« フランスのアルセーヌ・ルパン友の会が電子書籍「Le carnet de route d’Arsene Lupin」を発行 | トップページ | 人形劇「伊賀の影丸」DVD発売予定 »

2014/06/12

「花とゆめ」2014年8号 スキップ・ビート!感想

著者:仲村佳樹


コーン@蓮は、キョーコの神官設定が、「敦賀蓮」の約束を守るためと、意地悪といってもいい様な久遠(オレ)の願いを叶えるための、彼女が必死でひねりだした最善の方法なのだと分かった瞬間、自分の中の疑問が解けた。敦賀蓮はオレなのに、どうして敦賀蓮ばかり優遇するんだといういらだち。別人を装ってきたのは自分なのに、どれだけ自分勝手な話だろうと。けれど、違った。キョーコは敦賀蓮だけを特別氏していたわけじゃなく、カテゴリーは違うかもしれないが、久遠(オレ)も敦賀蓮も唯一無二の存在として考えてくれているのだと。

蓮は、ありがとうという言葉に続いて、それって神官という立場からみて大丈夫なのか?と聞く。バレたら怒られない? キョーコは神の使者でなくなることより、貴方のために何かを出来る事の方が大事なのだと語る。過去の自分は実の母に愛されず、心のすべてを捧げた相手に裏切られ、決して幸福と光に満ちた人生ではなかった。けれど、それらすべての経験は、現在の自分になるためには必要な事だったのだと。それらの経験がなければ、上京し、現在の職務についていなかった。ひいては、あのお方(蓮のこと)にお会いすることもなかったはずで、そのきっかけを作ってくれたのだと思うだけで、彼の者(尚のこと)には感謝すらしてしまうと頬を赤らめながら。

それを聞いて、ソイツのことを許しているの?とコーンが聞くと、キョーコは、自分がここまでくる中で、何度悲しい思いをして心が塞ぎこんでも、唯一自分の話を聞き、励ましてくれたのは貴方がくれた思い出と魔法石(まほう)だけだという事実。そんな貴方に何かをお返ししたいと思うのは、人間の理(ことわり)だと言う。

そして、その仕事を極められなくなるけどいいの?という問いには、あきらめさえしなければ、道はかならずどこかで拓けるものです。それに、私にとってコーンがどれ程大切な存在かあの方(蓮)にだけは話しているので、もしこの度のことを知ってもお怒りにはならないのではないかと思いますとキョーコは答える。

あのかたにお会いできるきっかけを作ってくれたのだと思うだけで感謝すらしている。というキョーコのせりふに、蓮は10年前キョーコと会った時の事が思い浮かぶ。今の俺になら理解できると感じる。そのことは言葉にせず、君の言う「あのお方」って…と口にすると、キョーコは「我が主です」と言い切る。

そして、神の慈悲を今なら受けられそうな気がすると口に氏、胸に手を当てながらひざまずき、再生のキスをもらってもよいかと頼む。

キョーコは全身ふるえながら、どうかこの者の未来にいたわりと希望の萌芽をと祈りの言葉を言って、唇をちょんと当てる。その瞬間、キョーコに戻って真っ赤になって体を離す。コーンが動かないので、終わったよ?と声をかけると、コーンはパタリと倒れてしまう。あわててキョーコが近寄ると不満顔で物足りないと物足りないとつぶやく。

それらすべての経験は今のわたしに必要なことだったのだというキョーコのせりふ。それは頷ける部分もあるし、どうしても認めたくない部分もあった。以前は。でも今の俺には分かる。もう否定なんて出来るわけがないのだ。握ってくるキョーコの手を握り返して、コーンはほほえむ。


あの方(蓮)は知っても怒らない。見事に我が身に返ってきましたね。実際は嫉妬しまくりだったのに(笑)
キョーコは神官設定でしゃべっているのに、蓮が素で不破尚の名前を出しかけるのが面白かった。

次回9号はお休みで10号に掲載。
「スキップ・ビート!」感想のバックナンバーはこちらから。

« フランスのアルセーヌ・ルパン友の会が電子書籍「Le carnet de route d’Arsene Lupin」を発行 | トップページ | 人形劇「伊賀の影丸」DVD発売予定 »

スキップ・ビート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/59801971

この記事へのトラックバック一覧です: 「花とゆめ」2014年8号 スキップ・ビート!感想:

« フランスのアルセーヌ・ルパン友の会が電子書籍「Le carnet de route d’Arsene Lupin」を発行 | トップページ | 人形劇「伊賀の影丸」DVD発売予定 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ