« ラ・メユレー駅 - カリオストロ伯爵夫人(13) | トップページ | 「スキップ・ビート!」の台湾ドラマに関するニュース 7 »

2011/08/16

フランスの鉄道に関するメモ

フランスでは19世紀に最初の鉄道が敷かれ、ベル・エポックの頃には全土に渡って鉄道網が発達していた。

アルセーヌ・ルパンシリーズにとって再重要路線といえば、パリ=ルーアン線である。
Ligne Paris-Saint-Lazare - Le Havre - Wikipedia(フランス語)
http://fr.wikipedia.org/wiki/Ligne_Paris-Saint-Lazare_-_Le_Havre

「謎の旅行者(1-4)」でアルセーヌ・ルパンと男が追いかけっこを繰り広げたのは、ルーアン=アミアン線の列車である。
Ligne Amiens - Rouen - Wikipedia(フランス語)
http://fr.wikipedia.org/wiki/Ligne_Amiens_-_Rouen

ルパンシリーズの主要舞台、エトルタにも鉄道が通っていた(現在は廃線)。
Ligne Les Ifs - Etretat - Wikipedia(フランス語)
http://fr.wikipedia.org/wiki/Ligne_Les_Ifs_-_%C3%89tretat

イフ=エトルタ線は1895年に開通。なるほど、だから1894年設定の「カリオストロ伯爵夫人(13)」では、エトルタに行こうとしたジョゼフィーヌがフェカン駅で下車したのか。

現在はサイクリング専用の線路になっている。Velorailともいう。
La France Vue Du Rail: Train Touristique Etretat Pays de Caux(フランス語)
http://www.lafrancevuedurail.fr/ttepac/


参考リンク。
フランスの列車・国鉄 SNCF [フランス・ツーリズム旅行情報局]
http://france-tourisme.net/f-rail0.htm
フランスの鉄道地図 III-ウェブ版 地図と鉄道のブログ
http://homipage.cocolog-nifty.com/map/2009/01/iii-4014.html

« ラ・メユレー駅 - カリオストロ伯爵夫人(13) | トップページ | 「スキップ・ビート!」の台湾ドラマに関するニュース 7 »

よろづ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/52491424

この記事へのトラックバック一覧です: フランスの鉄道に関するメモ:

« ラ・メユレー駅 - カリオストロ伯爵夫人(13) | トップページ | 「スキップ・ビート!」の台湾ドラマに関するニュース 7 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ