« 雑誌「イブニング」2012年21号 「アバンチュリエ」第37回 | トップページ | 新装刊の雑誌「増刊フラワーズ」に「VSルパン」掲載予定 »

2012/10/26

「花とゆめ」2012年21号 スキップ・ビート!感想

著者:仲村佳樹


尚の回想から。

敦賀さんは自分にとって、役者として高みに引き上げてくれる教科書で先導者。芸能界に入ったのは復讐のためだけれど、芝居をすることで自分が好きになれる。だから、敦賀さんの優しさだって利用する。
そうキョーコに言われた尚は、キョーコを挑発&誘導して、敦賀さんに跪いたりしない(=惚れたりなんかしない)、もしそうなったら、一生尚の家で仲居づとめをしてやると宣言をさせる。

宣言を引き出せたことに満足していた尚だが、蓮に会って失せろと言われたときの凶悪なまなざしを思い出して、あの男は鬼畜だ、キョーコが無防備にうろちょろしていたら、マジで敦賀蓮の餌食になってしまのでは、と気になってしまう。


キョーコは、ヒール兄妹の部屋の前で入室をためらっていたが、気持ちをきりかえて、入る。カイン@蓮とヒール兄妹として会話を進めていた矢先、キョーコ携帯電話が最大音量で鳴り響く。普段は目立たぬようにしていたが、蓮から電話があるかも知れないと、バイブと音量を最大にしていたのだった。

発信者は非通知すなわち尚だった。電源を切らなきゃとあせるキョーコから携帯電話を取り上げ、非通知であることをみてしまったカイン@蓮。蓮は電源をオフし、放り投げる。


キョーコはちょっと乗せられすぎ(^^;;
非通知=尚なのは、単行本31巻にのってたおまけの通りで、蓮が自分を含めた仕事関係は通知設定にしてもらっていたし、だるまやのおかみさんやキョーコの友達だったら通知にしないわけがないからってことね。


次回22号はお休みで23号から再開。
「スキップ・ビート!」感想のバックナンバーはこちらから

« 雑誌「イブニング」2012年21号 「アバンチュリエ」第37回 | トップページ | 新装刊の雑誌「増刊フラワーズ」に「VSルパン」掲載予定 »

スキップ・ビート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/55976589

この記事へのトラックバック一覧です: 「花とゆめ」2012年21号 スキップ・ビート!感想:

« 雑誌「イブニング」2012年21号 「アバンチュリエ」第37回 | トップページ | 新装刊の雑誌「増刊フラワーズ」に「VSルパン」掲載予定 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ