« 雑誌「花とゆめ」2012年8号のスキップ・ビート!についての予告 | トップページ | 森田崇「アバンチュリエ」第3巻が2012年4月23日発売予定 »

2012/03/13

雑誌「イブニング」2012年6号 「アバンチュリエ」第24回

森田崇氏による漫画。モーリス・ルブラン原作“新訳アルセーヌ・ルパン”。
Chapitre24「金髪婦人 episode1 23組514番」

数学教師のジェルボワの屋敷から、買ったばかりの年代物の机が盗まれた。ジェルボワは買ったときに声をかけられた男が盗んだのではないかと疑うが、犯人は見つからない。ある日宝くじの当選発表があり、ジェルボワは自分のくじが当選したことに気づくが、当たった宝くじは盗まれた机の中だった。そして、アルセーヌ・ルパンが、自分は本物の当選くじを持っていると宣言する。


原作は「金髪婦人(2-1)」。「ルパン対ショルメス(2)」ののメインとなる中編(長編)。原作に登場するのはシャーロック・ホームズの綴りを変えたHerlock Sholmesですが、当ブログで使用しているエルロック・ショルメスはフランス語読みで、アバンチュリエのハーロック・ショームズは英語読みとなります。


ちょっと性急な感じがする。やや長い物語を縮めてあるので。最初の事件ゆえか、原作はゆったりと徐々に輪郭を作っているのでね。

やはりショームズ(withウィルソン)登場させてきたか。ヴィクトリア女王死去という歴史的背景を絡めてくるのもアバンチュリエならでは。ドイツのヴィルヘルム2世はイギリスのヴィクトリア女王の孫。これ試験に出るから覚えておくよーに(嘘) ショームズはルパンの臭いを嗅ぎつけているようだ。ガニマールちゃんも嗅ぎつけてはいるんだけどね。損な役割かな(^^;;

シュザンヌが手紙を大切にしまうところ、ちゃんと書かれていて良い。恋する乙女はかわいい。それにしても、うら若き乙女の秘密を読むなんて! にやにや読んだんだろうなあ。他人の恋には余裕だから。それでもってよいことをしたと自画自賛でご機嫌な男(笑)

今回と同じくらい、ご機嫌で調子こいてる例のシーンが楽しみ。次の次の次くらいかなあ?


森田崇「アバンチュリエ」情報

« 雑誌「花とゆめ」2012年8号のスキップ・ビート!についての予告 | トップページ | 森田崇「アバンチュリエ」第3巻が2012年4月23日発売予定 »

アルセーヌ・ルパン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/54209102

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌「イブニング」2012年6号 「アバンチュリエ」第24回:

« 雑誌「花とゆめ」2012年8号のスキップ・ビート!についての予告 | トップページ | 森田崇「アバンチュリエ」第3巻が2012年4月23日発売予定 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ