« 雑誌「月刊ヒーローズ」2013年5月号 「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」第2回 | トップページ | 雑誌「増刊フラワーズ」2013年初夏号(6月号増刊) 「VSルパン」 »

2013/06/06

「花とゆめ」2013年11号 スキップ・ビート!感想

著者:仲村佳樹

「TRAGIC MARKER」(B・Jの映画)の撮影現場に紛れ込んでスタッフを手伝う謎のドピンクつなぎの大男。その姿に、まさかはローリィー社長が…と思うキョーコだったが、蓮@カインは気にするなという。蓮はおそらく自分の様子を見に来たのだろうと思い、俺はもう大丈夫だからと言い、キョーコ@セツの顔をなでる。

しかしキョーコは、今だめなのは自分だ、と自覚している。何かあったら社長は絶対見逃さないだろう。自分が封印していた箱が完全に開いてしまったことも見抜いたしまう。本命で気づかれたくないのは蓮。もう一つ願うなら毒にしかならないこの病症(「きもち」とルビ。恋のこと)が進行しませんようにと祈る。

キョーコは、カイン@蓮にアタックする愛華を見て、恋によって一日で自分を見失うほど変わってしまうのはイヤだと思う。尚に恋していたあの頃の自分には戻りたくないと、現場を離れ、箱に鍵をかけ直そうとする。そこをカインに引き止められ、機嫌を直してくれと抱きしめられる。不意打ちで「セツ」が完全に抜けてる状態だったキョーコは、赤くなって固まるが、続くカインの言葉に驚いて、顔をゆるめてしまう。

キョーコはその顔を見られたことに気づく。ローリィだ。


巻頭カラー。扉は眠る蓮と、勉強をしながら、蓮の睡眠を守るキョーコ。キョーコの表情がかわいい。


次回12号はお休みで13号から再開。
「スキップ・ビート!」感想のバックナンバーはこちらから。

« 雑誌「月刊ヒーローズ」2013年5月号 「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」第2回 | トップページ | 雑誌「増刊フラワーズ」2013年初夏号(6月号増刊) 「VSルパン」 »

スキップ・ビート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/57534339

この記事へのトラックバック一覧です: 「花とゆめ」2013年11号 スキップ・ビート!感想:

« 雑誌「月刊ヒーローズ」2013年5月号 「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」第2回 | トップページ | 雑誌「増刊フラワーズ」2013年初夏号(6月号増刊) 「VSルパン」 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ