« 雑誌「イブニング」2012年4号 「アバンチュリエ」第22回 | トップページ | 「Les Aventures extraordinaires d'Arsene Lupin」入手のこと »

2012/02/07

「花とゆめ」2012年5号 スキップ・ビート!感想

カイン@蓮が村雨の首を絞めあげたのと同時刻、尚はスマートフォンで変身キョーコ(DARK MOON打ち上げ時)を見ていた。自分のかっこいい動画を見ていた時に、関連動画として出てきたらしい。

美女に変身したキョーコを見て、妖怪七変化だ恐ろしい女だと思う。美女の生き血をすすって美貌を保つ女吸血鬼のようだとさえ思う。隣に座る蓮の魂まですすったのか?という妄想と怒りのままキョーコの留守電相手におまえは妖怪魂ススリだー!と叫ぶ。

どうやら美女に変身したキョーコがとても琴線に触れたらしいのだが、素直に認めたくないゆえか、ゆがみきってしまっている。祥子さんが戻ってきたときにはすっかり仁王化した尚だった。


キョーコはその意味不明な伝言を聞いて尚だと分かったけれど、とりあえず蓮に聞かれていなかったのでほっとする。しかし、今の蓮には聞かれても怒る元気がないかもしれないと思う。暴走を止めてくれてありがとうと言ったのはカイン・ヒールとしてではなく、蓮として言ったのだろうと。そう思っていると、今日のことで話があると、B・Jの監督が蓮とキョーコ(クオン兄妹)の部屋を訪れた(時間は真夜中)。


監督が訪ねてきたとき、蓮は入浴中。今日のことを思い返していた。村雨の正直な気持ちを吐露した無神経な詰りが、昔似たようなことを言われたアイツを思い出して、またクオンの理性がぶちきれそうになったことを。キョーコは自分の様子がおかしいことを気づいているのに、その理由を聞かない。それは妹セツを演じてのことだ。なのに、自分は役を忘れて暴走しようとする。そして、芝居への気持ちを再び思い起こそうとする。


また尚はちょっかい出しに来そう(^^;;
少年クオンはお初? 回想で、素直に喜んでくれるキョーコを相手に笑顔を見せるクオン。

次2回開くのか。8号&9号は連続掲載とわざわざ書くほどちょっと休み気味だよね。8号と30巻は3月19日で同じ日に発売だから、単行本の修正を入れるんだろうなあ。


次回6、7号はお休みで8号から再開。
単行本第30巻が3月19日発売予定。
「スキップ・ビート!」感想のバックナンバーはこちらから。

« 雑誌「イブニング」2012年4号 「アバンチュリエ」第22回 | トップページ | 「Les Aventures extraordinaires d'Arsene Lupin」入手のこと »

スキップ・ビート」カテゴリの記事

コメント

いつも、分かりやすい解説ありがとうございます単行本楽しみになりますよ。また、次回の更新楽しみにしています

ありがとうございます(^^) 単行本、楽しみですね。

単行本発売まで待てないため、ブログの花ゆめ情報をチェックしています。
妄想しつつ。。。30巻の発売、楽しみですね。

読んでくださってありがとうございます(^-^)
単行本まであと1ヶ月切りましたね。楽しみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/53927972

この記事へのトラックバック一覧です: 「花とゆめ」2012年5号 スキップ・ビート!感想:

« 雑誌「イブニング」2012年4号 「アバンチュリエ」第22回 | トップページ | 「Les Aventures extraordinaires d'Arsene Lupin」入手のこと »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ