« 「フランス語で読むアルセーヌ・ルパン」入手のこと | トップページ | 森田崇「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」第2巻が2013年12月27日発売予定 »

2013/12/10

雑誌「増刊フラワーズ」2013年冬号(12月号増刊) 「VSルパン」

さいとうちほさんの漫画。原案:モーリス・ルブラン。
【treasure3. 王妃の首飾り】 巻頭カラー。

原作は「怪盗紳士ルパン」中の短編「王妃の首飾り(1-5)」。

ドルー=スービーズ伯爵家には、伯爵令嬢デジレの友人クラリスが2週間の間滞在していた。クラリスはデジレにフロリアーニ騎士を紹介される。騎士を含めた名士が招待された伯爵家の昼食会で14年前に起こった王妃の首飾りの盗難事件が話題になる。


オリジナル要素として、ドルー=スービーズ伯爵夫妻の娘デジレと、その友人クラリス・デティク男爵令嬢が出てくる。クラリスは「カリオストロ伯爵夫人(13)」の登場人物。もともと「王妃の首飾り」「カリオストロ伯爵夫人」は関連性が高い。

美男美女、黒髪と金髪の取り合わせ。まさに王道。クラリスから見た第一印象があまりよくないのも正解! どうみたって性格悪いもん(笑) ほだされちゃだめだよー。アドバイスは親切心からじゃないよ、きっと。

1、2作目は、裏で暗躍している話で、今回出ずっぱりなのがうれしい。20歳なんだね。


クラリスの名前は「デティク」にするのかな。通常は「デティグ」かなあ。
舞台となるサンジェルマンはパリ郊外となってるけど、原作はフォーブール・サンジェルマンなので、むしろパリの真ん中。フォーブールは城外っていう意味なんだけどね(^^;; 一峰大二氏の漫画「怪盗ルパン」でも注でパリ郊外のサンジェルマン=アン=レーと書かれていたと記憶するけど、別物です。

小学館コミック -フラワーズ- 増刊flowers
http://flowers.shogakukan.co.jp/zoukan/index.html
月刊flowers 増刊 | 女性コミック誌 | 雑誌 | 小学館
http://www.shogakukan.co.jp/magazines/extra_number/_id_075000?so=date&sb=desc

« 「フランス語で読むアルセーヌ・ルパン」入手のこと | トップページ | 森田崇「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」第2巻が2013年12月27日発売予定 »

アルセーヌ・ルパン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/58729365

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌「増刊フラワーズ」2013年冬号(12月号増刊) 「VSルパン」:

« 「フランス語で読むアルセーヌ・ルパン」入手のこと | トップページ | 森田崇「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」第2巻が2013年12月27日発売予定 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ