« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013/08/27

AVENTuRiER EXHIBITION 森田崇 アバンチュリエ展が開催中

雑誌「月刊ヒーローズ」で連載中の「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」の展示会が開催中です。2013年9月23日まで。途中9月10日より展示替え予定あり。

AVENTuRiER EXHIBITION 森田崇 アバンチュリエ展[GoFa]
http://www.gofa.co.jp/art/130824_morita/index.shtml

会期:2013年8月24日(土)~9月23日(月・祝)
   ※9月9日(月)は展示替えの為、休廊致します。
営業時間:12:00~18:00
会場:GoFa

アクセスマップ [GoFa]
http://www.gofa.co.jp/access.shtml

チケットに付いているストラップは3種類の中から選べるそうです。

9月15日にサイン会が予定されています。
ArtShowトピックス [GoFa]:AVENTuRiER EXHIBITION 森田崇 アバンチュリエ展サイン会 参加方法
http://www.gofa.co.jp/art/130824_morita/20130823.shtml

コミックナタリー - 森田崇「アバンチュリエ」展、限定グッズやサイン会も
http://natalie.mu/comic/news/97987


会場の様子が紹介されています。

AVENTuRiER EXHIBITION 森田崇 アバンチュリエ展 森田崇先生サイン会情報
AVENTuRiER EXHIBITION 森田崇 アバンチュリエ展の販売グッズ
AVENTuRiER EXHIBITION 森田崇 アバンチュリエ展が開催予定
森田崇「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」の展示会が開催予定
森田崇「アバンチュリエ」情報


□2013/08/29
アバンチュリエ:表参道で原画展 描き下ろしイラストなど80点を展示 - MANTANWEB(まんたんウェブ)
http://mantan-web.jp/2013/08/29/20130829dog00m200058000c.html


□2013/09/02
怪盗ルパン表参道に降臨!ギャラリーGofaにて 『AVENTuRiER EXHIBITION 森田崇 アバンチュリエ展』開催中: 漫画家 森田崇BLOG★フラットランド
http://tak-morita.air-nifty.com/flat_land/2013/09/gofa-aventurier.html


□2013/09/03
会場への入り口が分かりにくいらしいので、紹介しておきます。
一階カフェの裏手にあるアバンチュリエ展ポスターのある扉が会場への階段につながっているそうです。


□2013/09/12
9月15日のサイン会当日に、森田崇先生によるトークショーが行われるそうです。サイン会に参加しなくても入場券のみで参加できるようです。

宝塚「ルパン -ARSENE LUPIN-」の音楽配信開始

2013年8月30日からの東京公演を控えた宝塚「ルパン -ARSENE LUPIN-」の音楽配信が始まりました。

宝塚歌劇 音楽配信サービス|TCAミュージック:月組 大劇場「ルパン -ARSENE LUPIN-」(試聴あり)
http://www.tca-pictures.net/music/cgi-bin/detail.cgi?goods_code=TZL-042

iTunes - ミュージック - 宝塚歌劇団・龍 真咲、愛希れいか、北翔海莉「月組 大劇場「ルパン -ARSENE LUPIN-」」(試聴あり)
https://itunes.apple.com/jp/album/yue-zu-da-ju-chang-rupan-arsene/id685790906
月組 大劇場「ルパン -ARSENE LUPIN-」/宝塚歌劇団 月組|音楽ダウンロード・音楽配信サイト mora ~“WALKMAN”公式ミュージックストア~(試聴あり)
http://mora.jp/package/43000056/TZL-042/


「ル・サンク」vol.149 「ルパン -ARSENE LUPIN-」発売
宝塚「ルパン -ARSENE LUPIN-」DVD発売予定
宝塚「ルパン -ARSENE LUPIN-」の主題歌販売開始
宝塚「ルパン -ARSENE LUPIN-」開幕
宝塚で「ルパン -ARSENE LUPIN-」上演予定


□2013/09/29
「着うた」「着うたフル」の配信が始まりました。

宝塚歌劇 音楽配信サービス|TCAミュージック:月組 大劇場「ルパン -ARSENE LUPIN-」(試聴あり)
http://www.tca-pictures.net/music/cgi-bin/detail.cgi?goods_code=TZL-042

宝塚歌劇 新着情報/その他:TCA MUSIC!・U-TAKARAZUKA9月配信のお知らせ
http://kageki.hankyu.co.jp/news/detail/128c778c43e68ae94aed7735016abe87.html

■U-TAKARAZUKA配信ラインアップ
 皆さまにご好評いただいております「着うた(R)」「着うたフル(R)」のポータルサイト、U-TAKARAZUKA。今月は9月26日に20曲の配信を追加します。

【NOW HOT!】
 今月は月組宝塚大劇場公演『ルパン -ARSENE LUPIN-』や宙組全国ツアー公演『うたかたの恋』。そして同じく宙組宝塚バウホール公演『the WILD Meets the WILD』の楽曲が登場!ご期待ください!

♪プロローグ(ルパン -ARSENE LUPIN-)(龍 真咲)
♪ルパンの憂い (龍 真咲)
♪アルセーヌ・ルパン -愛のテーマ- (龍 真咲、愛希れいか、北翔海莉)

【モバイルタカラヅカユーザー限定 先行配信曲】
 モバイルタカラヅカ(有料サイト)をご利用の方に向けての先行配信!選りすぐりの楽曲をお楽しみください。
 
♪ルパンの葛藤 (龍 真咲)

「着うた」「着うたフル」|宝塚歌劇 音楽配信サービス|TCA MUSIC!
http://www.tca-pictures.net/music/uta/

2013/08/24

AVENTuRiER EXHIBITION 森田崇 アバンチュリエ展の販売グッズ

GoFaで開催中のAVENTuRiER EXHIBITION 森田崇 アバンチュリエ展で販売されるグッズが、ツイッターで紹介されていたのでまとめてみました。アバンチュリエ展の開催期間は2013年8月24日~9月23日です。

AVENTuRiER EXHIBITION 森田崇 アバンチュリエ展[GoFa]
http://www.gofa.co.jp/art/130824_morita/index.shtml


トゥゲッターでまとめられています。
8月24日スタート「森田崇 アバンチュリエ展」(渋谷)グッズ・イベント紹介 - Togetter
http://togetter.com/li/553224

AVENTuRiER EXHIBITION 森田崇 アバンチュリエ展が開催予定
森田崇「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」の展示会が開催予定
森田崇「アバンチュリエ」情報

AVENTuRiER EXHIBITION 森田崇 アバンチュリエ展 森田崇先生サイン会情報

本日から開催の「AVENTuRiER EXHIBITION 森田崇 アバンチュリエ展」で、森田崇先生サイン会が予定されているようです。

ArtShowトピックス [GoFa]:AVENTuRiER EXHIBITION 森田崇 アバンチュリエ展サイン会 参加方法
http://www.gofa.co.jp/art/130824_morita/20130823.shtml

サイン会開催日時:9月15日(日) 14:00~
ご参加頂ける人数:「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」第1巻+GoFa限定描き下ろしイラスト入りサインシートご購入者様100名様
  ※一般のお客様枠90名、GoFa会員10名、計100名様となります。
  ※サイン会当日の入場チケット代を別途頂戴致します。
  ※コミックスは会場でお買い求め頂いた物に限ります

AVENTuRiER EXHIBITION 森田崇 アバンチュリエ展[GoFa]
http://www.gofa.co.jp/art/130824_morita/index.shtml


AVENTuRiER EXHIBITION 森田崇 アバンチュリエ展が開催予定
森田崇「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」の展示会が開催予定
森田崇「アバンチュリエ」情報


□2013/09/02
サイン会で台紙となる色紙が公開されています。


□2013/09/12
9月15日のサイン会当日に、森田崇先生によるトークショーが行われるそうです。サイン会に参加しなくても入場券のみで参加できるようです。


□2013/09/14
サイン会&トークショーは明日、14:00から開始予定です。

9月15日(日)、森田崇先生のサイン会が行われます!:月刊『ヒーローズ』編集部ブログ 「神保町の一番星」:ヒーローズ編集部チャンネル(ヒーローズ編集部) - ニコニコチャンネル:エンタメ
http://ch.nicovideo.jp/heros-hensyu/blomaga/ar342930

2013/08/21

「宝塚GRAPH」2013年9月号発売

宝塚大劇場で上演された「ルパン -ARSENE LUPIN-」「Fantastic Energy!」のステージ写真が掲載されています。「ルパン -ARSENE LUPIN-」の部分はオールカラーで8ページ。

宝塚GRAPH 2013年9月号|宝塚歌劇|阪急コミュニケーションズ通信販売ウェブサイト
http://www.hankyubooks.com/t_kageki/graph/graph2_1309.html


「ルパン -ARSENE LUPIN-」の東京公演は2013年8月30日から。

「ル・サンク」vol.149 「ルパン -ARSENE LUPIN-」発売
宝塚「ルパン -ARSENE LUPIN-」DVD発売予定
宝塚「ルパン -ARSENE LUPIN-」の主題歌販売開始
宝塚「ルパン -ARSENE LUPIN-」開幕
宝塚で「ルパン -ARSENE LUPIN-」上演予定

2013/08/19

宝塚「ルパン -ARSENE LUPIN-」感想

2013年7月12日~8月12日、宝塚大劇場。
月組公演 ミュージカル『ルパン-ARSENE LUPIN-』 グランドレビュー『Fantastic Energy!』| 宝塚歌劇公式HP
http://kageki.hankyu.co.jp/revue/correlation/j334.html



原作は「ルパン最後の恋(22)」。アルセーヌ・ルパンは、正体を隠して令嬢カーラ・ド・レルヌの後見人“四銃士”の一人アルベール・ド・サヴリーとして生きている。

黒マント!! 裏地の赤が映えてかっこいい。舞台写真見た段階で、少女漫画みたい!と思ってたのだけど、動く姿はまたよかった。軍服もかっこいい。カーラのドレス、素敵だった。

2階席だったので、舞台の奥まではっきり見えて、群舞の全体が楽しめたし、せり上がってくる大道具や、ぐるぐるまわる盆などの仕掛けなども面白かった。

ガニマール&フラヴィのコメディリリーフ、ガニマールはひときわ漫画チックだったけど、フラヴィにがっちり押さえこまれてた(笑) 姐さん、かっこいい。ドゥーブル・チュルク、風呂入れ!(笑) オックスフォード公……カーラが結婚から逃げるわけだ(笑)

ジョゼファンとマリ・テレーズの実子疑惑がなかったのは残念。マリ・テレーズの声帯模写、むっちゃうめえ(笑) ※ココリコ=フランス語の「コケコッコー」


で、肝心の内容は、よくわからなかった(^^;;

照明控えめで、みんな落ち着いた色調の服で、誰が誰(役)?状態。四銃士とかオックスフォード公の側近とか。オペラグラスを借りたはいいものの、使い方を忘れてしまって、ピント合わせに手間取ったのも痛かった。

モーリス・ルブランも役として登場し、ほぼ出ずっぱりなのだけど、ほかの人といる時空間がちがうらしい。アルベールとカーラが二人くっついて盆を回ってる反対側でルブランも回ってる。これは何? 私、いったい何見てるの??状態だった(笑) ルブランが、ルパンの本名がラウールってとこに驚いてて、えっ!?(゚∇゚ ;)ってなったし。作者じゃなくて、作中の「わたし」=モーリス・ルブランで、まだルパンに教えてもらってないってことなんだね。現在進行形のルパンの芝居の合間に、事件が終わってすべてを把握しているルパンとルブランの会話シーンが挟まるのだけど、後追いの視点が挿入されるの苦手だし、ルパンがなかなか話そうとしないので、事件がどこまで進行しているのか分からなくなってしまった。

肝心のルパンの想いというか苦悩も伝わりづらく…。この点ジョニー・デップが演じるデリンジャーの映画を見たときと同じ感覚だった。端正な顔が見られるのもいいけれども、崩れてもいいというか、好きなんだったらあがいてほしいというか。もっと軽妙さも欲しかったな。「うんっ」は可愛かった。

原作のラスボスとの互いに認めてるんだか認めてないんだかっていう対話が好きだったけれど、集中が途切れてしまった。筋を追いかけられていないのに、そこだけ聞いてもな、と思ってしまったし。原作とは人物の立ち位置が変わらないので、筋を追えてなくてもよかったんだけどね。最後の告白のあと、アルベールがきょろきょろしたの、いらない気がする(^^;;


いろいろ書いてしまったけど、作品としてはまとまっているし、原作からの引用セリフも多いので、「ル・サンク」を読んで予習してからリベンジしたいです(台本が載ってる)。
「ル・サンク」には写真も載ってるから演者さんも予習できるだろうって? 無理(^^;; お着替えいっぱいするし、四銃士初登場は舞踏会で正装だからみんな黒なんだもん! (おもえば「カリオストロ伯爵夫人」は着た切り雀でラウールは目立つ白という初心者に優しい親切設計であった(^^;;)

今回、アルセーヌ・ルパンの最初の冒険である「カリオストロ伯爵夫人」(スタジオライフ)と、最後の冒険である「ルパン」(原作は「ルパン、最後の恋」)との連続観劇となった。雰囲気の違う芝居だけど、共通点も。
  セリフの量ハンパない。
  女性からキッスされてる!(/▽\) 色男はいやーね。
とか。


さて「ルパン」はレビュー「Fantastic Energy!」の二本立て。レビュー楽しかった! 娘役トップさんのダンス恰好よかった。幕間には限定特別メニュー「ルパンの宝石ジュレ」を食す(笑) オレンジベースでさわやかな味だった。


パンフレットには英語での内容案内が1ページある。
もともと、アンドレ・ド・サヴリーがアルベール・ド・サヴリーになっていたり、変更されているのだけれど、綴りが違う名前がある。「Ernemount」だとエルヌムンになるなあ…。ヘアフォールはわざと変えてあるんだろうと思う。
「phantom thief」は「怪盗」を英訳したもの。アルセーヌ・ルパンの冠は「Gentleman-cambrioleur(紳士強盗)」なので英語だと「gentleman-burglar」あるいは「gentleman-thief」が妥当なんだけどな。


「ル・サンク」vol.149 「ルパン -ARSENE LUPIN-」発売
宝塚「ルパン -ARSENE LUPIN-」DVD発売予定
宝塚「ルパン -ARSENE LUPIN-」の主題歌販売開始
宝塚「ルパン -ARSENE LUPIN-」開幕
宝塚で「ルパン -ARSENE LUPIN-」上演予定

2013/08/18

モーリス・ルブラン「リュパン、最後の恋」創元推理文庫入手のこと

高野優 監訳/池畑奈央子 訳、2013年
リュパン、最後の恋 - モーリス・ルブラン/高野優 監訳/池畑奈央子 訳|東京創元社
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488107239

□内容
・序 フロランス・ルブラン(坂田雪子訳)
・モーリス・ルブラン、最後の小説 ジャック・ドゥルアール(坂田雪子訳)
・リュパン、最後の恋…(22)
・アルセーヌ・リュパンとは何者か?(坂田雪子訳)…エッセイ

「最後の恋」のほかに、ルブランの遺族と研究者の小文、エッセイがあるのは、2012年にフランスで出版された原著と同じ構成。ルブランの遺族と研究者の小文が読めるのは創元推理文庫版のみ。

「監訳者あとがき」で断ってあるけれど、翻訳はかなり“盛って”いる。労作だとは思うけど、せっかくの「リュパン」なのだから、引用できる翻訳にしてほしかった。


□序(フロランス・ルブラン)
フロランスさんはモーリス・ルブランの孫(長男クロードの娘にあたる)。「最後の恋」の遺稿を発見した状況と読者へのメッセージが書かれている。フロランスさんの文章を不完全な自動翻訳でなく、自然な日本語で読めるのがうれしい。


□モーリス・ルブラン、最後の小説(ジャック・ドゥルアール)
ドゥルアール氏は、ルブランの伝記や、アルセーヌ・ルパンの関連事項を集めた事典などを執筆なさっている人(邦訳なし)。「最後の恋」の原稿は、モーリスの息子クロードが生きているときに、ドゥルアール氏が閲覧していて、その後行方が分からなくなって、2011年に再発見となった。 だから、アルセーヌ・ルパン事典の中に「最後の恋」の項目もあったりする(ちなみに、事典の内容はけっこうマニアックで日本人にはさっぱり(^^;;)。

この小文では、「最後の恋」成立の事情や、ルブランが晩年まで精力的に執筆していた様子が知ることができて興味深い。これまで何度も〈最後の冒険〉について書かれてきたというのはその通りで、本作がホントに最後の冒険になってしまったのは残念だったけど、アルセーヌ・リュパンという人物がたどった変化、それを知ることができたのが本当に良かったと思う。


□アルセーヌ・リュパンとは何者か?(モーリス・ルブランのエッセイ)
既訳あり。訳が違うと印象が違う個所もあるので読み比べてみたい。(原文には小見出しがないので、その点では創元版のほうが忠実)


□監訳者あとがき
監訳者が「最後の恋」に感じた「無駄な場面やエピソードはひとつもない」作品の最たるものは「奇岩城(4)」だと思う。なのに、あまり理解されてない(嘆息)。「最後の恋」はまだ理解するに至っていないけれど、再読したら、最初は気付かなかった道標が立てられていることに気付いた。
一点。イギリス人とイギリス諜報部は別ではないかと。また会おうといったのは、敵対するイギリス人は嫌いでも、考古学好きのイギリス人は嫌いではないからだと思う。


「リュパン、最後の恋」は実に四半世紀ぶりに創元推理文庫に収録されたモーリス・ルブラン作品となる。アルセーヌ・リュパン・シリーズに限れば40年ぶり。既刊案内に載っているのは「怪盗紳士リュパン」「リュパン対ホームズ」「リュパンの冒険」「水晶の栓」「カリオストロ伯爵夫人」「カリオストロの復讐」の6冊。もっと出てるのに再販しないのだろうか。新潮文庫に「ええとこどり」された短編集なども文庫化けしてほしいのだけど。


モーリス・ルブラン「ルパン、最後の恋」感想
「アルセーヌ・ルパンとは何者か」感想(その1)
「アルセーヌ・ルパンとは何者か」感想(その2)

創元推理文庫:アルセーヌ・リュパン・シリーズ他
「アルセーヌ・ルパン」邦訳一覧

ポプラ社「ルパン 最後の恋」

ルパン 最後の恋 :モーリス・ルブラン,那須 正幹 | ポプラ社(2012年)
http://www.poplar.co.jp/shop/shosai.php?shosekicode=49001680

□付録
・ルパンとは何者?/モーリス・ルブラン(加藤真理子・高橋美江/訳)
・解説/住田忠久


表紙は南洋一郎の文章で出版されていた「怪盗ルパン全集」からのパッチワークです。どの作品の表紙からなのかは、中で種明かしされています。でも、懐かしの装丁を模しているのに旧版の「怪盗ルパン全集」とは判型が違うのですよね。現行の「新訂 シリーズ怪盗ルパン」とも異なります。

「ルパン最後の恋(22)」の那須正幹氏によるリライト版。ちゃんと原作を読んだうえでの改作のようだけれど、ちょっと中途半端な感じがする。会話部分が多くて脱落しかけた。設定などは刈り込んでいるものの、独自色みたいなものを感じない。子ども向けにしては若干恋愛色は強めかも。

設定の一部に変更あり。オックスフォード公が王の親類ではなく王子となっているなど。私が気になったのは、レルヌ大公の自殺があるイギリス人が原因となっていることと、ルパンがヒロインにアルセーヌと呼ばせること。作中で起きた自殺だけど、事件性はないと思うんだよね。それと連動してか、遺書がルパンを頼れとなっているのも…(原作は自分で人生切り開け)。後者は表の女性に裏の名前を呼ばせるのは、ちょっと…。もっとも、その辺の苦悩がカットされてるのだけど。


「ルパンとは何者?」は若干の省略と子ども向けのアレンジあり。
住田氏の解説は、「最後の恋」出版の経緯について詳しく、「アルセーヌ・ルパンの大財産」(「ルパン最後の事件(21)」)の表紙など貴重な図版あり。

なお、本作品の執筆にあたっては、翻訳者の協力があったようです。
翻訳・通訳者が発信する日記 : 『ルパン 最後の恋』 ポプラ社
http://blog.livedoor.jp/may_and_rosehiptea/archives/51459501.html


ポプラ社からモーリス・ルブラン「ルパン最後の恋」発売予定
ポプラ社「怪盗ルパン全集」

2013/08/17

AVENTuRiER EXHIBITION 森田崇 アバンチュリエ展が開催予定

雑誌「月刊ヒーローズ」で連載中の「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」の展示会が開催されます。正式タイトルが決まり、準備が進んでいるようです。

AVENTuRiER EXHIBITION 森田崇 アバンチュリエ展[GoFa]
http://www.gofa.co.jp/art/130824_morita/index.shtml

会期:2013年8月24日(土)~9月23日(月・祝)
会場:GoFa(渋谷)
アクセスマップ [GoFa]
http://www.gofa.co.jp/access.shtml
 営業時間は12:00~18:00です。

■展示内容
『怪盗ルパン伝 アバンチュリエ』カラー、モノクロ原稿
『アバンチュリエ 新訳アルセーヌ・ルパン』カラー、モノクロ原稿
森田崇先生描き下ろしイラスト(予定)

グッズ販売や、ポスタープレゼントを賭けたじゃんけん大会なども予定されているようです。


GoFa(ゴーファ) アニメ,漫画,ゲーム,SF,ギャラリー,展示会
http://www.gofa.co.jp/

森田崇「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」の展示会が開催予定
森田崇「アバンチュリエ」情報


□2013/08/24
本日からスタートです。展覧会チケットは、コーヒーチケットとプレゼント付きになっています。プレゼントとして用意されている、会場限定ストラップは3種類の中から選べるそうです。

会場の様子です。

9月15日にサイン会が予定されています。
ArtShowトピックス [GoFa]:AVENTuRiER EXHIBITION 森田崇 アバンチュリエ展サイン会 参加方法
http://www.gofa.co.jp/art/130824_morita/20130823.shtml

『森田崇 アバンチュリエ展』が開催されます!:月刊『ヒーローズ』編集部ブログ 「神保町の一番星」:ヒーローズ編集部チャンネル(ヒーローズ編集部) - ニコニコチャンネル:エンタメ
http://ch.nicovideo.jp/heros-hensyu/blomaga/ar323385

AVENTuRiER EXHIBITION 森田崇 アバンチュリエ展 森田崇先生サイン会情報
AVENTuRiER EXHIBITION 森田崇 アバンチュリエ展の販売グッズ

2013/08/06

劇団スタジオライフ・音楽劇「アルセーヌ・ルパン カリオストロ伯爵夫人」感想

2013年7月4日~21日、シアターサンモール。
スタジオライフ公演・音楽劇『アルセーヌ・ルパン カリオストロ伯爵夫人』
http://www.studio-life.com/stage/cagliostro2013/


原作は「カリオストロ伯爵夫人(13)」。アルセーヌ・ルパンがラウール・ダンドレジーと名乗っていた二十歳の頃のお話。
トリプルキャストのうち、私が見たのはToiチーム。
18時開演の回で、案内されていた時間は以下の通り。
一幕…18:00~19:15(1時間15分)
二幕…19:25~20:50(1時間25分)
一幕は、ブリジット・ルースランの家に行って、彼女を襲わせた人物と対決するまで。二幕は、ボーマニャンの屋敷に行くところから。


芝居は原作準拠。一幕はちょっと長さを感じたけれど、二幕はずいずい引き込まれた。冒頭、テティーグの屋敷にラウールが入り込んでいるところから始まる。もしかして原作通りにやるの?と思っているうちに、「許すことなんて何もないわ」(うろ覚え)というクラリスのセリフにじわっと来てしまった。直後に繰り返されるのもよかった。最後にもう一回あればよかったと思うんだけど、ひょっとしたらあったのかな。

なのに、ラウールときたら!!!
ジョゼフィーヌにころっとすっころんでとんでもないことをのたまう。昨夜(今朝)のことはどうした! 悪魔だ、白い小悪魔だ(衣装が白、というだけではなく(^^;;)。邪気と無邪気が同居するというか、邪気たっぷりなんだけど無邪気というか、無邪気な邪気というか。原作ルパンは大人になってもそんな感じさ。

この劇は音楽劇となっている。音楽が流れるなかシーンが始まって、合間合間に歌が入る。歌でのセリフのかけあいはあまりないけど、掛け合ってる場面はまあまあかなあ。コーラスでうまいと思った方は客演らしい。案内役のムッシュ・エルの歌声はすばらしかった。歌やムッシュ・エルの解説は、最初は芝居が細切れになると思っていたのだけれど、なんというかケセラセラに(ブリジット・ルースラン嬢に?)圧倒された(笑) むしろもっとはじけててもいい。いいじゃないかケセラセラで。狭い劇場の中、生演奏とともに響くムッシュ・エルの歌声、という体験はなかなかできない。見に行って良かった。サウンドトラックCDもすばらしいけど、ムッシュ・エルの歌もCDで欲しいな。


ラウール。溌剌として少年の殻を絶賛脱皮中っていう感じが出ててよかった。といっても少年色の色濃い感じかな。時折、溌剌を通り越してあほの領域まで行ってた気が(笑)
あほついでに、
  「ぼくはタブーだ!」(誰もぼくには触れまい!)
  「ゴンッ」  ←思い切り殴られてるし(ノ∀`)
  「ちくしょう! タブーじゃなかったんだな。」
っていうくだりを再現してほしかった(笑) 「ゴンッ」だけで十分満足ですけどw

ジョゼフィーヌ。最後のあたり、“「カリオストロ伯爵夫人」という虚像”を感じてしまった。それに苦しめられるけれども、そこでしか生きられない。この劇団は俳優がすべて男性で、ジョゼフィーヌもクラリスも男優が演じているのだけれど、違和感はなかった。重心が低くて芯の強さを感じたのもよかった。

クラリス。ちょっとぎこちない感じがしたけど、初々しいととっておこう。遠目に見てるとお人形さんみたいで可愛かった。

ボーマニャン。ジョゼフィーヌの名前に動揺するところで、ボーマニャン、把握!って感じだった(笑) ラウールと仲良く(違っ)縄で縛られてたり、二幕にはいってぐっと存在感が出てました。

ところで、ボーマニャンと○○は親子だとしか思えない。(この件、「怪盗ルパンの館」サイトで指摘されるまで気づいてなかった(^^;;)
ボーマニャンは「七本枝の燭台」の秘密を探っているうちに、ある人物の弱みを握り、手下として使うようになった。そして、付き合っていた女性との間に生まれた子供を育てさせた。ということになるのかな? と考えてみたのだけど、原作確認したらどうも違う印象。また考えてみなくては。ちなみに、原作ボーマニャンはイエズス会のぼーさん(過去)なので、女性と関係を持つことはご法度。舞台ではイエズス会設定があるかどうか未確認。

ムッシュ・エル。どっちなんだろう?と思ってみてて、忘れたころにあの演出で、おお、そっちか!だった。


細かいところを言うなら、ラウールが「母の名に懸けて」誓う意味を明確にして欲しかった。「父の名」ではだめなのだ。
クラリスとジョゼフィーヌの髪の色が逆になっている。ドレスと似合っていたけどね。

劇団スタジオライフ・音楽劇「アルセーヌ・ルパン カリオストロ伯爵夫人」オリジナルサウンドトラックが発売中
劇団スタジオライフ・音楽劇「アルセーヌ・ルパン カリオストロ伯爵夫人」DVD発売予定
劇団スタジオライフで音楽劇「アルセーヌ・ルパン カリオストロ伯爵夫人」上演予定

2013/08/04

「ル・サンク」vol.149 「ルパン -ARSENE LUPIN-」発売

宝塚で上演中の「ルパン -ARSENE LUPIN-」「Fantastic Energy!」の公演写真集が発売されました。写真はオールカラー。
「ルパン -ARSENE LUPIN-」は台本も載っています。

ル・サンク vol.149|宝塚歌劇|阪急コミュニケーションズ通信販売ウェブサイト
http://www.hankyubooks.com/t_kageki/lecinq/index.html
Amazon.co.jp: Le Cinq (ル・サンク) 2013年 09月号 [雑誌]: 本
http://www.amazon.co.jp/dp/B00DS9HT7C


次見に行くまでに台本読んで予習しよう(^^;;
太字になっている部分が歌でいいのかな。普通のセリフ→節つきセリフ→普通のセリフの個所がしばしばあって、難しそうでした。

宝塚「ルパン -ARSENE LUPIN-」DVD発売予定
宝塚「ルパン -ARSENE LUPIN-」の主題歌販売開始
宝塚「ルパン -ARSENE LUPIN-」開幕
宝塚で「ルパン -ARSENE LUPIN-」上演予定

2013/08/03

宝塚「ルパン -ARSENE LUPIN-」DVD発売予定

宝塚で上演中の「ルパン -ARSENE LUPIN-」のDVDが発売されるようです。2013年10月4日発売予定。

特集ページ。
月組『ルパン -ARSENE LUPIN-』『Fantastic Energy!』|宝塚歌劇 DVD・ビデオ・CD専門ショップ|TCAショップ
http://www.tca-pictures.net/shop/press/130802_lupin.html

『ルパン-ARSENE LUPIN-』『Fantastic Energy!』 | 宝塚歌劇 DVD・CDのショッピングサイト|TCAオンライン・ショップ
http://shop.tca-pictures.net/tcaonlineshop/goods/index.html?ggcd=TCAD-410

DVD/TCAD-410/月組/宝塚大劇場
収録日:2013年7月26日/収録時間:約160分(予定)
発売元:株式会社宝塚クリエイティブアーツ

□特典映像□
○別アングル映像(一部シーン)
○稽古風景

「ルパン -ARSENE LUPIN-」のDVDと、公演写真集「ル・サンク」の同時購入キャンペーン。
Dreamセット|宝塚歌劇|阪急コミュニケーションズ通信販売ウェブサイト
http://www.hankyubooks.com/t_kageki/cmp_dreamset/index.html

宝塚歌劇 新着情報/グッズ:新譜DVD&CDのご案内 2013年9月27日、10月4日、10月31日発売分
http://kageki.hankyu.co.jp/news/detail/f084f0a3314b34ec08c788792c97f684.html
宝塚歌劇DVD,CD,VIDEO:ルパン - ARSENE LUPIN -/Fantastic Energy! 月組(DVD) 【予約商品】
http://www.takarazuka-video.com/shop/goods/goods.aspx?goods=TCAD-410


宝塚「ルパン -ARSENE LUPIN-」の主題歌販売開始
宝塚「ルパン -ARSENE LUPIN-」開幕
宝塚で「ルパン -ARSENE LUPIN-」上演予定


□2013/09/29
ショーの「Fantastic Energy!」のライブCDが発売されました。

『Fantastic Energy!』 | 宝塚歌劇 DVD・CDのショッピングサイト|TCAオンライン・ショップ
http://shop.tca-pictures.net/tcaonlineshop/goods/index.html?ggcd=TCAC-483
Amazon.co.jp: 月組宝塚大劇場公演ライブCD Fantastic Energy!: 音楽(試聴あり)
http://www.amazon.co.jp/dp/B00E7FSNHG
『Fantastic Energy!』 月組宝塚大劇場公演ライブCD | HMV ONLINE - TCAC-483(試聴あり)
http://www.hmv.co.jp/artist_%E5%AE%9D%E5%A1%9A%E6%AD%8C%E5%8A%87%E5%9B%A3_000000000287565/item_%E3%80%8EFantastic-Energy-%E3%80%8F-%E6%9C%88%E7%B5%84%E5%AE%9D%E5%A1%9A%E5%A4%A7%E5%8A%87%E5%A0%B4%E5%85%AC%E6%BC%94%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96CD_5503709


□2013/10/09
紹介動画がアップされています。
月組『ルパン -ARSENE LUPIN-』『Fantastic Energy!』|宝塚歌劇 DVD・ビデオ・CD専門ショップ|TCAショップ
http://www.tca-pictures.net/shop/press/130802_lupin

宝塚「ルパン -ARSENE LUPIN-」の主題歌販売開始

宝塚のキャトレ・ルーヴでは、「カスタマイズCD」の楽曲として「ルパン -ARSENE LUPIN-」の主題歌が販売開始になりました。日比谷店では、2013年8月30日販売開始予定です。

宝塚歌劇 新着情報/グッズ:「カスタマイズCD」月組公演主題歌販売のお知らせ
http://kageki.hankyu.co.jp/news/detail/0bc8a9c8c2fdb7c33ab4c8b77c711bd6.html

キャトルレーヴ 宝塚店にてご提供中のサービス「カスタマイズCD」では8月2日より月組公演主題歌3曲を販売いたします。

月組宝塚大劇場公演『ルパン -ARSENE LUPIN-』『Fantastic Energy!』より
 ♪アルセーヌ・ルパン―愛のテーマ―(龍真咲・愛希れいか)
 ♪ルパンの葛藤(龍真咲)
 ♪Fantastic Energy!(龍真咲・愛希れいか・北翔海莉・凪七瑠海・美弥るりか ほか)

宝塚店おすすめ情報 キャトルレーヴ オフィシャルサイト:月組公演『ルパン-ARSENE LUPIN-/Fantastic Energy!』最新情報♪
http://tca-pictures.com/quatre/recommend/208

公演主題歌は端末操作不要です。
レジにてすぐにお求め頂けますのでお気軽にスタッフにお申し付け下さい♪

「カスタマイズCD」サービスのご案内|TCAピクチャーズ
http://www.tca-pictures.net/music/customcd/


宝塚「ルパン -ARSENE LUPIN-」開幕
宝塚で「ルパン -ARSENE LUPIN-」上演予定


□2013/12/21
公演主題歌3曲ともカスタマイズCD「2013 THEME SONGS ALBUM Ⅱ」に収録されるようです。2014年1月1日発売開始予定。
2013 THEME SONGS ALBUM|TCAピクチャーズ
http://www.tca-pictures.net/music/customcd/themesongs2013/

2013/08/02

モーリス・ルブラン「リュパン、最後の恋」創元推理文庫が発売

創元推理文庫からモーリス・ルブラン「リュパン、最後の恋」が発売されました。

リュパン、最後の恋 - モーリス・ルブラン/高野優 監訳/池畑奈央子 訳|東京創元社
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488107239


遺族の序文と、ルブランの研究書を複数執筆されているジャック・ドゥルアール氏の文章、ルブラン自信による「アルセーヌ・リュパンとは何者か?」が併録されています。原書と同じ構成です。

早川書房(ハヤカワ文庫ほか)に続く、二つめの翻訳です。このほか、ポプラ社から那須正幹氏によって脚色された「ルパン最後の恋」が出ています。


『リュパン、最後の恋』モーリス・ルブラン/高野 優 監訳・池畑奈央子 訳[2013年7月]|今月の本の話題|Webミステリーズ!
http://www.webmysteries.jp/topic/1307-03.html

創元推理文庫からモーリス・ルブラン「怪盗リュパン、最後の恋」発売予定
モーリス・ルブラン「ルパン、最後の恋」ハヤカワ文庫入手のこと

雑誌「月刊ヒーローズ」で「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」ユダヤのランプ編開始

雑誌「月刊ヒーローズ」の2013年9月号が発売されました。
ユダヤのランプ編開始です。ハーロック・ショームズが登場しますよ。

最新号|月刊 ヒーローズHEROS/未来形コミック 毎月1日発売
http://www.heros-web.com/nextnumber/


小学館クリエイティブから「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」第1巻が8月5日発売予定です。
森田崇「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」第1巻が2013年8月5日発売予定

2013年8月10日に横浜でサイン会が予定されています。
「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」単行本発売記念 森田崇先生サイン会情報

2013年8月24日~9月23日の間、渋谷で展示会が予定されています。
森田崇「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」の展示会が開催予定


森田崇「アバンチュリエ」情報


□2013/08/08
森田氏による告知情報などがまとめられています。
漫画家・森田崇(怪盗ルパン伝~アバンチュリエ作者)が最近考えたこと - Togetter
http://togetter.com/li/543693

2013/08/01

フランスでロールプレイングゲーム「L'aventure perdue d'Arsene Lupin」が発売

フランスで、「L'aventure perdue d'Arsene Lupin」(意味は「アルセーヌ・ルパンの失われた冒険」)という、ロールプレイングゲームが発売されたようです。

L'aventure perdue d'Arsene Lupin - SciFi-Universe [SFU](フランス語)
http://www.scifi-universe.com/encyclopedie/edition/36625-36041-l-aventure-perdue-d-arsene-lupin.htm
Arsene Lupin debarque chez les XII Singes : Un nouveau cle en main dans le catalogue de l'editeur... - Actualite Arsene Lupin - SciFi-Universe [SFU](フランス語))
http://www.scifi-universe.com/actualites/13602-arsene-lupin-debarque-chez-les-xii-singes.htm


発売元のサイト。
Les XII singes - Cle en main - L’aventure perdue d’Arsene Lupin(フランス語)
http://www.les12singes.com/sousrubrique.php3?id_rubrique=80
サンプル。(フランス語)
http://www.les12singes.com/IMG/pdf/Lupin_PJ.pdf

知らないキャラクターばかりだ。「失われた冒険」だけあって既存のキャラクターは出ないのかな。

仏アマゾン。
Sans Detour - L'Aventure Perdue d'Arsene Lupin: Amazon.fr: Jeux et Jouets(フランス語)
http://www.amazon.fr/dp/2918045551


ロールプレイングで、フォーマットが「A5」とあります。
よくわからないのですが、テーブルトーク・ロールプレイングゲーム(TRPG)というジャンルがあるようですね。
テーブルトークRPG - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AFRPG

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ