« 雑誌「増刊フラワーズ」2013年初夏号(6月号増刊) 「VSルパン」 | トップページ | 森田崇「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」第1巻が2013年8月5日発売予定 »

2013/06/06

モーリス・ルブラン「ルパン、最後の恋」ハヤカワ文庫入手のこと

平岡敦訳、2013年
ルパン、最後の恋:ハヤカワ・オンライン
http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/431205.html

□内容
・ルパン、最後の恋…(22)
・〈付録〉 アルセーヌ・ルパンの逮捕〔初出版〕(平岡敦訳)…(1-1)
・〈付録/エッセイ〉 アルセーヌ・ルパンとは何者か?(竹若理衣訳)
・〈特別付録〉 壊れた橋(平岡敦訳)…(A5)


「ルパン、最後の恋」「アルセーヌ・ルパンの逮捕〔初出版〕」「アルセーヌ・ルパンとは何者か?」の3つはハヤカワ・ポケット・ミステリからの文庫化。発売後一年たたないうちに文庫になったのは、宝塚による舞台化作品が控えている為らしい。文庫化にあたっての改訂はないようだ。

「壊れた橋」は、「バーネット探偵社」の英語版の単行本に収録された物で、フランス語の「バーネット探偵社」には収録されておらず、ルブランの原稿も見つかっていない。

同様にフランス語の単行本にはなく、英語版の「ルパンの告白」の単行本に収録された「山羊皮服を着た男(A2)」があるが、後にフランス語で発表された。だから、「壊れた橋」もフランス語の原稿が用意してあったとも考えられる。

内容は「らしい」か、というと…判断がつかない。もともと「バーネット探偵社」は、さあて、バーネットはルパンなんですかね、って感じのそらっとぼけた作品なのに、「ルパン」であることのほのめかしともとれる締めとなっている。でももとももと英語版では単行本が「アルセーヌ・ルパン、乗り出す」というタイトルだったり、最後の短編が「アルセーヌ・ルパンの逮捕」だったりと、「アルセーヌ・ルパン」シリーズであることを打ち出した出版の仕方をしているようだ。
Jim Barnett intervenes (書籍, 1928) [WorldCat.org]
http://www.worldcat.org/title/jim-barnett-intervenes/oclc/15192635&referer=brief_results
Arsene Lupin intervenes (書籍, 1929) [WorldCat.org]
http://www.worldcat.org/title/arsene-lupin-intervenes/oclc/2940003


「ルパン、最後の恋」の、ハヤカワ・ポケット・ミステリ(ポケミス)版、ハヤカワ文庫版、電子書籍(ポケミス)版は、同じタイトルであっても収録内容が違うので注意。

タイトルポケミス文庫電子書籍
ルパン、最後の恋
ルパンの逮捕〔初出版〕
ルパンとは何者か?×
壊れた橋××
訳者あとがき

ハヤカワ文庫:アルセーヌ・ルパンシリーズ
「アルセーヌ・ルパン」邦訳一覧

« 雑誌「増刊フラワーズ」2013年初夏号(6月号増刊) 「VSルパン」 | トップページ | 森田崇「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」第1巻が2013年8月5日発売予定 »

アルセーヌ・ルパン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/57534364

この記事へのトラックバック一覧です: モーリス・ルブラン「ルパン、最後の恋」ハヤカワ文庫入手のこと:

« 雑誌「増刊フラワーズ」2013年初夏号(6月号増刊) 「VSルパン」 | トップページ | 森田崇「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」第1巻が2013年8月5日発売予定 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ