« 雑誌「月刊ヒーローズ」2013年4月号より森田崇「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」連載開始 | トップページ | 「花とゆめ」2013年5号 スキップ・ビート!感想 »

2013/03/01

宝塚で「アルセーヌ・ルパン(仮題)」上演予定

宝塚の公式サイトで2013年の公演予定が発表されています。月組の「アルセーヌ・ルパン(仮題)」は、昨年出版されたばかりのモーリス・ルブランの新作「ルパン、最後の恋」が原作となるようです。


宝塚歌劇 新着情報/公演関連
http://kageki.hankyu.co.jp/news/detail/13755719ac00815704a0ef3613224296.html

2013/02/28
2013年 公演ラインアップ【宝塚大劇場、東京宝塚劇場】<7月~10月・月組『アルセーヌ・ルパン(仮題)』『Fantastic Energy!』>

■主演・・・(月組)龍 真咲、愛希れいか

◆宝塚大劇場:2013年7月12日(金)~8月12日(月)
一般前売:2013年6月8日(土)
◆東京宝塚劇場:2013年8月30日(金)~10月6日(日)
一般前売:2013年7月28日(日)

ミュージカル
『アルセーヌ・ルパン(仮題)』
モーリス・ルブラン作「ルパン、最後の恋(ハヤカワ・ミステリ刊/ハヤカワ文庫近刊)」より
脚本・演出/正塚晴彦

グランド・レビュー
『Fantastic Energy!』
作・演出/中村一徳


さらりと書いてありますが、「ルパン、最後の恋」は文庫化の予定があるようですね。

現在は書籍では「ハヤカワ・ポケット・ミステリ」で発売中。電子書籍でも配信されています。
ルパン、最後の恋:ハヤカワ・オンライン
http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/211863.html
Amazon.co.jp: ルパン、最後の恋 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ) eBook: Kindleストア(電子書籍)
http://www.amazon.co.jp/dp/B009GCQNJA
ルパン、最後の恋: 紀伊國屋書店BookWeb(電子書籍)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/9988440928_EBOOK.html


宝塚では2007年に宙組で「『A/L(アール)』-怪盗ルパンの青春-」が上演されました。アルセーヌ・ルパンが主役のオリジナル作品でした。
宝塚「『A/L(アール)』-怪盗ルパンの青春-」感想


□2013/03/02
龍真咲、怪盗ルパンを演じる:芸能:スポーツ報知
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20130301-OHT1T00022.htm
昨年刊行されたモーリス・ルブランの遺作「ルパン、最後の恋」を龍真咲&愛希れいか主演でミュージカル化 - 2013年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2013/03/01_03.php


□2013/04/16
正式タイトルが決まったようです。「ルパン -ARSENE LUPIN-」です。

宝塚歌劇 新着情報/公演関連:月組公演 タイトルについて
http://kageki.hankyu.co.jp/news/detail/c85030f74ec7286b23a8bb3b08f567e4.html

宝塚で「ルパン -ARSENE LUPIN-」上演予定

« 雑誌「月刊ヒーローズ」2013年4月号より森田崇「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」連載開始 | トップページ | 「花とゆめ」2013年5号 スキップ・ビート!感想 »

アルセーヌ・ルパン」カテゴリの記事

コメント

ハヤカワでは文庫化の作業が進められており、文庫版には例の短編も入れてくれるようです。
 あと、以前どこかで書いたと思いますが、バーネットもののルーツともいうべき、バングスの
「ラッフルズ・ホームズの冒険」(R・ホームズ探偵社)の邦訳が、論創社から出版されました。
 訳者は著名なシャーロキアンで、乱歩研究家でもある平山雄一氏です。
 本にはクレジットされていませんが、当資料室からは、所蔵している原書(初刊本)の表紙
写真を提供し、解説ページに掲載されています。

これまた凄い話題ですよね。先月から韓国で公演がはじまったミュージカル「アルセーヌ・ルパン」も、
暫くやるようなので、出来れば見たい所ですが、韓国まで行かなければならないので面倒です。

 このところ韓国では日本でも良く知られている古典名作を次々とミュージカル化して話題となってい
まいたが、まさか我らがルパンも取り上げられるとは、思ってもみなかったので、驚いていたのですが、
今度は宝塚でもやると聞いて楽しみにしている所です。

 すみだ

「ラッフルズ・ホームズの冒険」、確認できていません。

韓国のミュージカルは登場人物だけチェックしましたが、ネリー、レオナール、ジョゼフィーヌ、ガニマール、イジドール、スビーズなどがでくるようですね。「カリオストロ伯爵夫人」(というより映画「ルパン」?)からインスパイアされたものかなあという印象を受けました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/56861667

この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚で「アルセーヌ・ルパン(仮題)」上演予定:

« 雑誌「月刊ヒーローズ」2013年4月号より森田崇「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」連載開始 | トップページ | 「花とゆめ」2013年5号 スキップ・ビート!感想 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ