房版の誤訳を直したとのことですが、こちらのブログで指摘されている箇所を確認しておきます。

Le dernier amour d'Arsene Lupin : ときどき日誌 sur NetVillage
http://netvillage.exblog.jp/21417470/

「失礼ながら、陛下、この事件は第二のアンギャン公事件とはならないでしょうね? その手の話に関わるのはごめんです。わたしは軍人であり、政治家ではありませんから。(略)」(ハヤカワ文庫P15)

ハヤカワ文庫版の「政治家」は誤りだということですが、創元推理文庫では正しく「警察官」と訳されています。

Je suis un soldat, pas un policier.(Balland、P27)

「私は軍人であって、警察官ではありません。(略)」(創元推理文庫P28)


とはいえ多少誤訳があるとしても、全体的に信用できるのは早川版だと思います。

監訳者のあとがきに、足りない部分を他の部分から持ってきた情報で補ってみると理解できるとあるけれど、他の部分を読めばわかるから書かないのでしょ。情報をどこでどう出すか、というのは大きなポイントではないですか。書かないというのも一つの選択で、すべて作者の勝手です。そこを考慮せずに足しこめばいいというのは原作のやんわりとした全否定です。

(ほかの翻訳を引き合いに出したくはないですが、殆どのリライト作品は、全体を見据えた上で必要と思う個所を作り直して原作を取捨選択していますが、「リュパン、最後の恋」は、原作がなにか発しようとするたび、その出口でゆがめられているような息苦しさを感じます。)

ルブランの原作は読者に親切ではないし、今の人には受けがよくないでしょうね。でも私が読みたいのはルブランの原作です。

モーリス・ルブラン「リュパン、最後の恋」創元推理文庫の翻訳について

2009/05/25

DVD「総務部総務課山口六平太 裁判員プロジェクトはじめます!」

裁判員制度についての案内アニメビデオ。
レンタルビデオ店で無償レンタルをやっていた。
キャストは? と見てみたら

山口六平太:山口勝平

こういうの、嫌いじゃないわ(笑)

と言うわけで借りてみた。
裁判員の通知が届いたのは有馬係長。まあ順当な人選だ。
裁判員に選ばれて裁判に参加するまでの仕組みを、アニメを通して丁寧に説明してくれる。

有馬係長と六平太は声のイメージが違うように思ったのだけど、お二人とも上手いので見れた。他のキャストは割とあってた。このキャストでまったりアニメ化してくれたらいいのに。原作は次で60巻。そんなに出てたとは。


オンラインでも無料で見られる。
総務部総務課山口六平太裁判員プロジェクトはじめます!
http://www.kensatsu.go.jp/kakuchou/h_osaka/oshirase/03111200802062/yamagutiroppeita.html
総務部総務課 山口六平太 裁判員プロジェクトはじめます! - 政府インターネットテレビ
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1369.html

2008/04/22

名探偵コナン「紺碧の棺」感想

読み:こんぺきのジョリー・ロジャー
日本テレビ、4/21 (月) 19:00~20:54

声聞いて絶対犯人だと思ったらやっぱり。でもなんかあっさり解決。勿体無い。勿体無さ過ぎる。
メリハリに欠ける気がしたし、ああ知っているというネタもなかったしあまり楽しめかなった。日本が舞台なのにフランス語でどうのとかスペイン語でどうのとか言われてもね。外国を舞台に出来ないのは分かってるけど。トレジャーハンターの話だとは知っていたけれど、海賊の話だとは知らずに見たので、ちょっと置いてきぼり。何で棺と書いてジョリー・ロジャーと読むのだろう。

2007/04/04

名探偵コナン「探偵たちの鎮魂歌」感想

日本テレビ、4/2 (月) 19:00~21:24

これはこういう話とまとめるのは難しい。あえて言うなら「横浜」か。登場人物てんこもりで豪勢ですね。いつも豪華な声優で分かる犯人ですが、今回は、終わりになるまで地声がでてこなかった(笑)

無碍に人が亡くならなかったし、各キャラクターが能力的に無理がない展開だったのでよかった。でもその分キッドが人間離れしてる。ラスト、もう超人間の粋だわ。なんで元太が腕時計はずしてなかったかがよく分からなかったんだけど。もっとまじめに見てればよかったかも。最初の雰囲気がちょっと苦手かもと思ったんだよね。どうしてコナン=新一と悟られたのか分からなかったし。最後で納得できた。サブタイトルは探偵はもう要らないという意味なのかな。

2007/04/02

アニメ「ナーザが海を騒がす」

中国のアニメ。現在出ているDVDでは「ナージャと竜王」と改題されているらしい。ナーザが可愛くて、くるくる動いて、本当にかわいらしい。個人的にはナーザの父李靖に子思いなところがあって安心した。情けないけど。

ナーザはナタともナージャとも言う。「ナージャとりゅうおう」という絵本と同じ題材を用いている(原作としてる?)アニメがあるとは知っていたけれど、見ることができてよかった。

レンタルビデオ店を物色していてこれより先に見つけたのが「封神演義」という中国製?のアニメ。あらすじで名前が「ナタク」となっていた…。「ジャンプ」が悪いんだよなあ…影響力が段違いだもの。「封神演義」を読んだことない方は図書館で光栄版の翻訳を探しましょう!

2007/03/28

「ゴーストハント」第25話

サブタイトル:FILE8 呪いの家 #4

最終回です。綾子が本領発揮したのはうれしかった。でも伏線投げっぱなしだよ。原作ではこの後「悪霊だってヘイキ!」上下巻があるので仕方がないといえば仕方ないんだけど。やはり尺が足りなかったのか今回はOPもEDもなかった。中味もかなりはしょられてる。気功の話って以前に出てたっけ?なんだか唐突。

ナルは性格最悪だねえ。寝起きだと言え機嫌悪いし判断力失うところがまだまだ青いな。真砂子の洋服姿可愛かった。行く時の会話がなかったから撤退するときまで洋服なのに気づかなかったよ。あれは麻衣の服なのよね。最後真砂子と麻衣がじゃれてたのがよかった。

2007/03/22

「ゴーストハント」第24話

サブタイトル:FILE8 呪いの家 #3

アバンでスタッフテロップが出るからあら??と思っていたらOPがなくCMへ。尺が足りないんだろうなあ。OPの曲はラストあたりでBGMに流れてた。

吉見家の人々が…いたたまれない。ひたすら悲惨だ。事件ばかりで、それでも前向きに捕らえようとする彰文さんのセリフや、サイキックリサーチ連中の普段と変わらないやり取りや軽口が省略されてるから余計に。それでも安原さん再登場に少し和んだ。

九字を切りながら、遠慮しなくていいからねと麻衣にけしかける綾子はちょっとかっこいい。何もやってなくはないのにジョンの存在感がないな…。真砂子はちゃんと霊を降ろしたし、安原少年は便利な調査員としてちゃっかり見せ場持ってってるというのに。

これ次回最終回だよね。この話ちゃんと終わるんだろうか。伏線あったシリーズ全体のネタバレはあきらめているけど、今回の話もどこで決着つけるか分からないなあ。眠り姫ナルが起きた後の話もするよね。

2007/03/14

「ゴーストハント」第23話

サブタイトル:FILE8 呪いの家 #2

真砂子とジョンが到着。吉見家伝承多すぎ。瘤だの塚だの何がなにやら…。小説だと読み返せるんだけど大変だ(結構読み飛ばしちゃったけど)。

どうしてぼーさんがナルが麻衣に言ったって分かってるの?? 麻衣はそのへんぼかしてるはず。それから前回も気になったけど、「末世まで呪ってやる」というのは、麻衣側の誰かのセリフでないとおかしかない? こういうところ間違えちゃダメだろう。

「二度と九字を人に向かって切らなきゃならないような状況を作るな」
時に優しく時に厳しく。うんうん、やっぱぼーさんはお父さんだな。

2007/03/07

「ゴーストハント」第22話

サブタイトル:FILE8 呪いの家 #1

今回から「悪霊とよばないで」。残り話数からいってラストエピソードかも。
今度の建物はイメージどおりだった。日本家屋なら何とかイメージできる(笑)。原作からすればすごいハイスピード。依頼が来て、到着して、ナルが戦線離脱して、夢を見て。そういえばジョンいなかったと気づく…この先ジョンが活躍することはあるんだろうか。

リンさん強い!! 綾子は久々に巫女さん姿を披露したけれど、やっぱり失敗。お前って二人称はナルのキャラじゃなーい。まあいろんなナルが見られる回です。

2007/03/01

「ゴーストハント」第21話

サブタイトル:FILE7 血ぬられた迷宮 #4

怖いんだけど、こわいんだけど、なんかゾンビっぽい?? びちゃっていう音から怖かったよ。いたぶられるシーンがやけに長かった。早く助けに来い。最後リンさんがキメてくれたけど、活躍しないメンバーが多いなあ。綾子はもちろんジョンも活躍してないような。真砂子も“つかまらないように”耐えてる描写が抜けて、助けられるのを待つだけになってしまってる。

麻衣も真砂子も恋する女の子だねえ。やきもちを焼く真砂子可愛いい。麻衣はまどかにナルのこと聞こうとするもののうまくかわされてしまった。麻衣はてめーってのはやめたほうがいいよ。原作に慣れていると懐かしいと思うけど、アニメでは割と普通に女の子だし。

より以前の記事一覧

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ