« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013/02/28

雑誌「月刊ヒーローズ」2013年4月号より森田崇「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」連載開始

森田崇「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」が、3月1日発売の「月刊ヒーローズ」2013年4月号から連載が始まります。「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」はモーリス・ルブラン原作のアルセーヌ・ルパンが活躍する物語を漫画化した作品です。

連載に先駆けて第1話の試し読みができます。「最新話 試し読み」をクリックするとみられます。また、これまでのシリーズの概要を紹介する「ガイド オブ アバンチュリエ」などが掲載されています。
怪盗ルパン伝 アバンチュリエ 【漫画】森田 崇 【原作】モーリス・ルブラン|月刊 ヒーローズ
http://www.heros-web.com/works/aventurier.html

特集ページでは「森田崇に問う″アバンチュリエ″」と題したインタビューが掲載されています。
怪盗ルパン伝 アバンチュリエ特集|月刊 ヒーローズ
http://www.heros-web.com/campaign/aventurier/


ネット配信のトーク番組「漫画元気発動計画!」のゲストとして登場しています。
漫画元気発動計画! | 漫画好きの漫画好きによる漫画好きのためのトークプログラム!(音声あり)
http://man-gen.net/
iTunes - Podcast - 漫画元気発動計画「漫画元気発動計画!」(音声あり)
http://itunes.apple.com/jp/podcast/man-hua-yuan-qi-fa-dong-ji-hua!/id542911902

全国の創作サークルで運営するコミュニティサイト「東京マンガラボ」で、インタビューが掲載されています。
東京マンガラボ
http://tokyomangalab.com/
森田崇先生『HEROS』移籍記念インタビュー! 【アバンチュリエ】 | 東京マンガラボ
http://tokyomangalab.com/?interviews=takashi-morita


未来形コミック月刊『ヒーローズ』4月号 3月1日(金)発売 『怪盗ルパン伝 アバンチュリエ』がヒーローズで連載スタート - SankeiBiz(サンケイビズ)
http://www.sankeibiz.jp/business/news/130225/prl1302251808067-n1.htm
森田崇先生の「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」移籍第一話が載るヒーローズは3/1発売、移籍前のコミック5巻は2/22~発売中です - Togetter
http://togetter.com/li/461632


雑誌「イブニング」に掲載された「アバンチュリエ ~新訳アルセーヌ・ルパン~」は全5巻が講談社から発売中です。
イブニング|アバンチュリエ|作品紹介|講談社コミックプラス
http://kc.kodansha.co.jp/content/top.php/1000005539
イブニング|アバンチュリエ|既刊コミック|講談社コミックプラス
http://kc.kodansha.co.jp/previously/list.php/1000005539


森田崇 (TAK_MORITA) on Twitter
http://twitter.com/TAK_MORITA
漫画家 森田崇BLOG★フラットランド
http://tak-morita.air-nifty.com/flat_land/

「アバンチュリエ ~新訳アルセーzヌ・ルパン~」が「月刊ヒーローズ」に移籍決定
森田崇「アバンチュリエ」情報


□2013/03/02
コミックナタリー - 森田崇「アバンチュリエ」が移籍し、ヒーローズで連載再開
http://natalie.mu/comic/news/85842
【インタビュー】アルセーヌ・ルパン『月刊HERO’s』へ降臨! 『アバンチュリエ』森田崇に聞く 連載終了から華麗なる復活への過程 -- Comics OH
http://oh-news.net/comic/?p=67259

2013/02/14

「スキップ・ビート!」台湾ドラマがBS-TBSで放送予定

「スキップ・ビート!」の台湾制作のドラマが、2013年3月8日からBS-TBSで放送されるようです。

BS-TBS 「スキップ・ビート!~華麗的挑戦~」
http://www.bs-tbs.co.jp/app/program_details/index/DRT1300900

3/8(金)スタート 月-金夕方5:00~5:54

SJシウォンとドンヘ出演の台湾ドラマ「スキップ・ビート!」、初の無料放送と見逃し配信决定!予告動画で先取り - ナビコン・ニュース
http://navicon.jp/news/17281/
SUPER JUNIOR のシウォン&ドンへ 出演「スキップ・ビート!~華麗的挑戦~」月8 日(金)よりBS-TBS にて放送決定! - アジアンエンタメ情報サイト アジアンハナ(asian HANA.com)
http://www.asian-hana.com/2013/02/super-junior-8-bs-tbs.html
初の無料放送决定!SUPER JUNIORシウォンとドンヘ出演ドラマ『スキップ・ビート! ~華麗的挑戦~』BS-TBSにて放送决定! | Hwaiting!/ファイティン!
http://hwaiting.jp/?p=13260


このドラマはDVD発売が決定しています。
「スキップ・ビート 華麗的挑戦」アミューズソフトエンタテインメント
http://www.amuse-s-e.co.jp/skipbeat/


「スキップ・ビート!」台湾ドラマが台湾で放送開始
「スキップ・ビート!」台湾ドラマが日本でも放送決定
「スキップ・ビート!」台湾ドラマのDVD発売予定


□あらすじ
尚に捨てられたキョーコは復讐すべく芸能界入りを決意!!「スキップ・ビート!」第1、2話あらすじと予告動画 - ナビコン・ニュース
http://navicon.jp/news/17595/
大手事務所LMEの門戸を叩いたキョーコだがオーディションで…?「スキップ・ビート!」第3-6話あらすじと予告動画 - ナビコン・ニュース
http://navicon.jp/news/17643/
ラブミー部に新メンバー加入!果たしてその人物とは…?「スキップ・ビート!~華麗的挑戦~」DVD8-10話(TV7-8話)あらすじ - ナビコン・ニュース
http://navicon.jp/news/17727/
CMオーディションを勝ち取るべくキョーコが才能を開花!?「スキップ・ビート!~華麗的挑戦~」DVD11-13話(TV9-11話)あらすじ - ナビコン・ニュース
http://navicon.jp/news/17733/


□2013/03/12
TBSオンデマンドで配信されるようです。
【TBSオンデマンド】「スキップ・ビート!~華麗的挑戦~」 3月11日(月)よりオンデマンド見逃し配信開始!! - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130308/prl13030815590097-n1.htm
TBSオンデマンド|韓流・華流|台湾ドラマ「スキップ・ビート!~華麗的挑戦~」
http://tod.tbs.co.jp/item/2912/


□2013/03/22 最終更新

森田崇「アバンチュリエ」第5巻が2013年2月22日発売予定

森田崇氏の漫画「アバンチュリエ ~新訳アルセーヌ・ルパン~」単行本第4巻が講談社から2013年2月22日発売予定です。

イブニング|アバンチュリエ|作品紹介|講談社コミックプラス
http://kc.kodansha.co.jp/content/top.php/1000005539
イブニング|アバンチュリエ(5)|作品紹介|講談社コミックプラス
http://kc.kodansha.co.jp/product/top.php/1234644952

表紙画像が載っています。
イブニング|TOP|講談社コミックプラス
http://kc.kodansha.co.jp/magazine/index.php/02134

アルセーヌ・ルパン対ハーロック・ショームズの「金髪婦人」編完結。そして「~プロローグ 19歳のアルセーヌ・ルパン~」と銘打った「アンベール夫人の金庫」編が収録されます。雑誌「イブニング」での掲載分はこれですべてです。


「アバンチュリエ」は「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」として、3月1日発売の「月刊ヒーローズ」4月号に移籍しての新連載が決定しています。

怪盗ルパン伝 アバンチュリエ 【漫画】森田 崇 【原作】モーリス・ルブラン|月刊 ヒーローズ
http://www.heros-web.com/works/aventurier.html
怪盗ルパン伝 アバンチュリエ特集|月刊 ヒーローズ
http://www.heros-web.com/campaign/aventurier/


「アバンチュリエ ~新訳アルセーヌ・ルパン~」が「月刊ヒーローズ」に移籍決定
森田崇「アバンチュリエ」情報

2013/02/13

ネット配信のトーク番組「漫画元気発動計画!」のゲストに森田崇氏登場

ネット配信のトーク番組「漫画元気発動計画!」のゲストに、「月刊ヒーローズ」に移籍が決まった漫画「アバンチュリエ」の作者・森田崇氏が登場しています。全部で5回の予定だそうです。

漫画元気発動計画! | 漫画好きの漫画好きによる漫画好きのためのトークプログラム!(音声あり)
http://man-gen.net/

Podcastでも配信されています。
iTunes - Podcast - 漫画元気発動計画「漫画元気発動計画!」 (音声あり)
http://itunes.apple.com/jp/podcast/man-hua-yuan-qi-fa-dong-ji-hua!/id542911902


第1回(その1)は、約18分。森田崇氏のプロフィールや漫画家になった経緯などが語られています。イブニングでの「アバンチュリエ」連載誕生秘話なども。編集者に見せる企画にはアルセーヌ・ルパン物をしのばせていたのだとか。

森田崇「アバンチュリエ」情報


□2013/02/13
その2まで公開されています。


□2013/02/22
その3まで公開されています。


□2013/02/28
その4まで公開されています。

また、森田崇氏がアルセーヌ・ルパンを描く様子が公開されています。
Twitter / mangagenki: 漫画元気発動計画!森田崇先生が「アバンチュリエ」の主人公アルセーヌ・ルパンを描く動画をアップしました。
https://twitter.com/mangagenki/status/306786700242341888
森田崇 アバンチュリエ - YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=5PMHF6bugdA


□2013/03/10
その5まで公開されています。森田氏ゲストの回のラストです。


森田崇 その1 | 漫画元気発動計画!
http://man-gen.net/86
森田崇 その2 | 漫画元気発動計画!
http://man-gen.net/87
森田崇 その3 | 漫画元気発動計画!
http://man-gen.net/89
森田崇 その4 | 漫画元気発動計画!
http://man-gen.net/88
森田崇 その5 | 漫画元気発動計画!
http://man-gen.net/90

「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」特集ページに森田崇氏のインタビュー掲載

「月刊ヒーローズ」の公式サイトにある「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」の特集ページに、2013年4月号からの連載開始に先駆けて、森田崇に問う″アバンチュリエ″と題したインタビューが掲載されています。全5回の予定で、現在は2回までの内容が見られます。

怪盗ルパン伝 アバンチュリエ特集|月刊 ヒーローズHEROS/未来形コミック 毎月1日発売
http://www.heros-web.com/campaign/aventurier/


QA形式で、1問目では原作との出会いなど、主人公「アルセーヌ・ルパン」の魅力について語っていらっしゃいます。

「アバンチュリエ ~新訳アルセーヌ・ルパン~」が「月刊ヒーローズ」に移籍決定
森田崇「アバンチュリエ」情報


□2013/02/19
Q3が公開されました。


□2013/02/24
Q4まで公開されています。


□2013/03/01
Q5まで公開。これですべての質問が公開されました。

2013/02/04

ボードゲーム「怪盗紳士」発売予定

「怪盗紳士」というボードゲームが2013年3月に発売されるようです。英語版の輸入版で、日本語ルールブックが付くようです。英語版タイトルは「Gentlemen Thieves」。元のフランス語版タイトルは「Gentlemen Cambrioleurs」

ニュルンベルク'13新作情報:アスモデ - Table Games in the World - 世界のボードゲーム情報サイト
http://www.tgiw.info/2013/02/13_9.html

ルパンの世界をテーマとした、正体秘匿とはったりの華麗なる盗みのゲーム。目的は最も多くのお宝を盗むことです。プレイヤーは、アルセーヌ・ルパン、カリオストロ伯爵夫人、ドロレス・ケッセルバッハなどのいずれかのキャラクターとなってゲームを進めます。毎ラウンド2つの陣営に分かれて、パリの主要な場所にある宝物を盗むべく、暗躍します。

キャラクターは次の5人。

アルセーヌ・ルパン(オレンジ)
カリオストロ伯爵夫人(緑)
ポール親分(黄)
ボーマニャン(茶)
ドロレス・ケッセルバッハ(紫)

えーと、一人思いっきりネタバレになってる人物がいる気が…(^^;;(気のせい気のせい)


怪盗紳士(Gentlemen Thieves)【3月予約】 - といず広場  カードゲーム、ボードゲーム、サプライのネット通販ショップ
http://ifplus.net/?pid=54779606
怪盗紳士 ボードゲーム ホビージャパン Asmodee【3月予約】:PW54:でじたみん Yahoo!店 - Yahoo!ショッピング - ネットで通販、オンラインショッピング
http://store.shopping.yahoo.co.jp/digitamin/pw54.html
【楽天市場】ホビージャパン特選ボードゲーム 怪盗紳士 日本語訳ルール付属[Asmodee]《03月予約》:あみあみ
http://item.rakuten.co.jp/amiami/toy-ipn-7016/


実演の様子。
Gentlemen cambrioleurs, la regle en video par Erwan | Le Repaire des jeux(フランス語。動画あり)
http://www.lerepairedesjeux.fr/2012/10/gentleman-cambrioleurs-regle-video-erwan-bombyx-videoregle-intrigo/

Gentlemen(フランス語)
http://www.studiobombyx.com/gentlemen.html
ルールブック(フランス語)
http://www.studiobombyx.com/espacepro/Gentlemen/GENTLEMEN%20CAMBRIOLEURS%20-%20Rulebook%20-%20HD%20-%20FRUS.pdf

Gentlemen Cambrioleurs | Asmodee Editions(フランス語)
http://fr.asmodee.com/ressources/jeux_versions/gentlemen-cambrioleurs.php
Devenez le roi de la cambriole ! | Asmodee Editions(フランス語)
http://www.asmodee.com/ressources/articles/devenez-le-roi-de-la-cambriole.php

モーリス・ルブラン原作「怪盗対名探偵初期翻案集」

モーリス・ルブラン原作、三津木春影ほか著、北原尚彦編
論創社 論創ミステリ叢書別巻、2012年

Amazon.co.jp: 怪盗対名探偵初期翻案集 (論創ミステリ叢書): モーリス ルブラン, 安成 貞雄, 三津木 春影, 清風草堂主人, 北原 尚彦: 本
http://www.amazon.co.jp/dp/4846011372/

□内容
「秘密の墜道トンネル」清風草堂主人…原作「遅かりしエルロック・ショルメス(1-9)」
「神出鬼没 金髪美人」清風草堂主人(安成貞雄)…原作「金髪婦人(2-1)」
「春日燈籠」清風草堂主人(安成貞雄)…原作「ユダヤのランプ(2-2)」
「大宝窟王 前篇」三津木春影…原作「奇岩城(4)」
「大宝窟王 後篇」三津木春影…同上


大正初期に翻訳された、アルセーヌ・ルパンシリーズのうちでエルロック・ショルメス(シャーロック・ホームズ)が登場する作品群が収録されている。並びは原作の発表順になっている。巻末には編者による詳しい解題がついている。

「翻案」といっても固有名詞が日本風に改められている程度で、大きな変更はない。どれも割と読みやすいと思う。「大宝窟王」はちょっと堅いというか漢字が多いかな。


さて、アルセーヌ・ルパンの機関紙は「エコー・ド・フランス」ある。しかし、「金髪美人」や「春日燈籠」では「エコー・ド・パリ」(巴里の反響)が使われている。三津木の「大宝窟王」では「巴城民報」を使っているが、これも「エコー・ド・パリ」のことだろう(原作「奇岩城」で使われるのは「グラン・ジュルナル」)。

いずれも英訳からの重訳なので、英訳で「エコー・ド・パリ」となっていたのかもしれない。「エコー・ド・フランス」は架空で、「エコー・ド・パリ」は実在の新聞にある名前だ。

ところが、ここに収録されている作品の中で「エコー・ド・フランス」が出てくるものがある。これでは「エコー」ゆうたらあんた、「エコー・ド・フランス」に決まっとるがな、っていうネタが効かない。(サンドウィッチマンって一応意味があったんだと初めて気づいた。無意味という意味が・笑)


□秘密の墜道
執筆者の名前「清風草堂主人」は複数の人が使っているがこの作者の正体は不明。アルセーヌ・ルパン→龍羽暗仙というアレンジも他の作品とは違うため別人なのだろうな、くらい。暗号もアレンジして日本語化してしまっているのがすごい。

□金髪美人
有村(ルパン)の署名がちゃんと丸囲みになっている(嬉) 他の作品では和名になっているショルメスがこれのみホームズ。

□春日燈籠
ユダヤのランプが春日燈籠へ。予告は初めて見たのでうれしい。

□大宝窟王
初期の翻訳のため、今では改変されている部分の原型を知ることができる。

鴨田検視監(フィユール予審判事)は自分が乗ってきた馬車が「低輪の有蓋馬車」(P297)で、偽の帽子を買った男が乗っていたのも「低輪の有蓋馬車」(P304)だったから、同じ奴だと気づいたわけ。情報がそろえば、それなりに判断する能力はあるのだけれど、情報を追えなかったがために活躍できなかった気の毒な男。
自動車か馬車か(その2)

惜しむらくは最後の鉄光と保村(ルパンとショルメス)の対決で、省略があること。この話の根幹に関わる部分だと思うから。

「経帷子もて」っていうところはしんみりするのに、ラストのスタスタっていうの、雰囲気が壊れる気が(^^;;

あるミステリーの紹介本で、ラストについて「夜の闇に飛んだ」みたいな紹介があったのを目にしたんだけど、英訳を踏まえた訳だからだと納得した覚えがある(どの本だったか忘れた)。これも英訳故なのかしら。

解題でツッコミ入っている、土左衛門を美人というのは日本の伝統、様式美かと(^^;;


読んでいて「怪盗」(P436)という言葉が出てくることに気づいた。「かいとう」の初出(アルセーヌ・ルパン翻訳史における)か?と思ったけど、「かいぞく」だった。この場合、「怪盗」と書いて「怪賊」と読む、みたいな感じね。「強盗」(P437)も「きょうぞく」ってことは凶賊か強賊か。
近代デジタルライブラリー - 大宝窟王.  後篇(21コマ)
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/913670/21

序(P292)の「強盗」は振り仮名なし。
近代デジタルライブラリー - 大宝窟王.  前篇(3コマ)
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/913669/3

こっちの「強盗」(P545)は「ごうとう」。
近代デジタルライブラリー - 大宝窟王.  後篇(127コマ)
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/913670/127


「怪盗」のほかの読みは見つからなかったけど、本書はちゃんと「怪盗」対「名探偵」となっているわけだ。「怪盗」といい、三津木訳の後世への影響は大きいなあ。“奇巌城”も三津木訳がなければありえなかった。贅沢言うなら、三津木訳の「古城の秘密」(原作「813(5)」)も読みたい。


ルパンシリーズの初期翻訳
近代デジタルライブラリー:清風草堂主人作品
近代デジタルライブラリー:三津木春影作品

2013/02/01

モーリス・ルブラン「ルパン、最後の恋」感想

平岡敦訳、ハヤカワ・ポケット・ミステリ、2012年
ルパン、最後の恋:ハヤカワ・オンライン
http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/211863.html

□内容
ルパン、最後の恋
〈付録〉
アルセーヌ・ルパンの逮捕〔初出版〕(平岡敦訳)
アルセーヌ・ルパンとは何者か?(竹若理衣訳)


70年ぶりに発表されたモーリス・ルブランの新作&真作「ルパン最後の恋(22)」。ちゃんとシリーズに終止符を打たれた感じがした。第一次世界大戦の勃発によって、行き先を失ってしまったアルセーヌ・ルパンの冒険が、落ち着く方向が見えた。ルブランが最後に書いておきたかったのだと感じた。

アルセーヌ・ルパンは犯罪者だけれど、犯罪者としての物語は「813(5)」でいったん終止符が打たれている。その後「虎の牙(11)」で超法規的処置により、特赦を受けているのだ。実は。でも「最後の恋」で判事にやんわり釘を刺されていたりしておもしろい。「緑の目の令嬢(14)」で最後に、ルパンがフランスに宝を残すことが触れられているけれど、それが実現しそうな様子も想像できる。

事件も小粒だけれど、悪くはないと思う。「ルパン最後の事件(21)」はどうにも意味が分からないというか、あまり面白みがないというか結構微妙だったので、どうなることかと思ったら以外におもしろかった。それ以上に「最後の恋」は楽しめる要素が多かった。アルセーヌ・ルパンのそらっとぼけた感じは健在だし。自称40歳も、ルパンは「最後の事件」で、50歳手前を、30過ぎと言い張る男なんだから、なんて正直者なんだ!!と驚嘆するレベルだ(笑)

そしてなによりラストの言葉。やられたー! っていう気分。(絶対二言あるだろう・笑 ってつっこみいれたくなけれど、でも、飲まれてしまった)


次の箇所はちょっと驚いた。感受性のある少年を是としているようなイメージがあったから。それと自国の教育批判に。

「(略)一番大事な武器、何よりも勝る武器、それは冷静でいることだ。完璧な鎧で身を固めるように落ち着き払っていれば、敵のほうが慌て出す……攻撃をしかけたいのだが、反撃が恐ろしい。攻撃する前から、反撃のほうが大きいような気がしてしまうんだ。どこから来るのだろう? どんなふうにやるんだろうってね。とはいえ、正しい方法で精神を鍛えあげるには何十年もかかる。そこがフランスの教育の愚かなところさ。鋼のように冷徹で、斧のように切れ味のいい強靱な精神の持ち主を作らねばならないのに、感受性ばかりを養っているのだから」(P123-124)


「理の書」と訳されているのは「livre de raison」で、家長日誌とかそういう意味らしい。名家のトップの人が、書き付けておいたもの。えーと、御堂関白記とか小右記とかのことかしら。
Livre de raison - Wikipedia(フランス語)
http://fr.wikipedia.org/wiki/Livre_de_raison

livre de raison
台帳、元帳;【古】家計帳、家事日誌;大福帳(ロベール仏和大辞典)
【古】家長日誌(ロワイヤル仏和中辞典)

途中「七億」という単位がでてくるのは(二章の題など)、七億フランのことだろう。金貨四百万ポンドだから、1ポンド=175フランの換算となる。(いつの相場なのだろう)


併録の「アルセーヌ・ルパンの逮捕〔初出版〕」と「アルセーヌ・ルパンとは何者か?」に関しては「ミステリマガジン」に掲載された時の感想あり。

「《初出版》アルセーヌ・ルパンの逮捕」感想
「アルセーヌ・ルパンとは何者か」感想(その1)
「アルセーヌ・ルパンとは何者か」感想(その2)


フランスで「アルセーヌ・ルパン最後の恋」が出版
フランスで「アルセーヌ・ルパン最後の恋」が出版(続)
モーリス・ルブランの新作「ルパン、最後の恋」が発売&電子書籍配信開始

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ