« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012/11/27

雑誌「増刊フラワーズ」2012年12月号 「VSルパン」

さいとうちほ氏による漫画。サブタイトルは「プリンセスの結婚」。巻頭カラー。
原作はモーリス・ルブラン「ルパンの告白」中の短編「ルパンの結婚(6-9)」。


「増刊フラワーズ」は「凛花」からリニューアルした雑誌で「月刊フラワーズ」の増刊。分厚くて大きい。

筋は原作のまま。タイトルの通り、ヒロイン・アンジェリックにスポットを当てて描かれている。夢見るアンジェリックのマイペースっぷりがいい。ぼんやり夢想してたことが現実に起こったら?って話でもあるからね。

少女漫画の文法でアルセーヌ・ルパンを読みたいと思っていた私の欲を満たしてくれる作品だった。扉、見開きいっぱいにはためくマントも流石。


さいとうさんは、映画「ルパン」を見て描こうと思ったらしい。今回のエピソードは「ルパンの告白」中のものだけれど、シリーズ全部目を通していることが窺える。「戯曲アルセーヌ・ルパン」は読んだと分かるし、これを読んだなら、他も読んでいると思う。


一箇所ミスが。ノルマンディ×→ブルターニュ○ですね。(P35)

プロローグの少年は明るめのブルネット。扉のルパンはシルクハットで髪が見えない。本編は黒ベタ。とするとダーク系のブルネットか。


新装刊の雑誌「増刊フラワーズ」に「VSルパン」掲載予定

2012/11/26

アルセーヌ・ルパンが映画化か

映画企画があるようです。

'Kon-Tiki' Directors Eyed for 'Arsene Lupin' Feature (Exclusive) | The Wrap Movies(英語。『「コンチキ号」の監督が「アルセーヌ・ルパン」映画作品のために目をつけられる』
http://www.thewrap.com/movies/column-post/kon-tiki-directors-eyed-arsene-lupin-feature-65391
Will Arsene Lupin Meet Sherlock Holmes in Hollywood Return? | The Cutting Room | ARTINFO.com(英語。「アルセーヌ・ルパンは、再来したハリウッドでシャーロック・ホームズと会うだろうか?」)
http://blogs.artinfo.com/cuttingroom/2012/11/16/will-arsene-lupin-meet-sherlock-holmes-in-hollywood-return/

「コンチキ号」(日本未公開)を制作したノルウェーのエスペン・サンドベリ&ヨアヒム・ローニング監督にオファーを出した(出そうととしている)ということ? 企画するプロデューサーは「シャーロック・ホームズ」のプロデュースに名を連ねているので、ルパンがホームズに遭うかも、ということらしい。

タイトルは“Arsene Lupin AKA Once a Thief”。「アルセーヌ・ルパン/昔泥棒(だった男)」みたいな感じかな。

2012/11/13

「スキップ・ビート!」台湾ドラマのDVD発売予定

台湾で制作された「スキップ・ビート!」のドラマのDVDが発売されるようです。BOX全2巻で、第1巻が2013年2月6日発売予定、第2巻が3月6日発売予定です。日本語字幕・吹替付き。

「スキップ・ビート 華麗的挑戦」アミューズソフトエンタテインメント
http://www.amuse-s-e.co.jp/skipbeat/


SUPER JUNIORシウォン と ドンヘ「スキップ・ビート!~華麗的挑戦~ - アジアンエンタメ情報サイト アジアンハナ(asian HANA.com)
http://www.asian-hana.com/2012/11/super-junior-10.html
“SUPER JUNIOR”シウォンとドンヘ主演「スキップ・ビート!」、イケメン過ぎる予告動画解禁 - 最新ニュース|MSN トピックス
http://topics.jp.msn.com/entertainment/movie/article.aspx?articleid=1507014


CS放送のチャンネル「DATV」で再放送中。
スキップ・ビート!~華麗的挑戦~ - DATV
http://datv.jp/p000344/

「スキップ・ビート!」台湾ドラマが台湾で放送開始
「スキップ・ビート!」台湾ドラマが日本でも放送決定


□2013/01/23
発売予定日は2013年4月10日になったようです。レンタルが2月、3月に先行するということでしょうか。
「スキップ・ビート 華麗的挑戦」アミューズソフトエンタテインメント
http://www.amuse-s-e.co.jp/skipbeat/

「スキップ・ビート!」台湾ドラマ版がDVD BOX 牧野由依と田野アサミが吹き替え初挑戦 | アニメ!アニメ!
http://animeanime.jp/article/2013/01/23/12757.html
台湾で実写ドラマ化された『スキップ・ビート!』のDVD-BOXが4月10日(水)に発売。吹き替えに初挑戦した牧野由依・田... | moca
http://moca-news.net/article/20130121/201301212318a/01/
人気声優・牧野由依&田野アサミが吹替初挑戦 ニュース-ORICON STYLE-
http://www.oricon.co.jp/news/movie/2020861/full/
牧野由依&田野アサミ、ドラマ吹替え初挑戦!「スキップ・ビート!」公開アフレコ - セレブリティニュース - 最新ニュース一覧 - 楽天woman
http://woman.infoseek.co.jp/news/celebrity/hwchannelw_20130122_2273402

「花とゆめ」2012年23号 スキップ・ビート!感想

著者:仲村佳樹


突然切れたあげく、電源まで切られたらしいキョーコの携帯電話に悶々とする尚。

一方、さっきの電話は不破じゃないのか、とキョーコに詰め寄る蓮。キョーコは、今はヒール兄妹という設定のはずなのに、まるで無視をしたかのような蓮の言動に戸惑う。後ずさりをして当たった弾みでキョーコはベッドに仰向けで倒れてしまう。その両肩を上から押さえつける蓮。

嫌いといいつつ不破とどうなりたいんだ、とさらに詰め寄る姿は、敦賀さんでもカインでもない。誰かが敦賀さんの体を動かしていると震えるキョーコ。今の蓮はB・J撮影時の暴走の姿と重なる。キョーコは意を決して、蓮の手が胸にさわったところで、体勢を変えて馬乗りになる。


乗ったーーー!!!

祥子さんパートいらないかなあと思ったりするけれど、散歩阻止はちょっとナイス。
キョーコと蓮の間で修復不可能な亀裂、入っちゃわないよね(願望)。


次回24号はお休みで2013年1号から再開。
「スキップ・ビート!」感想のバックナンバーはこちらから

ポプラ社からモーリス・ルブラン「ルパン最後の恋」発売予定

70年ぶりに出版されたモーリス・ルブラン「ルパン最後の恋」が、ポプラ社からも出版されるようです。2012年12月31日発売予定。

『ルパン最後の恋』(モーリス・ルブラン 那須 正幹 : ポプラ社 : 2012年12月31日発売予定 : C8097)@近刊検索β
http://www.hanmoto.com/jpokinkan/card/card.php?isbn=9784591131916
Amazon.co.jp: ルパン最後の恋 (単行本): モーリス・ルブラン, 那須 正幹: 本
http://www.amazon.co.jp/dp/4591131912


「ルパン最後の恋」は、先行してハヤカワ・ポケット・ミステリから邦訳が出ています。ポプラ社が出版準備をしているという話は出ていたので、ようやく形が見えてきたという感じですね。


こちらには表紙も出ています。懐かしの黄色に黒の題字です。「文 那須正幹」となっていて、氏がリライトを担当しているようです。

楽天ブックス: ルパン 最後の恋 - モーリス・ルブラン - 4591131912 : 本
http://books.rakuten.co.jp/rb/12092218/

ルブラン家にかくされていた未発表作品を「ズッコケ」の作者が手がける。「道理の本」をめぐってのイギリス王家とフランスの争奪戦が、国際的な陰謀へと発展。

モーリス・ルブランの新作「ルパン、最後の恋」の邦訳発売決定!
モーリス・ルブランの新作「ルパン、最後の恋」が2012年9月7日発売予定
モーリス・ルブランの新作「ルパン、最後の恋」が2012年9月7日発売予定(続)
モーリス・ルブランの新作「ルパン、最後の恋」が発売&電子書籍配信開始
モーリス・ルブラン「ルパン、最後の恋」入手のこと


□2012/12/17
発売中です。
ルパン 最後の恋 :モーリス・ルブラン,那須 正幹 | ポプラ社
http://www.poplar.co.jp/shop/shosai.php?shosekicode=49001680

未発表「ルパン」刊行、話題 70年ぶり「新作」の磁力+(1/3ページ) - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/life/news/121203/bks12120308000001-n1.htm

瀬名秀明「大空のドロテ」第1巻入手のこと

双葉社、2012年。全3巻の第1巻。
株式会社双葉社 | 大空のドロテ Ⅰ(オオゾラノドロテ) | ISBN:978-4-575-23786-3
http://www.futabasha.co.jp/booksdb/book/bookview/978-4-575-23786-3.html

時は第一次世界大戦後、1919年のフランス。少年ジャンはサーカスの少女ドロテに会う。

ドロテといえば、モーリス・ルブラン作品の「綱渡りのドロテ」。「大空のドロテ」は、「綱渡りのドロテ」からいくつの設定を借用しつつ、独自のストーリーを構築している。こちらのドロテはアルセーヌ・ルパンの娘ではないか、という設定で、ルパンシリーズの「虎の牙」と同時進行している話として進む。

ジャンが巻き込まれていく様子や翼渡りの描写などはよかったんだけれど、ジャンが体験することが過酷すぎるのではないだろうか。アルセーヌ・ルパンがらみの描写がずらずら出てくるところはちょっと読むのしんどい。あまり引きになっていないように思えるので、三巻そろって読んだ方がよいかもしれない。


細かいこと。
ヌーヴィレット(「奇岩城」の悲劇の舞台)の位置が違う。「大空のドロテ」で設定されてるところにも同名の地名があるけれども。

エトルタにあるのは、ルブランの別荘なんだよね。だから、いつも住んでたわけじゃないような。1920年代にパリ近郊のパッシーあたりに住んでいたので、そっちに本宅があるのでは。

敵役。頭文字はV。これはルパンシリーズの某作品に出てくる奴だ。確かに「綱渡りのドロテ」とその作品は似たところもあるのだけれど、その続きということだろうか。

冒頭、1963年行われた2人の対談で始まっている。対談の二人は瀬名氏自身が種明かしをしていたので知っているけれども、実在人物のゲスト出演者(ルパンorルブランと直接関わりはない)。1963年なのは日本SF作家クラブ創立50年記念作品を謳っているから?(連載時にはなかったはず)。

少年記者ジョゼフ君。どこかル・マタン紙のジョゼフ君(ルールタビーユと言った方が通りがいいが。ちなみにアルセーヌ・ルパンと同い年ね)を思わせると思いきや、これ、某有名人だ。あるヒントで分かった。


瀬名秀明「大空のドロテ」刊行予定

2012/11/08

新装刊の雑誌「増刊フラワーズ」に「VSルパン」掲載予定

「月刊フラワーズ」の増刊として新装刊される季刊誌「増刊フラワーズ」に、さいとうちほ「VSブイエスルパン」が掲載されるようです。2012年11月14日頃発売予定。

小学館コミック -フラワーズ- 増刊flowers
http://flowers.shogakukan.co.jp/zoukan/index.html

20世紀初頭・パリ。かの世界的に有名な怪盗紳士の、新たなる、そして華麗なる夜が、ここに開幕!!

マンガ家 さいとうちほブログ - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/desk_kinpouge/30446342.html

季刊誌ですが 長編読み切りのような形で(略)有名なアルセーヌ・ルパンのシリーズを元に構成していく予定です


« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ