« 作品リストの「アルセーヌ・ルパン最後の恋」の作品No.を改めること | トップページ | 雑誌「イブニング」2012年15号 「アバンチュリエ」第31回 »

2012/07/15

「花とゆめ」2012年15号 スキップ・ビート!感想

著者:仲村佳樹

アイツが動き出しそうだ。自由にしたらそいつは、暴走をくい止めてくれるはずの存在のキョーコに牙をむく可能性がある。そう感じて、蓮は、封印したクオンの闇の部分をさらに押さえつける。

蓮は貴島との仕事後であったらしく、貴島から飲みに誘われるが、急遽はいった仕事のため断る。その代わりにとキョーコの誕生日を訪ねられる(おそらくこっちが本題)。蓮のまえに、「DARK MOON」競演女優の逸美ちゃんとかに聞いてみたがことわられたらしい。寝た子を起こすなと(蓮の不機嫌の源だから)内心憤慨している社さんをよそに、蓮はあっさりと誕生日を教える。

女の子の情報に疎そうな蓮から聞けるとは思わなかった、キョーコ親しいといってもデコメももらわないし、と貴島は悪気なく言うのだったが、蓮は、デコメは送ったことももらったこともない、どうせなら声がききたいだろうとやりかえす。

とりあえず、貴島は蓮に釘をさされたのだと分かったらしい。社さんと次の仕事に向かう蓮は、「合理的かと思って」と口にする。社さんは蓮がキョーコを思ってとった行動だと分かるので、これからもキョーコちゃんの男の査定をしてあげろよと諭す。その一方で、蓮の口調が冗談風でもなかったし軽く嘉月(「DARK MOON」の役)が入って蓮の闇の部分が見えた風なので、社さんは蓮の精神的な不安定さを感じていた。

キョーコと尚が乗った車はTBMへ着こうとしていた。キョーコ食べようと思っていたおにぎりをわざと尚が食べたり、ちょっとしたいさかいが起きていいて、怒りでキョーコがそっぽを向いた先に蓮が。蓮の急遽入った仕事もTBMだったのだ。


蓮の貴島への挑発きましたよ。んでやっぱ社さんと蓮のやりとり好きだな。


次回16号はお休みで17号から再開。
「スキップ・ビート!」感想のバックナンバーはこちらから

« 作品リストの「アルセーヌ・ルパン最後の恋」の作品No.を改めること | トップページ | 雑誌「イブニング」2012年15号 「アバンチュリエ」第31回 »

スキップ・ビート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/55196470

この記事へのトラックバック一覧です: 「花とゆめ」2012年15号 スキップ・ビート!感想:

« 作品リストの「アルセーヌ・ルパン最後の恋」の作品No.を改めること | トップページ | 雑誌「イブニング」2012年15号 「アバンチュリエ」第31回 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ