« 「花とゆめ」2013年24号 スキップ・ビート!感想 | トップページ | 「フランス語で読む怪盗ルパン傑作短編集」入手のこと »

2013/11/26

森瀬繚「朱紅きプレリュード」

画・文倉十。『黄雷のガクトゥーン ノベルアンソロジー』ライアーソフト、2013年所収
一般書店では流通しておらず、公式サイトの通販で入手できる。(2013年11月現在)
「黄雷のガクトゥーン」ノベルアンソロジー!
http://www.liar.co.jp/guac_novel.html


□概要
マルセイユの沖ディフ島にあるマルセイユ洋上学園都市。優秀学生には特殊な能力=異能(アート)が発現する。1909年、学園都市をエコー・ド・フランスの記者モーリス・ルブランが訪れる。ルブランは以前この学園都市の生徒でもあった。ルブランが在学していた1905年、《五十三人委員会》という奇妙な事件が起きていた。

□メモ
モーリス・ルブランはアルセーヌ・ルパン(アルセーヌ・リュパン)シリーズの作者名と同一であり、冒頭の電信内容は「アルセーヌ・ルパンの逮捕(1-1)」のパロディ。他にもルパンシリーズの影響がある。


□感想
振り仮名がないけど、タイトルは「あかきプレリュード」でいいのかな、
楽しかった。モーリスとジャンがじゃれてるし、モーリスが上手だ。(あ、ルブランとダスプリーね)
そして奴の弱点ににやにやしてしまう。

モーリス・ルブランは1964年生まれで年齢が違うし、そもそも世界が違うからパラレルなのだけれど楽しめた。現実の著名人が出てきたり、最後、アレもコレも出てくるのかい、っていう盛り込み振り。もともとゲームの派生小説なので、ゲームを知っていることが前提となっているけど、巻末に用語解説が付いているので、理解できなくもなかった。巻末の登場人物紹介でコレはアレっぽいなと思ったら、まさかのアレだった(笑)

« 「花とゆめ」2013年24号 スキップ・ビート!感想 | トップページ | 「フランス語で読む怪盗ルパン傑作短編集」入手のこと »

アルセーヌ・ルパン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/58649966

この記事へのトラックバック一覧です: 森瀬繚「朱紅きプレリュード」:

« 「花とゆめ」2013年24号 スキップ・ビート!感想 | トップページ | 「フランス語で読む怪盗ルパン傑作短編集」入手のこと »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ