« 「魔法使いサリー」「バビル2世」「仮面の忍者赤影」が豊島区の職員用名刺に登場 | トップページ | 森田崇「アバンチュリエ」第3巻入手のこと »

2012/05/07

雑誌「イブニング」2012年10号 「アバンチュリエ」第28回

森田崇氏による漫画。モーリス・ルブラン原作“新訳アルセーヌ・ルパン”。
Chapitre28「金髪婦人 episode3 ハーロック・ショームズ戦闘を開始す その1」

アルセーヌ・ルパンと「わたし」が会食をしていたレストランに入ってきた人物はハーロック・ショームズと友人のウィルソンだった。一旦は逃げようとしたルパンだったが、ショームズと同席することを選ぶ。


ウィルソン君やめてwww 絵にされると笑いなしで読めなくなるじゃないか(笑)

こののピリピリした会話、ものすごく好きだ!! ショームズとルパンの会話はある意味ボケだよね。原作にある言葉を使うなら皮肉合戦なんだけど、皮肉ってなかなか理解しにくいことの一つだ。皮肉ってイコール嫌みじゃなんだけど、そう受け取られてしまってることもあるね。

この会話、原作では「おだやかに談笑した」って書いてあるんだよ。これが穏やかだよ。額面通り受け止めたらボケつぶしになるっていう意味でボケ。

「僕はめったにあわてたりしない人間だが」←ねえねえ、ティベルメニル城の醜態は?(・∀・)


未だ名もなきC兄弟の一人がこっそり。手下を待機させてたってことは、ルパンはショームズが来るのを待ちかまえていたはずなのに、前回の驚きようったら。たぶん、よりによってこの店かい!よりによってその席かい!って気分なんだろう。

ところでソーダとビールとウイスキー、これってどういうオーダーなんだろう? ソーダは割る用? 飲料水の代わり? ウィルソン君用にソーダ、ルパン用にビール、自分用にウイスキーだったらちょっと萌える。


森田崇「アバンチュリエ」情報

« 「魔法使いサリー」「バビル2世」「仮面の忍者赤影」が豊島区の職員用名刺に登場 | トップページ | 森田崇「アバンチュリエ」第3巻入手のこと »

アルセーヌ・ルパン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/54653533

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌「イブニング」2012年10号 「アバンチュリエ」第28回:

« 「魔法使いサリー」「バビル2世」「仮面の忍者赤影」が豊島区の職員用名刺に登場 | トップページ | 森田崇「アバンチュリエ」第3巻入手のこと »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ