« ラダーシリーズ「怪盗ルパン傑作短編集」が発売 | トップページ | 森田崇「アバンチュリエ」第2巻発売予定 »

2011/10/29

雑誌「イブニング」2011年22号 「アバンチュリエ」第18回

森田崇氏による漫画。モーリス・ルブラン原作“新訳アルセーヌ・ルパン”。
Chapitre18「遅かりしHerlock Sholmes」

銀行家ドヴァンヌのティベルメニル城。盗まれた図書からアルセーヌ・ルパンが城に盗みに入るのではないかと推測したドヴァンヌは、イギリスの探偵ハーロック・ショームズに捜査を依頼していた。晩餐会の招待客ヴェルモンがルパンに似ているとからかいつつ、ドヴァンヌはショームズと、城にあるという秘密の地下道について話をする。


原作は「遅かりしエルロック・ショルメス(1-9)」。原作単行本では「ハートの7(1-6)」のあとに2編あるけれど、飛ばしてメインとなる話を進めていくらしい。(作者のネットでの発言によると、連載が進んだ後サイド・ストーリーとして書く意向はあるようだ。)


真っ先に浮かんだAAが↓だった(笑)
   ∧_∧
.  ( ´∀`)
.  ( つ ⊂ )
(ずれてるかもしれないけど、腹抱えて笑うの図(^^;;)
あの驚きっぷり(笑)

ルパンは二面性の強い、盗みという行為の狂気にの面がかいま見られるように描かれている。これは「王妃の首飾り」でもそうなっていた。
ドヴァンヌ、すねたり赤くなったりかわいい。

ハーロック・ショームズ。Herlock Sholmesの英語読み。イギリス人だからね。当ブログで使ってる「エルロック・ショルメス」はフランス語読みです。

ハーロック・ショームズとコナン・ドイルの小説中の人物とは別物。私もその解釈(^^;; しかしドヴァンヌと招待客の中にあるのは、インバネスコートを着て、パイプを咥えた例の姿の人物。果たしてその実体は…。


「汝の欲する所を為せ」。これはラブレーの「ガルガンチュアとパンタグリュエル」にでてくる言葉から来ている。この概念はセレマと呼ばれるらしい(冠婚葬祭ではない)。「汝の欲する所を為せ」そうおっしゃるなら、欲する所を為しましょうって決行した結果があれだ(笑) たぶん七十になってもの欲する所に従って矩(のり)を踰(こ)えまくりなんだろうなあ。

セレマ - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%AC%E3%83%9E


森田崇「アバンチュリエ」情報

□2011/11/03
情報を見落としてました。
次回は11月22日発売号に掲載予定。

« ラダーシリーズ「怪盗ルパン傑作短編集」が発売 | トップページ | 森田崇「アバンチュリエ」第2巻発売予定 »

アルセーヌ・ルパン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/53113445

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌「イブニング」2011年22号 「アバンチュリエ」第18回:

« ラダーシリーズ「怪盗ルパン傑作短編集」が発売 | トップページ | 森田崇「アバンチュリエ」第2巻発売予定 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ