« 宝塚「ルパン -ARSENE LUPIN-」DVD発売予定 | トップページ | 劇団スタジオライフ・音楽劇「アルセーヌ・ルパン カリオストロ伯爵夫人」感想 »

2013/08/04

「ル・サンク」vol.149 「ルパン -ARSENE LUPIN-」発売

宝塚で上演中の「ルパン -ARSENE LUPIN-」「Fantastic Energy!」の公演写真集が発売されました。写真はオールカラー。
「ルパン -ARSENE LUPIN-」は台本も載っています。

ル・サンク vol.149|宝塚歌劇|阪急コミュニケーションズ通信販売ウェブサイト
http://www.hankyubooks.com/t_kageki/lecinq/index.html
Amazon.co.jp: Le Cinq (ル・サンク) 2013年 09月号 [雑誌]: 本
http://www.amazon.co.jp/dp/B00DS9HT7C


次見に行くまでに台本読んで予習しよう(^^;;
太字になっている部分が歌でいいのかな。普通のセリフ→節つきセリフ→普通のセリフの個所がしばしばあって、難しそうでした。

宝塚「ルパン -ARSENE LUPIN-」DVD発売予定
宝塚「ルパン -ARSENE LUPIN-」の主題歌販売開始
宝塚「ルパン -ARSENE LUPIN-」開幕
宝塚で「ルパン -ARSENE LUPIN-」上演予定

« 宝塚「ルパン -ARSENE LUPIN-」DVD発売予定 | トップページ | 劇団スタジオライフ・音楽劇「アルセーヌ・ルパン カリオストロ伯爵夫人」感想 »

アルセーヌ・ルパン」カテゴリの記事

コメント

>太字になっている部分が歌でいいのかな。
どうもそのようです。ちなみに「」で囲まれているのが台詞や唄です。「」のないのは所作をあらわしています(所謂、ト書き です)


>普通のセリフ→節つきセリフ→普通のセリフの個所がしばしばあって、難しそうでした。

はて?そういうところは殆どないと思いますし、(多分)実際に観劇されるときには気にならないと思います。又掛け合いのようにして唄がすすむところもありますが、それほど気にならないと思います。
只、一般に矢張り「歌劇」ですから唄の部分が多くなりますし、台詞の途中から唄になってと云うのはあります。

元々宝塚歌劇は国民劇を目指していたので、親しみやすく、昔の公演では幕間に歌唱指導の生徒さんが出てきて、主題歌の歌唱指導をした事もあったそうです。

東京宝塚劇場で観劇されるのであって、小川副支配人がいらしたら、話しかけて見られるのも良いかも知れません。気さくに応じてもらえるかも知れません。(元生徒で「甲にしき」さんと仰いました)

実はすでに観劇してきました。
筋としては難しくないのですが、なぜか今一つ理解できなかったので、「ル・サンク」予習してリベンジしようかと思ってます。

え、ムラ(宝塚大劇場などを指す)迄お出掛けだったのですか?
それはそれは。
関東居住の人ではぢめての観劇がムラとは、ある意味贅沢です。こちらは1995年に一度、訪れただけです。--羨ましい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/57927921

この記事へのトラックバック一覧です: 「ル・サンク」vol.149 「ルパン -ARSENE LUPIN-」発売:

« 宝塚「ルパン -ARSENE LUPIN-」DVD発売予定 | トップページ | 劇団スタジオライフ・音楽劇「アルセーヌ・ルパン カリオストロ伯爵夫人」感想 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ