« モーリス・ルブランの新作「ルパン、最後の恋」が2012年9月7日発売予定 | トップページ | 「Le dernier amour d'Arsene Lupin」入手のこと »

2012/08/17

「花とゆめ」2012年17号 スキップ・ビート!感想

著者:仲村佳樹


蓮は尚の車に同乗してきたキョーコと目が合う。キョーコはあわてて尚の姿を隠すが、ばっちり見られていた。蓮はそのままディレクターとの打ち合わせに向かう。

キョーコはテレビ局まで乗るつもりはなかったのだが、ほくほく食堂(キョーコ好みの和食の食堂)で夕食をとって幸せに浸っていたあいだに仕事に遅れそうになり、ふたたび尚の車に乗り込むことになったのだった。

蓮に聞かれても答える理由なんてないとビクビクするキョーコに、尚は自惚れるな蓮に特別扱いされていると思うなよ、責める。キョーコは、蓮は社長に頼まれたりしているから構っているだけで、特別扱いされているわけではないと言うが、尚は、何とも思っていないと言えとさらに詰め寄る。

結局キョーコは坊の仕事に遅刻してしまう。ディレクターさんに怒られて、尚に詰め寄られなかったら遅刻しなかったのにと悔しくおもいながら思いながら、さっきのを反芻する。

キョーコは蓮のことを何とも思っていないと尚の顔を見てはっきり言う。恋や愛は人間を愚かにする、何かの間違いでふたたび愚者(ばか)になるとしても敦賀さんだけはあり得ないと。何でそういいきれるのか、という尚の言葉に、やはり蓮のことが浮かぶ。

セツのキョーコがカインの蓮によくやったと誉められてうれしかった。自分の気持ちに負けてしまったら尚の時より愚者(ばか)になる自信があるから。私はどんなに胸が痛んでも負けたくないと。


ほくほく食堂って何?どういうこと?と思ってたんだけど、私の物忘れではなかったみたい(^^;; すっきりしてよかった。
蓮もキョーコも自分の気持ちを自覚しながら、その気持ちに鍵をかけていることがはっきりしました。たがが外れるところが見たい。


次回18号はお休みで19号から再開。
「スキップ・ビート!」感想のバックナンバーはこちらから


次号は連載はお休みですが、スキップ・ビート!のドラマCDが付きます。
雑誌「花とゆめ」2012年18号の付録がスキップ・ビート!のドラマCD(予告)

« モーリス・ルブランの新作「ルパン、最後の恋」が2012年9月7日発売予定 | トップページ | 「Le dernier amour d'Arsene Lupin」入手のこと »

スキップ・ビート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/55440472

この記事へのトラックバック一覧です: 「花とゆめ」2012年17号 スキップ・ビート!感想:

« モーリス・ルブランの新作「ルパン、最後の恋」が2012年9月7日発売予定 | トップページ | 「Le dernier amour d'Arsene Lupin」入手のこと »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ