« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012/05/29

雑誌「ミステリマガジン」2012年7月号が発売

「アルセーヌ・ルパン&ルパン三世」特集です。

ミステリマガジン2012年7月号ハヤカワ・オンライン
http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/711207.html

コミックナタリー - ミステリマガジンでルパン特集、モンキー・パンチや森田崇
http://natalie.mu/comic/news/70012

2012/05/24

フランスで「アルセーヌ・ルパン最後の恋」が出版(続)

日本語でもニュースが出たので改めて。フランスで「アルセーヌ・ルパン最後の恋(22)」が出版されました。翻訳出て欲しいな。

「怪盗ルパン」未発表作品を出版 NHKニュース(動画あり)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120523/k10015309061000.html


フランス語のニュースサイトです。少し踏み込んだ情報がでています。
Le Figaro - Livres Arsene Lupin revient(フランス語。「アルセーヌ・ルパンは戻って来ます」)
http://www.lefigaro.fr/livres/2012/05/22/03005-20120522ARTFIG00455-arsene-lupin-revient.php
Liberation conteste l'inedit d'Arsene Lupin au voleur(フランス語。「解放は、アルセーヌ・ルパンの未発表の仕事を争います:泥棒」)
http://www.actualitte.com/actualite/monde-edition/les-maisons/liberation-conteste-l-inedit-d-arsene-lupin-au-voleur-34257.htm

Arsene Lupin revient dans une aventure inedite - RTL.fr(フランス語。音声あり。「アルセーヌ・ルパンは、未発表の冒険で戻って来ます」)
http://www.rtl.fr/actualites/culture-loisirs/livres/article/lupin-7748481744

フロランスさんへのインタビュー。
Le dernier tresor d'Arsene Lupin exhume par la petite-fille de Maurice Leblanc Paris Normandie(フランス語。「アルセーヌ・ルパンの最後の宝はモーリス・ルブランの孫娘によって掘り出される」)
http://www.paris-normandie.fr/article/seine-maritime/le-dernier-tresor-darsene-lupin-exhume-par-la-petite-fille-de-maurice-leblanc


フランスで「アルセーヌ・ルパン最後の恋」が出版


□2012/05/29
紀伊國屋書店BookWebで購入できるようになっています。
LE DERNIER AMOUR D ARSENE LUPIN (LITTERATURE) 紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htmy/2353151523.html

フランスのアマゾン。
Le dernier amour d'Arsene Lupin Amazon.fr Maurice Leblanc Livres(フランス語)
http://www.amazon.fr/dp/2353151523


□2012/05/29
ニュースやラジオ報道など。

ルブランの孫娘フロランスさん、ルブランの伝記作家ジャック・ドゥルアール氏が出演。途中、日本の某公共放送の取材班が取材を受けてます。
Un inedit d'Arsene Lupin 70 ans apres la mort de Maurice Leblanc ! | Culturebox(フランス語。動画あり。「モーリス・ルブランの死後70年、アルセーヌ・ルパンの未発表作品」)
http://www.francetv.fr/culturebox/un-inedit-darsene-lupin-70-ans-apres-la-mort-de-maurice-leblanc-98633

フロランスさん、ジャック・ドゥルアール氏、今年のアルセーヌ・ルパン賞(エトルタのモーリス・ルブラン記念館が選定している探偵小説の賞)を受賞した作家リュコヴィッチ氏、「アルセーヌ・ルパン友の会」(アルセーヌ・ルパンのファン組織)の会長が参加した座談会。「L'INTEGRALE」のほうが時間が長くて、「LE RECIT」の完全版という扱いなのかも。
LE RECIT - Maurice Leblanc - Europe1.fr - Au coeur de l'histoire(フランス語。音声あり。「物語:モーリス・ルブラン」)
http://www.europe1.fr/MediaCenter/Emissions/Au-coeur-de-l-histoire/Sons/LE-RECIT-Maurice-Leblanc-1100945/
L'INTEGRALE - Maurice Leblanc - Europe1.fr - Au coeur de l'histoire(フランス語。音声あり。「全体:モーリス・ルブラン」)
http://www.europe1.fr/MediaCenter/Emissions/Au-coeur-de-l-histoire/Sons/L-INTEGRALE-Maurice-Leblanc-1100605/
座談会の様子。
Europe 1 en direct du Clos Lupin - Etretat Impressionniste(フランス語)
http://www.etretat-impressionniste.fr/2012/05/europe-1-en-direct-du-clos-lupin.html

最後のほうにフロランスさんが出演。
C’est arrive demain - 20-05-12 - Europe1_fr - C'est arrive demain(フランス語。音声あり)
http://www.europe1.fr/MediaCenter/Emissions/C-est-arrive-demain/Sons/C-est-arrive-demain-20-05-12-1091639/

Le dernier amour d'Arsene Lupin - La face B de l’info - Justice - France Info(フランス語。音声あり。「アルセーヌ・ルパン最後の恋」)
http://www.franceinfo.fr/justice/la-face-b-de-l%E2%80%99info/le-dernier-amour-d-arsene-lupin-628923-2012-05-28

Arsene Lupin sort du placard - Liberation(フランス語。「アルセーヌ・ルパンはクローゼットを出ます」)
http://www.liberation.fr/livres/2012/05/23/arsene-lupin-sort-du-placard_820878
冒頭部(?)のかなり長い引用があります。雑誌「Lire」で「アルセーヌ・ルパン最後の恋」が扱われているようです。
Le Dernier Amour d'Arsene Lupin Le dernier amour d'Arsene Lupin, par Maurice Leblanc - Lire(フランス語。「モーリス・ルブラン作、アルセーヌ・ルパン最後の恋」)
http://www.lexpress.fr/culture/livre/le-dernier-amour-d-arsene-lupin-par-maurice-leblanc_1119727.html


□2012/06/12
欧明社で取り扱いが始まりました。
LE DERNIER AMOUR D'ARSENE LUPIN - フランス語書籍専門 欧明社 Librairie OMEISHA
http://www.omeisha.com/?pid=44544841


□2012/07/07
ラジオ番組の音声が配信されています。
Livre Le dernier amour d'Arsene Lupin de Maurice Leblanc - RTL_fr(フランス語。音声あり)
http://www.rtl.fr/actualites/culture-loisirs/livres/article/livre-le-dernier-amour-d-arsene-lupin-de-maurice-leblanc-7750096520

2012/05/21

フランスで「アルセーヌ・ルパン最後の恋」が出版

フランスで「アルセーヌ・ルパン最後の恋(22)」が出版されるようです。「最後の恋」は未発表作品で、アルセーヌ・ルパンファンでも一部の人しか知らない幻の作品でした。70年越しの新作です。2012年5月22日発売予定。

これまで読める中でもっとも新しいものは、1939年にオート紙に連載された「ルパン最後の事件(21)」でした(原題の直訳は「アルセーヌ・ルパンの大財産」。「最後の恋」は、それに先立ち1936年から1937年に書かれたものです。

原稿にはこう書いてあるらしい。

私はそれがアルセーヌ・ルパンの最後の冒険であるかどうか、わかりません。しかし、私はそれが彼の最後の愛、唯一の愛であるということを知っています。

また、出版される本にはモーリス・ルブランの孫娘フロランスさんの序文と、ルブランの伝記作家ジャック・ドゥルアールさんの解説がついているようです。


ルブランの直筆原稿が映ってます。
Arsene Lupin ressuscite, 70 ans apres la mort de son createur - Le journal du Week-end - Replay(フランス語。動画あり。「アルセーヌ・ルパンは作者の死の70年後に生き返ります」)
http://videos.tf1.fr/jt-we/arsene-lupin-ressuscite-70-ans-apres-la-mort-de-son-createur-7257578.html

後半で「アルセーヌ・ルパン最後の恋」の話題。
Les visages du gouvernement - Hyper revue de presse - Decryptage - France Info(フランス語。音声あり)
http://www.franceinfo.fr/decryptage/hyper-revue-de-presse/les-visages-du-gouvernement-617881-2012-05-17
フロランスさんが出演。
Ecouter, reecouter Les Grosses Tetes du 18-05-2012 : l'emission radio de Philippe Bouvardsur RTL.fr(フランス語。音声あり)
http://www.rtl.fr/emission/les-grosses-tetes/ecouter/les-grosses-tetes-l-invite-surprise-du-18-05-2012-7748333221


Un inedit d’Arsene Lupin le 22 mai - 18-05-2012 - leParisien.fr(フランス語。「アルセーヌ・ルパンの未発表作品、5月22日」)
http://www.leparisien.fr/espace-premium/culture-loisirs/un-inedit-d-arsene-lupin-le-22-mai-18-05-2012-2005526.php
Arsene Lupin Une nouvelle aventure debarque en librairie France Soir(フランス語。「アルセーブ・ルパン、新しい冒険が本屋に上陸」)
http://www.francesoir.fr/loisirs/culture/arsene-lupin-une-nouvelle-aventure-debarque-en-librairie-226855.html
Arsene Lupin revient... - culture - France 3 Regions - France 3(フランス語。「アルセーヌ・ルパンが戻ってきます」)
http://haute-normandie.france3.fr/info/arsene-lupin-revient-73954881.html
polar Un inedit d'Arsene Lupin en librairie - Culture - lematin.ch(フランス語。「アルセーヌ・ルパンの未発表作品が本屋に」)
http://www.lematin.ch/culture/livres/Un-inedit-d-Arsene-Lupin-en-librairie/story/25855390
Arsene Lupin revient avec une aventure inedite - francetv info(フランス語。「アルセーヌ・ルパンが未発表の冒険とともに戻ってきます」)
http://www.francetv.fr/info/arsene-lupin-revient-avec-une-aventure-inedite_96085.html
Arsene Lupin, une ultime aventure, un dernier amour(フランス語。「アルセーヌ・ルパン、究極の冒険、最後の愛」)
http://www.actualitte.com/actualite/monde-edition/les-maisons/arsene-lupin-une-ultime-aventure-un-dernier-amour-34174.htm

Le dernier amour d'Arsene Lupin Amazon.fr Maurice Leblanc Livres(フランス語)
http://www.amazon.fr/dp/2353151523
Les Editions Balland - Bienvenue(フランス語。出版社のサイト)
http://www.editionsballand.com/


□2012/05/23
NHKでニュースになったようです。
「怪盗ルパン」未発表作品を出版 NHKニュース(動画あり)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120523/k10015309061000.html


□2012/05/29
フランスで「アルセーヌ・ルパン最後の恋」が出版(続)

2012/05/19

雑誌「イブニング」2012年11号 「アバンチュリエ」第29回

森田崇氏による漫画。モーリス・ルブラン原作“新訳アルセーヌ・ルパン”。
Chapitre29「金髪婦人 episode3 ハーロック・ショームズ戦闘を開始す その2」

ハーロック・ショームズは依頼人のクロゾン伯爵夫妻と会ってダイヤモンドを取り返すことを誓う。そしてクロゾンの城館に向かう汽車を途中で降りパリに引き返す。


ちょっっ扉絵www

ショームズの命令を真剣に聞くウィルソン君、ショームズの頼みとあらば真摯に実行するのであった(^^;; ウィルソン君にはさらなる試練が待ってるんだよね。頑丈であることを祈る。

ルパンが言う恐ろしさってこれかい!っていう(笑) ほんっとガキなんだから。ショームズさんもわりと沸点低い? だめだよ乗っちゃあ。


次回は6月12日発売号に掲載予定。

森田崇「アバンチュリエ」情報


□2012/06/13
次回は6月26日発売号に掲載予定。

2012/05/07

榎木洋子「ウミベリ物語 花嫁候補は窓の下」

ウミベリ物語の4冊目、最終巻。龍が棲む世界「守龍ワールド」の作品です。オビには「守龍シリーズ ウミベリ国編 完結」と書かれています。

ミミはトルマス王子との結婚を控えて、女神の神殿に向かう。王妃になるための儀式のためだった。しかしミミは儀式につかう聖杯を落としてしまい、滞在が延期となってしまう。


レイスの見習い修行はまだまだ続くようだけれど、ミミとトルマスの物語はここで完結。幸せな作品でよかった。あのキャラの再登場もよかったです。過去シリーズで登場する地名が出てきて、読み返したいー。とくに白蓮国が舞台の「幻想祭」。

ウミベリ物語/花嫁候補は窓の下| 榎木 洋子/すがはら 竜| コバルト文庫|BOOKNAVI|集英社
http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=978-4-08-601635-3&mode=1

榎木洋子:守龍ワールド作品リスト

「花とゆめ」2012年11号 スキップ・ビート!感想

著者:仲村佳樹

キョーコは、昼食を摂りながら、坊姿のキョーコを前に大切な存在は作れないと言った蓮のことを思い起こしていた。村雨が踏んだ地雷のことや、蓮の言葉から、誰かが敦賀さんのせいでなくなったのでは?と思い浮かぶ。


社さんも蓮の感情表現パターンから、いつもより無駄にニコニコしているように見える蓮には何かがあったのではとうすうす気づく。蓮は貴島(DARK MOONの打ち上げでキョーコを美人に変身させた)と一緒の仕事中。CM撮影。貴島はおやつの鯛焼きが美味しかったことを口実にキョーコにメールを送る。貴島がDARK MOON共演の先輩女優ともアドレス交換していると知って、キョーコはうかつにもメールアドレスを教えてしまっていたのだった(このあたり貴島氏の周到な作戦があったようだ)。

貴島からのキラキラしてウゴウゴと鯛焼きが動くデコメールを見てうっとりするキョーコ。先輩に対して失礼だと思いつつも、一カ所だけデコって送る。抹茶が大好きだという「大好き」の文字。メールを送信した時点ではまだ余裕だった蓮だったが、キョーコのデコメールを見て、瞳だけでなくもはや口すら笑っていない。社さんはその顔をチラ見してヤバイと思う。


一方尚は一瞬光ったスマートフォンを見て(受信したメールを見て?)どこかに出かけようとする。祥子さんにどこ行くのと聞かれて、学校って答えてるけど、自分の学校じゃなくてキョーコの学校なんだろうな。

昼食をとっているキョーコを憎らしい目で見ている美森(尚ラブでキョーコの同級生)の姿があったから、メールは美森からかも。


次回12号はお休みで13号から再開。
「スキップ・ビート!」感想のバックナンバーはこちらから。

森田崇「アバンチュリエ」第3巻入手のこと

モーリス・ルブラン原作“新訳アルセーヌ・ルパン”。雑誌「イブニング」連載作品。

イブニング|アバンチュリエ|作品紹介|講談社コミックプラス
http://kc.kodansha.co.jp/content/top.php/1000005539
イブニング|アバンチュリエ(3)|作品紹介|講談社コミックプラス
http://kc.kodansha.co.jp/product/top.php/1234642384
アバンチュリエ(3) 森田崇 講談社
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=3524051

収録内容はChapitre16~23。「ハートの7」のその5~6、「遅かりしHerlock Sholmes(ハーロック・ショームズ)」の前編・中編・後編、「赤い絹のショール」の前編・中編・後編。

「遅かりしHerlock Sholmes」は雑誌ではその2、その3という書き方だったのだけれど、3回で終わったからか、前・中・後編になっている。


おおむね原作の単行本順に進んできたけれど、ここにきて、単行本「怪盗紳士ルパン」からは何作か飛ばされ、「赤い絹のショール」は単行本「ルパンの告白」からの出張。ひとたび読めば、それもこれも「アバンチュリエ」のメインテーマを浮かび上がらせるためだと理解できます。
今回ハーロック・ショームズとして登場しますが、原作通り。翻訳ではシャーロック・ホームズと変えられることが多いけれど、イギリスの探偵は「Herlock Sholmes」なのです。そのままの名前で漫画化されることが画期的。Sholmesのeにはアクサン(アクセント符号)が付いているのだけれど、このブログでは省略してます。間違うとイヤだし、あとからログを検索できなくなるから(^^;;

作者コメントにあるように、ルパン世界において「ハーロック・ショームズ」は最強の探偵。これは私も同意見です!


森田崇「アバンチュリエ」情報
森田崇「アバンチュリエ」第3巻が2012年4月23日発売予定

雑誌「イブニング」2012年10号 「アバンチュリエ」第28回

森田崇氏による漫画。モーリス・ルブラン原作“新訳アルセーヌ・ルパン”。
Chapitre28「金髪婦人 episode3 ハーロック・ショームズ戦闘を開始す その1」

アルセーヌ・ルパンと「わたし」が会食をしていたレストランに入ってきた人物はハーロック・ショームズと友人のウィルソンだった。一旦は逃げようとしたルパンだったが、ショームズと同席することを選ぶ。


ウィルソン君やめてwww 絵にされると笑いなしで読めなくなるじゃないか(笑)

こののピリピリした会話、ものすごく好きだ!! ショームズとルパンの会話はある意味ボケだよね。原作にある言葉を使うなら皮肉合戦なんだけど、皮肉ってなかなか理解しにくいことの一つだ。皮肉ってイコール嫌みじゃなんだけど、そう受け取られてしまってることもあるね。

この会話、原作では「おだやかに談笑した」って書いてあるんだよ。これが穏やかだよ。額面通り受け止めたらボケつぶしになるっていう意味でボケ。

「僕はめったにあわてたりしない人間だが」←ねえねえ、ティベルメニル城の醜態は?(・∀・)


未だ名もなきC兄弟の一人がこっそり。手下を待機させてたってことは、ルパンはショームズが来るのを待ちかまえていたはずなのに、前回の驚きようったら。たぶん、よりによってこの店かい!よりによってその席かい!って気分なんだろう。

ところでソーダとビールとウイスキー、これってどういうオーダーなんだろう? ソーダは割る用? 飲料水の代わり? ウィルソン君用にソーダ、ルパン用にビール、自分用にウイスキーだったらちょっと萌える。


森田崇「アバンチュリエ」情報

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ