« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011/07/31

盗人神ヘルメース - メルキュール骨董店(12-8)

※以下の文章は「メルキュール骨董店(12-8)」の内容に触れています。※


「八点鐘(12)」最後の短編は「メルキュール骨董店」が舞台となっている。店主はメルキュールの像を幸運をもたらすお守りとして大切にしていた。メルクリウス(フランス語ではメルキュール)はローマ神話の神様で、ギリシャ神話のヘルメース(フランス語ではエルメス)と同一視された。

ヘルメース特有の持ち物としては次のようなものがある。ケーリュケイオンはフランス語でカデュセとなる。

ヘルメースの姿は、時代によってその描かれ方が異なるが、古典期以降は、ペタソスと呼ばれる旅行用の鍔広の帽子をかぶり、「ケーリュケイオン」と呼ばれる使者の杖をたずさえ、足には翼の生えたくつを履いた若々しい美青年の姿であらわされるのが常であった。(「ホメーロスの諸神讃歌」P274-275、「ヘルメース讚歌」解題)

テラッコッタのマーキュリー像が安置されていた。片脚で立ち、両足首には羽根が生えていて、おきまりの蛇杖カデュセを片手にしている。(新潮文庫「八点鐘」P353)

そして確かに幸運をもたらす神としての属性がある。

ヘルメースを讃め歌え、ムーサよ、ゼウスとマイアの御子、
キューレネーと羊多いアルカディアを統べる神、
幸運もたらす御使者みつかいを。(「ホメーロスの諸神讃歌」P215、「ヘルメース讚歌」)

メルクリウスの名で、彼は幸運の使者として多くの文学作品に登場する。その役柄上、キリスト教の大天使ガブリエルやミカエルと混同されることもある。(「図説ギリシア・ローマ神話文化事典」P204)

しかし、このヘルメースはとんでもない神様で、生まれたその日に盗みを働いたというエピソードを持つのだ。

その時かのニンフが産んだのは、策略に富み、奸智に長け、
盗人にして牛を追う者、夢をもたらし、夜陰をうかがい、門口を見張る神であった。
この神はさっそくに、不死なる神々の間で聞こえも高い所業を顕わすこととなった。
暁時に生れ落ちると、昼間にははや竪琴をかき鳴らし、
日暮れには遠矢射るアポローンの牛を盗んだのだ。(「ホメーロスの諸神讃歌」P216、「ヘルメース讚歌」)

牛を盗んだ後、何か悪いことをやってきたに違いないと母親に咎められると、悪びれずに言い返す。

「母上、どうしてそんな言葉でわたしをお咎めになるのです。
(略)
父上がお許しにならないとなら、それならばなることができますから、
ひとつ盗賊の頭目になるようにでもしましょう。(略)」(「ホメーロスの諸神讃歌」P224-225、「ヘルメース讚歌」)

なんという赤子(笑)

このように、ユーモアのある形で語られるのだが、最後のあたりでマイナスのイメージが強調される(この部分は後代に足されたものらしい)。

ヘルメースはあらゆる人間や神々との交わりもつ神。
人を益すること少なく、闇垂れこめる夜の続くかぎり、
果てしなく人間のうからを騙し続ける神である。(「ホメーロスの諸神讃歌」P250、「ヘルメース讚歌」)


ヘルメースは盗賊なのだ。ローマ神話のメルクリウスはそもそも「商売」という言葉と同じ語源を持つ商業の神だったが、ヘルメースの神話がそのまま適用された。「レ・ミゼラブル」ではメルクリウスが盗賊の代名詞として使われている。

このような社交界は、オリンポスの山である。メルクリウス神もゲメネ公もそこに一緒に住んでいる。盗賊でも、神ならば、そこに入ることが許されるのである。(「レ・ミゼラブル」3巻P55)

メルキュール骨董店の店主は幸運の神としてメルキュール像を大切にしていた。あるいは盗んだ疚しさから守ってもらおうとしたのかもしれない。しかし、相手が相手、正体が泥棒であってみれば、かなうわけがない。アルセーヌ・ルパンの守護神でもあるのだから。


ちなみに、ヘルメースは牛を盗むときある悪知恵を働かせている。盗んだ牛をそのまま歩かせるようなことはしなかった。

そして足跡の向きを逆にさせ、砂地のあたりでかなたこなたと追いまわした。
策略を用いるのにもぬかりなく、蹄の向きが逆になるように、
前足が後ろに後足が前になるよう歩かせ、じぶんはそれと向き合って歩いた。(「ホメーロスの諸神讃歌」P219、「ヘルメース讚歌」)

(「八点鐘(12)」のある短編が思い浮かぶなあ…)


□参考文献・参考サイト
ルネ・マルタン監修「図説ギリシア・ローマ神話文化事典」松村一男訳、原書房、1997年
ホメーロス「ホメーロスの諸神讃歌」沓掛良彦訳、ちくま学芸文庫、2004年(「ヘルメース讚歌」)
ユゴー「レ・ミゼラブル」佐藤朔訳、全5巻、新潮文庫、1996年(改版)
Hermes - Wikipedia(フランス語。「ヘルメース」)
http://fr.wikipedia.org/wiki/Herm%C3%A8s
Mercure (mythologie) - Wikipedia(フランス語。「メルクリウス」)
http://fr.wikipedia.org/wiki/Mercure_(mythologie)
nouse ホメーロス「ヘルメース讃歌 (ΕΙΣ ΕΡΜΗΝ)」読解 (ヘルメースの属性に関する部分)
http://yeblog.cocolog-nifty.com/nouse/2007/04/post_bb54.html
テオポリス――ギリシア神話データベース&西洋絵画紹介:ヘルメス(長音表記ヘルメース)
http://www.h6.dion.ne.jp/~em-em/page007.html

メルクリウスとヘルメス

□2011/08/06 最終更新


※以上の文章は「メルキュール骨董店(12-8)」の内容に触れています。※

2011/07/30

雑誌「イブニング」2011年16号 「アバンチュリエ」第13回

森田崇氏による漫画。モーリス・ルブラン原作“新訳アルセーヌ・ルパン”。
Chapitre13「ハートの7 その2」

自殺した男は銀行家の名刺を握りしめていた。男の正体は判明したが、自殺の理由、名刺を握りしめていた事情、そして男の傍らから見つかった二枚目のハートの7のカードの意味は不明のままだった。ある日親友ダスプリが示した新聞には、「ハートの7」という名前の潜水艦の試運転に関する記事が載っていた。


今回はフランス近代史のお勉強回。普仏戦争って三十年前のお話なんだよね(作中時間が複数あるからややこしいんだけど、「わたし」とダスプリにとって)。といってもそれよりはるか前からなんだかんだと摩擦があったようだけど…。

潜水艦、そして、潜水艦を潜水艦の研究をしていたルイ・ラコンブという技師の存在が浮かびあがってきた。「ハートの7」はフランス語は「Le sept de coeur」、ドイツ語だと「Herzsieben」とでもなるのかな。

きらきらダスプリもかわいいけど、奇妙な屋敷に同意つっこみいれてる「わたし」も軽くかわいい。なぜ借りた(笑)

森田崇「アバンチュリエ」情報

榎木洋子さんの守龍亭がコミックマーケットに参加

榎木洋子さんが8月14日のコミックマーケットに参加して、デビュー20周年の記念本と再録本を出されるようです。

再録本はとらのあなでも予約できるようですが、予約できなかった場合でも、8月14日の発行日以降に購入できるようです。20周年記念本も8月14日以降に購入できるようになるそうです。

コミックマーケット参加記事の1 | きりきりしゃんと!
http://blog.shuryu.com/?eid=57
夏コミ・再録本のお知らせ | きりきりしゃんと!
http://blog.shuryu.com/?eid=58
夏コミの再録本・予約開始 | きりきりしゃんと!
http://blog.shuryu.com/?eid=61

守龍亭
http://www.shuryu.com/
きりきりしゃんと!
http://blog.shuryu.com/


「龍の月 明の星」は同人誌古書店で入手して持っていますが、新しいものが買えるのはうれしい。20周年記念本も入手したい。


8月1日発売の雑誌「コバルト」9月号でも20周年特集があり、新作を書かれるようです。


□2011/08/06
コミックマーケットでは再録本と新刊の二種類が出るようですが、新刊の表紙が紹介されています。
夏コミの新刊 | きりきりしゃんと!
http://blog.shuryu.com/?eid=68

とらのあなで新刊の予約ができるようです。
同人誌・予約始まってました | きりきりしゃんと!
http://blog.shuryu.com/?eid=70

2011/07/18

iPhoneでフランスの地図を見る

iPhoneでは標準でGoogleのMapが使えるけれど、私の場合、地名(と地形)が確認できることが大切なので力不足。フランスの国立地理調査所(IGN)が提供するGeoportailが使えないかと探してみた。環境はiPhone 4。

1.iPhone版Geoportail
Geoportail
http://geobar.pureftpd.org/

動きがもっさり。3G環境でもWi-Fi環境でも。拡大・縮小マークを押しても反応がにぶく、希望の場所まで移動しづらい。検索ができない。

2.PC版Geoportail+Puffin
Geoportail - le portail des territoires et des citoyens
http://www.geoportail.fr/
iTunes App Store で見つかる iPhone、iPod touch、iPad 対応 Puffin Web Browser
http://itunes.apple.com/jp/app/puffin-web-browser/id406239138?mt=8

PuffinはiPhoneでFlashが見られるアプリ。こちらも動きがもっさり。操作面でも、Puffinのドラッグ・モードとパン・モードをうまく切り替える必要があり、慣れないと難しい。すなおにiPhone版を見た方がよい。パソコン環境がない場所で特別な地図(古地図など)を閲覧したい場合には使わざるを得ないだろうけど。


3.iPhoneアプリ「iPhiGeNie」(イフィジェニィ?)
iPhiGeNie - cartes IGN sur iPhone - presentation
http://xn--iphignie-f1a.com/
http://www.iphigénie.com/
iTunes App Store で見つかる iPhone、iPod touch、iPad 対応 iPhiGeNie, cartes de France
http://itunes.apple.com/jp/app/iphigenie/id350346756?mt=8

専用アプリだけあって詳しいし、使いやすい。Webブラウザで見るより動きがなめらか。ただ、一ヶ月お試しで、それ以降は金がかかるようだ(そうなってみないと分からないけど)。検索も金がかかるのか、方法が分からなかった。ノルマンディ地方でも住宅地図に近いほどまで拡大できるので、魅力的だけれど、ライセンスが必要な上に一年単位なのが残念。


おそらくどれも共通するのだけど、下手にGPS(位置情報サービス)オンにしておくと日本に飛ばされる。見たいのはフランスだから!


□2011/08/16
「iPhiGeNie」の試用期間が過ぎて、地図データがダウンロードできなくなった。有料アドオンは高いので、iPhone版Geoportailで過ごすことにする。

2011/07/15

「ルパン」上演予定

こんな情報がありました。

837B 第2回公演 『ルパン』特設サイト
http://837b.jpn.org/

-アルセーヌ・ルパン-

紳士にして怪盗、詐欺師、冒険家。
変装の名人。

かつて世界中を震撼させた、神出鬼没の大泥棒“怪盗アルセーヌ・ルパン”も、
今や子どもに聞かせるおとぎ話の登場人物にすぎません。

そんな怪盗ルパンに憧れる少年、へっぽこ泥棒ラウールは
ひょんな事から、不思議な“ルパンの薬”を手に入れます。
実はこの薬、他人の体に入り込むことが出来る、とんでもない薬だったのです!

日時:2011年 7月 30日(土) 15:00~ / 19:00~
         31日(日) 14:00~
場所:in→dependent theatre 1st

インディペンデントシアター 公演スケジュール | 837B PRESENTS
http://itheatre.blog62.fc2.com/blog-entry-532.html

2011/07/14

雑誌「イブニング」2011年15号 「アバンチュリエ」第12回

森田崇氏による漫画。モーリス・ルブラン原作“新訳アルセーヌ・ルパン”。
Chapitre12「ハートの7 その1」

少女に請われてアルセーヌ・ルパンの話を語る男。話はいよいよルパンとの出会いに及ぶ。ある夜、友人たちとの会食から帰宅すると、身動きするなと脅迫する手紙があった。隣室からきこえる大きな物音になすすべがなく一夜あけると、盗られたものはなにもなく、代わりに見つけたのがトランプのハートの7の札だった。一見普通のトランプだが、7つのハートのマークの先端には穴があいていた。


原作は「ハートの7(1-6)」。前中後編に収まらないから「その1」らしい。

第1回の冒頭にでてきた男と少女が再登場。「わたし」が彼女にたいして語るというスタイルで始まる。うまく単行本と連動してる(笑) そもそも私、原作も販促を兼ねた(販売戦略に則った)話だと思うんだよね。ちょくちょく姿を垣間見せいた「わたし」が姿をちゃんと現す。そして単行本発売へつながるっていう流れになっているので。

「わたし」については、ルブランの肖像写真を意識した構図のコマがあるけれど、キャラクターデザインは変えてある。原作通り名無しさんでいくのだろうか。

モザイク部屋ってこんな部屋だったのかあ。とのんびり感心しちゃうけれど、描くほうは大変だよね。うーん、すごい。帽子掛けにしたところはうまいと思った。そしてラスト「あの男」が! あおるあおる。着々と布石が敷かれてる。


森田崇「アバンチュリエ」情報

2011/07/12

7月13日午後10時(その2)

※以下の文章は「奇岩城(4)」の内容に触れています。※


次に、夜10時頃という時刻に注目してみた。これは読書灯しかつけていなかった理由でもあるのだけれど、パリは日本より高緯度なので、夏の夜10時は日がとっぷり暮れた夜中ではなく、日没に近いのではないだろうか。

日の出と日の入りの情報が掲載されているサイトで調べてみた。今年2011年の情報だが、100年ちがっていても、参考にはなると思う。

■パリ■
Astronomical
Twilight
Nautical
Twilight
Civil
Twilight
設定DatestartsendsstartsendsstartsendsSunriseSunset
夏時間2011年4月23日4:4122:595:2922:116:1121:286:4520:54
補正後3:4121:594:2921:115:1120:285:4519:54
夏時間2011年7月13日2:560:574:2423:285:2022:326:0121:51
補正後1:5623:573:2422:284:2021:325:0120:51
■東京■
Astronomical
Twilight
Nautical
Twilight
Civil
Twilight
設定DatestartsendsstartsendsstartsendsSunriseSunset
2011年4月23日3:2719:534:0119:194:3318:474:5918:20
2011年7月13日2:4920:443:2920:044:0519:284:3518:58

元にした情報は以下のサイト。
timeanddate.com(英語)
http://www.timeanddate.com/
Sunrise and Sunset for France - Paris - July 2011(英語)
http://www.timeanddate.com/worldclock/astronomy.html?n=195&month=7&year=2011&obj=sun&afl=-13&day=1
Sunrise and Sunset for Japan - Tokyo - July 2011(英語)
http://www.timeanddate.com/worldclock/astronomy.html?n=248&month=7&year=2011&obj=sun&afl=-13&day=1


4月23日については後で触れる。東京の値は参考までに。どれほど信頼できる情報なのか分からないが、国立天文台のサイトを見ると東京の情報は合致するようである。「奇岩城」当時は夏時間ではないので時間補正をした。したがって「夏時間」ではなく「補正後」の時間が該当する(計算逆だったりして…)。

夏時間 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%8F%E6%99%82%E9%96%93
国立天文台 天文情報センター 暦計算室
http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/
Rising, Setting, Transit of the Sun (Tokyo - 2011-07-09)
http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/dni/2011/hdni13113.html

さて、表にはTwilight(薄明)の時間が入っている。日が没しても、しばらくほの明るい時間が続く。薄明といっても明るさが変わっていくから、だいたい3段階に分けて書かれている。

こよみのページ:黄昏時の長さ(薄明の話)
http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0502.htm
薄明 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%96%84%E6%98%8E

Astronomical Twilight…天文薄明。6等星が肉眼で見分けられない明るさ。
Nautical Twilight…航海薄明。海面と空との境が見分けられる程度の明るさ。
Civil Twilight…市民薄明。まだ十分に明るさが残っていて、人工照明がなくても屋外で活動ができる明るさ。


正確にいえば、午後10時はルパンがボートルレと約束した時刻で、それより前に「わたし」の屋敷に着いているから、午後9時30分くらいと仮定すれば、市民薄明の時間帯になる。ちょうど、黄昏時である。黄昏の「たそがれ」というのは「あれは誰?」という意味で、人の顔が認識しづらさをあらわしている。

また、「わたし」が直前にとった行動や直前に得た情報に影響を受けやすい性質であることは「ハートの7(1-6)」で示されている通りである。「わたし」が読んでいたのは、アルセーヌ・ルパンの死亡を前提とした事件の概要を報じた記事であった。


「影の合図(6-3)」では次のような記述がある。

自分がもしも、アルセーヌ・ルパンを待っていなかったとしたら、この退役軍人の風態がまさか彼だとは見抜かなかったはずだ。(新潮文庫「ルパンの告白」P89/影の合図(6-3))

換言すれば、ルパンが来ることを知っていたので、見分けることができた、といえる。


「奇岩城(4)」の再会シーンは、伝記作家ですらアルセーヌ・ルパンを見破れなかったシーンとして引用されることがあるのだが、私には、だって仕方ないじゃないか。黄昏時だったし、手元の灯りしかつけていなかったし、彼が死んだという記事を目にしたところだったし、まさか彼だとは思わなかったんだ。っていういいわけが聞こえるのだ。


さて、比較になるかと思って表に入れてみた日付だが、4月23日は、冒頭のアンブリュメジーの事件が起きた日である。犯行が起きたのは午前4時。このときはまだ暗い(月の光が勝る)。しかし、撃たれた犯人をさがして、何が盗まれたかを点検して、とやっていれば夜が明ける時刻なのである。だから遺留品は一つで見落としはなさそうだと見通しはつく。そして、すっかり夜が明けた午前6時に警察に届け出た。


前→7月13日午後10時(その1)

※以上の文章は「奇岩城(4)」の内容に触れています。※

7月13日午後10時(その1) - 奇岩城(4)

※以下の文章は「奇岩城(4)」の内容に触れています。※


7月14日(フランス革命の記念日)の前日に、アルセーヌ・ルパンの伝記作家である「わたし」はルパンと再会する。しかし、「わたし」は訪問相手がルパンであることを認識するのに、少々時間がかかっているようである。

「あなたはだれですか? どうやってここへ入ってきたのですか? なにをしにきたんですか?」
彼はわたしの顔をじっとながめて、言った。
「ぼくがわからないのかね?」
「さあ……わからない!」
「へえ! そりゃ、おかしいね……よく考えてごらん……君の友人のひとりだよ……ちょっと特殊な種類の友人ではあるが……」
わたしは相手の腕をさっとつかんだ。
「うそおっしゃい!……あなたは、そういう人じゃない……そりゃ、うそだ……」
「じゃあ、なぜ、ほかの人のことよりその人のことが頭にあるのかね?」と彼は笑いながら言った。(岩波少年文庫「奇岩城」P137)

なぜ「わたし」はここまで相手がルパンだと認めるのに抵抗があるのだろうか。


一つには、部屋の照明の問題があるだろう。「わたし」は、男がやってくるまで、読書灯しかつけていなかった。

それから六週間めの、ある晩のことだった。わたしは、召使たちにあらかじめ休暇をやっておいた。七月十四日(フランス共和国革命記念日)の前夜だった。あらしがやってきそうな暑い晩で、外出する気にもなれなかった。バルコニー側の窓をあけっぱなしにし、電気スタンドをつけると、わたしはひじかけいすに腰をおろした。そして、まだ新聞を読んでいなかったので、目を通すことにした。もちろん、新聞はアルセーヌ・ルパンのことを報道していた。(岩波少年文庫「奇岩城」P131)

ボートルレを迎えるのが10時である。

彼は懐中時計をとりだして、ながめた。
「おや、十時か。電報が先方についていれば、まもなくくるはずだ……」(岩波少年文庫「奇岩城」P141)

ボートルレが到着した後、部屋の灯りをつけている。

ルパンは、口をきかず、わたしを不安にさせるような荘重な身ぶりで、部屋じゅうの電灯をつけた。部屋じゅうに光があふれた。(岩波少年文庫「奇岩城」P141)

暗がりから突如まばゆい灯りの中へ。灯りで浮かび上がる美少年。いいね。それにしても、「戯曲アルセーヌ・ルパン(3)」といい、この男は電気をつけるのが好きなようだ(笑)


次→7月13日午後10時(その2)

※以上の文章は「奇岩城(4)」の内容に触れています。※

2011/07/06

オーレル川今昔(その2)

※以下の文章は「バール・イ・ヴァ荘(17)」の内容に触れています。※


オーレル川は、以前は別の名前で呼ばれていた、ということだ。

「はい、祖父は、一七五〇年作成の屋敷の地図を持っておりました――まだパリにあると思います。ところが、それには川の名はオーレルとなっておりません。一七五九年には、まだベック・サレという名前でした」
ラウールは歓喜した。
「証拠は明白。すると、事のおこりは一世紀半足らず前のことで、ベック・サレすなわち塩川は、理由があって次第にオーレル川と名がかわったのだ。その後、その理由は、おそらく事実が稀だったために、忘れられてしまった。しかし、事実そのものは残って、今日われわれがその目撃者となったのだ」(創元推理文庫「バール・イ・ヴァ荘」P218/バール・イ・ヴァ荘(17))

「ベック・サレすなわち塩川」とこちらも至極あっさりと書かれているが、そうなのだろうか。「ベック・サレ」は「Bec-Sale」と綴る。(アクサン符号を省略するが、正確には「Bec-Salé」)

「sale」はフランス語の辞書を引けば意味が分かる。

sale
1 塩分を含んだ
(「ロベール仏和大辞典」)


ところが「bec」という言葉はフランス語の辞書を引いてもずばりの意味がなかなか出てこない。ノルマン語で「小川」(ruisseau)という意味なのである。

bec - Wiktionnaire(フランス語)
http://fr.wiktionary.org/wiki/bec

Normand
bec
1.Ruisseau

ノルマン語は「バール・イ・ヴァ荘」の舞台、ノルマンディー地方で使われていた言葉である(現在も話者がいるようだ)。この地はノルマン人(ヴァイキング)の影響が大きい土地であり、「bec」はノルマン人の故国・北欧の言葉から取り入れられた単語とされている。

Bec (homonymie) - Wikipedia(フランス語)
http://fr.wikipedia.org/wiki/Bec_(homonymie)
Bec (placename element) - Wikipedia, the free encyclopedia(英語)
http://en.wikipedia.org/wiki/Bec_(placename_element)
Normand - Wikipedia(フランス語。「ノルマン語」)
http://fr.wikipedia.org/wiki/Normand


プルーストの「失われた時を求めて」で、語り手にバルベック Balbec という地名の意味を尋ねられた人物(ブリショ)が答えるように、ノルマンディーには「ベック」の付く地名がいくつもある。

ノルマン語の bec は、小川なのです。ル・ベック le Bec の大修道院というのがありますね。(略)まだこのほかにもノルマンディには、たくさんの bec がありますね。コードベック Caudebec ボルベック Bolbec ル・ロベック le Robec ル・ベック=エルーアン le Bec-Hellouin ベックレル Becquerel などです。(「失われた時を求めて」第8巻P161)

いずれも実在する地名である。ルパンシリーズによく登場するコードベック=アン=コーのCaudebec は「冷たい小川」≪ froid ruisseau ≫という意味らしい(en-Caux はコー地方にあることを示す)。

Caudebec-en-Caux - Wikipedia(フランス語)
http://fr.wikipedia.org/wiki/Caudebec-en-Caux


余談ながら、「バッハは小川さん」というのを、むかーし「なまえのひみつ」とかその類の本で読んだことがある。音楽家バッハ(Bach)はドイツ語の小川(bach)と同じ綴りだから信じていたのだけれど、バッハの名字は「小川」とは関係ないらしい。でもドイツに多い固有名詞の「バッハ」はたいてい「小川」だろうと思う。この「bach」も「bec」と同根の言葉のようだ。

「813(5)」に登場するケッセルバッハ(Kesselbach)も「バッハ」持ち。「kessel」は鍋とか釜という意味らしい(鍋川さん?)。そういえばケッセルバッハはアウグスブルクの鍋釜業者の息子であった。

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ - Wikipedia
Bach - Wiktionary(ドイツ語)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%BC%E3%83%90%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%8F
Kessel - Wiktionary(ドイツ語)
http://de.wiktionary.org/wiki/Kessel
Bach - Wiktionary(ドイツ語)
http://de.wiktionary.org/wiki/Bach


□参考文献
R.H.C.デーヴィス「ノルマン人 その文明学的考察」柴田忠作訳、刀水書房、1981年
マルセル・プルースト「失われた時を求めて」第8巻、鈴木道彦訳、集英社、1999年
ヴェルナー・フェーリクス「バッハ-生涯と作品-」杉山好訳、講談社学術文庫、1999年


前→オーレル川今昔(その1)

※以上の文章は「バール・イ・ヴァ荘(17)」の内容に触れています。※

オーレル川今昔(その1) - バール・イ・ヴァ荘(17)

※以下の文章は「バール・イ・ヴァ荘(17)」の内容に触れています。※


「バール・イ・ヴァ荘(17)」はノルマンディー地方の村が舞台になっている。領地を流れる川があり、名前をオーレル川という。おそらくは架空のこの川の名前が、土地に秘められた秘密と関係があるようなのだが、説明が簡略なため、日本語で読む者にはわかりにくい。

「(略)わたしは、最初から、オーレル川の澄んだ水に目をつけた。また、わたしは最初から、この川の名前に注意した。その語原は意味深長なのだ。オーレルとは、金(オール)の川という意味じゃないか?(略)」(創元推理文庫「バール・イ・ヴァ荘」P189/バール・イ・ヴァ荘(17))

「オーレルとは、金(オール)の川という意味じゃないか?」と簡単に片づけられているが、なぜこう言えるのだろうか。「オーレル」は「Aurelle」と綴る。この言葉は「aur」と「elle」に分解できる。

aur(i)-
((合成語要素))(→or)「金」の意
 [ラテン語aur(i)←aurum]

-eau, -elle
1 ((名詞につく指小辞))「(ときに軽蔑的に)小さな…;動物の子」を表す
2 ((名詞、ときに動詞の不定詞につく))「…と関係のあるもの」を表す
(「ロベール仏和大辞典」)

フランス語で「金」は「or」(オール)だが、元はラテン語の「aurum」なので、派生語の語幹は「aur」(発音は「or」と同じ)で始まることがある。たとえば「aurifere」(金を含む)などの言葉だ。語尾に「elle」が付く言葉は多く、「tour」(塔)に対する「tourelle」(小塔、矢倉)などがある。つまり「オーレル」は「金」を表していることになる。
なお、「緑の目の令嬢(14)」のヒロインの名前オーレリー(Aurelie)も語源は「金」である。

aurum - Wiktionnaire(フランス語)
http://fr.wiktionary.org/wiki/aurum
Aurelie - Wikipedia(フランス語)
http://fr.wikipedia.org/wiki/Aur%C3%A9lie


次→オーレル川今昔(その2)

※以上の文章は「バール・イ・ヴァ荘(17)」の内容に触れています。※

2011/07/05

「花とゆめ」2011年15号 スキップ・ビート!感想

著者:仲村佳樹

村雨君びびりまくり(笑) 族時代(もちろん暴走族)に培った信念と根性でカイン@蓮に喧嘩を売ってしまったことを後悔。しかしその時自分が見た蓮の姿に、B・Jは演技ではないのじゃないかと思う。

セツ@キョーコに嬉しそうだったといわれて、カインは肉食の猛獣が、生かさず殺さずこづき回して遊ぶような狩玩具(「こうさぎ」とルビ)のようにしてやろうかと考えていた答える。それを聞いてキョーコは思わず敦賀さんと思ってしまう。カイン・ヒールとして発言したはずの言葉に、蓮のこととして思ってしまったこと、若干本気で引いてしまったことを後悔する。

後悔からふと覚めたキョーコが目にしたのは、左手を右手に添えている蓮の姿。どうかしたの?と聞くと、右手の手袋を脱がしてくれという。いうとおりにすると、素手になった手で、頭や顔をなでなでされる。そしてまた手袋を填めさせられる。何なのか分からないキョーコだったが、蓮に可愛がったに決まってるといわれる。

トイレの前にきた辺りで、コンタクトを入れるためによっていく蓮。一人送り出したものの、キョーコはセツなら一緒にいくべきだったのでは、と反省する。洗面台の前にたった蓮がしたのは、コンタクトをつけるのではなく、はずすことだった。


地毛を染めて、コンタクトをはずしてって、ふだんの敦賀蓮よりずっとクオンに近い状態になるのでは。いつも右手につけてた大事な時計をはずしていることだし、キョーコに触ったのは不安が大きいのかなあ。キョーコを慈しむような表情がよかった。


次回16、17号はお休みで18号から再開。
「スキップ・ビート!」感想のバックナンバーはこちらから。

iPhone向けゲーム「ロンドン探偵物語2」配信中

携帯電話配信の女性向け恋愛ゲーム「ロンドン探偵物語2」がiPhoneに移植された模様。無料でプレイ可能。有料版との違いは、広告が付くことと一部機能制限ありとのこと。シャーロック・ホームズがメインでゲストにアルセーヌ・ルパン。

iTunes App Store で見つかる iPhone、iPod touch、iPad 対応 ロンドン探偵物語2
http://itunes.apple.com/jp/app/id429112899?mt=8

甘い恋しちゃお! for iPhone
http://www.think-a.jp/think-a_ip/ip_safari/safari_index.html
ロンドン探偵物語2絶賛配信中! Think-a.JP
http://think-a.sblo.jp/article/44255949.html
移植のお知らせ らいたあにっき
http://dori.txt-nifty.com/writer/2011/04/post-8667.html

レビュー。
[iPhone, iPad] ロンドン探偵物語2 イケメンのホームズやワトソンとラブラブする恋愛ゲーム。1388
http://www.appbank.net/2011/05/25/iphone-application/249451.php
[iPhone][iPad][無料] ロンドン探偵物語2 iPad iPhone Wire
http://app.if.journal.mycom.co.jp/apps/429112899/

携帯電話向けゲーム「ロンドン探偵物語2」にアルセーヌ・ルパンが登場

2011/07/03

ドイツでラジオドラマ「三十棺桶島」が放送中

ドイツのラジオ局SWR2で、アルセーヌ・ルパンシリーズのラジオドラマが放送されているようです。原作は「三十棺桶島(10)」。

Radioprogramm 26-11(ドイツ語)
http://www.hoerspieltipps.net/Radio2611.html
Arsene Lupin und die Insel der 30 Sarge(ドイツ語)
http://www.hoerspieltipps.net/archiv/arsenelupinunddieinselder30saerge.html

第1回が6月30日放送済、第2回が7月7日放送予定。ラジオ局のサイトでストリームで聞くことができます。

リアルタイムのストリームは、公式サイトの右上部にある「Webradio」の画像リンクから聞くことができます。
SWR2 | SWR.de(ドイツ語)
http://www.swr.de/swr2

アーカイブのストリームは、「三十棺桶島」ページの写真の上にある、音声マーク付の「Arsene Lupin und die Insel der 30 Sarge - 1. Teil nach dem Roman "L'ile aux trente cercueils" von Maurice Leblanc (56:49 min)」リンクをクリックすることで聞けます。
SWR2 Krimi | Krimisommer mit Arsene Lupin: Arsene Lupin und die Insel der 30 Sarge (1) - SWR2 :: Programm :: Sendungen A-Z :: Krimi | SWR.de(ドイツ語)
http://www.swr.de/swr2/programm/sendungen/krimi/-/id=659172/nid=659172/did=8085024/154cm4s/index.html

SWR2 Krimi | Krimisommer mit Arsene Lupin: Arsene Lupin und die Insel der 30 Sarge (2) - SWR2 :: Programm :: Sendungen A-Z :: Krimi | SWR.de(ドイツ語)
http://www.swr.de/swr2/programm/sendungen/krimi/-/id=659172/nid=659172/did=8117948/1ap1pwx/index.html


これまでに「カリオストロ伯爵夫人(13)」「奇岩城(4)」「緑の目の令嬢(14)」が放送されていて、今作が4作目になるようです。アルセーヌ・ルパン役はいずれも、サミュエル・ワイス氏。
Die Grafin Cagliostro oder Die Jugend des Arsene Lupin(ドイツ語)
http://www.hoerspieltipps.net/archiv/diegraefincagliostro.html
Die hohle Nadel oder Der Schatz der Konige Frankreichs(ドイツ語)
http://www.hoerspieltipps.net/archiv/diehohlenadel.html
Arsene Lupin und die Frau mit den jadegrunen Augen(ドイツ語)
http://www.hoerspieltipps.net/archiv/arsenelupinunddiefraumitdenjadegruenenaugen.html


「カリオストロ伯爵夫人」「奇岩城」はオーディオブックとしてCDが販売されています。
Der Audio Verlag(ドイツ語)
http://www.audioverlag.de/
Die Grafin von Cagliostro oder Die Jugend des Arsene Lupin(ドイツ語)
http://dav2.juni.com/details.php?p_id=403
Arsene Lupin Die hohle Nadel oder Der Schatz der Konige Frankreichs.(ドイツ語)
http://dav2.juni.com/details.php?p_id=1072

Amazon.co.jp: Die Graefin von Cagliostro oder Die Jugend des Arsne Lupin
http://www.amazon.co.jp/dp/3898138186
Amazon.co.jp: Arsene Lupin. Die hohle Nadel oder der Schatz der Koenige Frankreichs
http://www.amazon.co.jp/dp/3898138798


ドイツ語訳を出版している出版社のサイト。
Arsene Lupin bei Matthes & Seitz Berlin(ドイツ語)
http://www.arsenelupin.de/

その他の関係リンク。
Arsene Lupin-Horspiele : hoerspiele-kostenlos.de(ドイツ語)
http://hoerspiele-kostenlos.de/arsene-lupin-hoerspiele-431
krimikiosk ARSENE LUPIN und die Insel der 30 Sarge - 2teiliges Horspiel, 1 Woche als Download(ドイツ語)
http://krimikiosk.blogspot.com/2011/06/arsene-lupin-und-die-insel-der-30-sarge.html


□2011/07/09
第2回(終わり)のストリームがアップされています。
写真の下、ページの真ん中辺りにある、音声マーク付の「Arsene Lupin und die Insel der 30 Sarge - Teil 2 nach dem Roman "Lile aux trete cercueils" von Maurice Leblanc (56:51 min)」リンクをクリックすると聞けます。
SWR2 Krimi | Krimisommer mit Arsene Lupin: Arsene Lupin und die Insel der 30 Sarge (2) - SWR2 :: Programm :: Sendungen A-Z :: Krimi | SWR.de(ドイツ語)
http://www.swr.de/swr2/programm/sendungen/krimi/-/id=659172/nid=659172/did=8117948/1ap1pwx/index.html


□2011/07/11
なお、ドイツ語のタイトルを直訳すると以下のようになる。
カリオストロ伯爵夫人、あるいはアルセーヌ・ルパンの青春…「カリオストロ伯爵夫人(13)」
アルセーヌ・ルパン、空洞の針あるいはフランスの宝…「奇岩城(4)」
アルセーヌ・ルパンと翡翠色の目の女性…「緑の目の令嬢(14)」
アルセーヌ・ルパンと三十棺桶島…「三十棺桶島(10)」

2011/07/02

森田崇「アバンチュリエ」第1巻入手のこと

モーリス・ルブラン原作“新説アルセーヌ・ルパン”。雑誌「イブニング」連載作品。

イブニング|アバンチュリエ|作品紹介|講談社コミックプラス
http://kc.kodansha.co.jp/content/top.php/1000005539
イブニング|アバンチュリエ(1)|作品紹介|講談社コミックプラス
http://kc.kodansha.co.jp/product/top.php/1234640451
アバンチュリエ(1) 森田崇 講談社
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=3523675


□収録内容
Chapitre1「アルセーヌ・ルパンの逮捕」…アルセーヌ・ルパンの逮捕(1-1)
Chapitre2「獄中のアルセーヌ・ルパン 前編」…獄中のアルセーヌ・ルパン(1-2)
Chapitre3「獄中のアルセーヌ・ルパン 後編」…同上
Chapitre4「アルセーヌ・ルパンの脱獄 前編」…アルセーヌ・ルパンの脱獄(1-3)
Chapitre5「アルセーヌ・ルパンの脱獄 中編」…同上
Chapitre6「アルセーヌ・ルパンの脱獄 後編」…同上
Chapitre7「王妃の首飾り 前編」…王妃の首飾り(1-5)

巻末にコラムあり。「アルセーヌ・ルパンの時代」

アバンチュリエはフランス語。ナンバリングもチャプター(英語)じゃなくシャピトル(フランス語)なんだな。でもコラムの訳題は英語(笑)


空きページのカットに笑った。内容に、じゃなくて、この気合の入れっぷりは何。ガタイのよい二人、どう見ても兄弟。とっさにD兄弟と思ったんだけど、C兄弟が正解なのだろう。ほかにB兄弟ってのもいるらしいけど。ひとつ確実にいえるのは、絶対再登場するってことだな(笑)

ルパンがお墓に供えてた花にも要注目。ルパン(ルピナス)が混じってる(よね?)

登場といえば、第1回の扉絵に描かれた人物、何人か登場してる。まだ全員誰がだれって分かるわけじゃないけど、登場が待ち遠しい。


森田崇「アバンチュリエ」情報

2011/07/01

森田崇「アバンチュリエ」情報

森田崇氏による漫画「アバンチュリエ」の情報まとめです。
(最終更新日:2015/11/11)

「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」は「月刊ヒーローズ」連載中。小学館クリエイティブから単行本第1~4巻発売中。

旧連載版は小学館クリエイティブから「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ[登場編]」上下巻で発売中(雑誌「イブニング」連載分。講談社「アバンチュリエ ~新訳アルセーヌ・ルパン~」全5巻の再刊)。

PRモーションコミック公開中。
http://www.heros-web.com/works/aventurier.html

フランス語版発売決定。
Kuroblog, le blog des editions Kurokawa ≫ Arsene Lupin, gentleman cambrioleur !(フランス語)
http://blog.kurokawa.fr/2015/10/01/arsene-lupin-gentleman-cambrioleur/


怪盗ルパン伝 アバンチュリエ 【漫画】森田 崇 【原作】モーリス・ルブラン|月刊 ヒーローズ
http://www.heros-web.com/works/aventurier.html
怪盗ルパン伝 アバンチュリエ特集|月刊 ヒーローズ
http://www.heros-web.com/campaign/aventurier/

森田崇 (TAK_MORITA) on Twitter
http://twitter.com/TAK_MORITA/
漫画家 森田崇BLOG★フラットランド
http://tak-morita.air-nifty.com/flat_land/


【単行本情報】

□「アバンチュリエ ~新訳アルセーヌ・ルパン~」(講談社)
  ※小学館クリエイティブ発行の「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ 登場編」上下巻として再刊
▼第1巻(2011年発行)
Chapitre1「アルセーヌ・ルパンの逮捕」…アルセーヌ・ルパンの逮捕(1-1)
Chapitre2「獄中のアルセーヌ・ルパン 前編」…獄中のアルセーヌ・ルパン(1-2)
Chapitre3「獄中のアルセーヌ・ルパン 後編」…同上
Chapitre4「アルセーヌ・ルパンの脱獄 前編」…アルセーヌ・ルパンの脱獄(1-3)
Chapitre5「アルセーヌ・ルパンの脱獄 中編」…同上
Chapitre6「アルセーヌ・ルパンの脱獄 後編」…同上
Chapitre7「王妃の首飾り 前編」…王妃の首飾り(1-5)
▼第2巻(2011年発行)
Chapitre8「王妃の首飾り 中編」…王妃の首飾り(1-5)
Chapitre9「王妃の首飾り 後編」…同上
Chapitre10「謎の旅行者 前編」…謎の旅行者(1-4)
Chapitre11「謎の旅行者 後編」…同上
Chapitre12「ハートの7 その1」…ハートの7(1-6)
Chapitre13「ハートの7 その2」…同上
Chapitre14「ハートの7 その3」…同上
Chapitre15「ハートの7 その4」…同上
▼第3巻(2012年発行)
Chapitre16「ハートの7 その5」…ハートの7(1-6)
Chapitre17「ハートの7 その6」…同上
Chapitre18「遅かりしHerlock Sholmes(ハーロック・ショームズ) 前編」…遅かりしエルロック・ショルメス(1-9)
Chapitre19「遅かりしHerlock Sholmes 中編」…同上
Chapitre20「遅かりしHerlock Sholmes 後編」…同上
Chapitre21「赤い絹のショール 前編」…赤い絹の肩掛け(6-5)
Chapitre22「赤い絹のショール 中編」…同上
Chapitre23「赤い絹のショール 後編」…同上
▼第4巻(2012年発行)
Chapitre24「金髪婦人 episode1 23組514番」…金髪婦人(2-1)
Chapitre25「金髪婦人 episode2 青ダイヤ 前編」…同上
Chapitre26「金髪婦人 episode2 青ダイヤ 中編」…同上
Chapitre27「金髪婦人 episode2 青ダイヤ 後編」…同上
Chapitre28「金髪婦人 episode3 ハーロック・ショームズ戦闘を開始す 前編」…同上
Chapitre29「金髪婦人 episode3 ハーロック・ショームズ戦闘を開始す 後編」…同上
Chapitre30「金髪婦人 episode4 暗中微光 前編」…同上
Chapitre31「金髪婦人 episode4 暗中微光 中編」…同上
▼第5巻(2013年発行)
Chapitre32「金髪婦人 episode4 暗中微光 後編」…同上
Chapitre33「金髪婦人 episode5 拉致 その1」…同上
Chapitre34「金髪婦人 episode5 拉致 その2」…同上
Chapitre35「金髪婦人 episode5 拉致 その3」…同上
Chapitre36「金髪婦人 episode5 拉致 その4」…同上
Chapitre37「金髪婦人 episode6 ルパン2度目の逮捕 前編」…同上
Chapitre38「金髪婦人 episode6 ルパン2度目の逮捕 中編」…同上
Chapitre39「金髪婦人 episode6 ルパン2度目の逮捕 後編」…同上
Chapitre40「アンベール夫人の金庫 プロローグ 19歳のアルセーヌ・ルパン 前編」…アンベール夫人の金庫(1-7)
Chapitre41「アンベール夫人の金庫 プロローグ 19歳のアルセーヌ・ルパン 後編」…同上

『アバンチュリエ』(森田崇):既刊一覧|講談社コミックプラス
http://kc.kodansha.co.jp/title?code=1000005539


□「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ 登場編」(小学館クリエイティブ)
  ※講談社発行の「アバンチュリエ ~新訳アルセーヌ・ルパン~」全5巻を再構成+「黒真珠」を描きおろし
▼上巻「怪盗紳士」(2014年発行)
Chapitre1「アルセーヌ・ルパンの逮捕」…アルセーヌ・ルパンの逮捕(1-1)
Chapitre2「獄中のアルセーヌ・ルパン 前編」…獄中のアルセーヌ・ルパン(1-2)
Chapitre3「獄中のアルセーヌ・ルパン 後編」…同上
Chapitre4「アルセーヌ・ルパンの脱獄 前編」…アルセーヌ・ルパンの脱獄(1-3)
Chapitre5「アルセーヌ・ルパンの脱獄 中編」…同上
Chapitre6「アルセーヌ・ルパンの脱獄 後編」…同上
Chapitre7「王妃の首飾り 前編」…王妃の首飾り(1-5)
Chapitre8「王妃の首飾り 中編」…同上
Chapitre9「王妃の首飾り 後編」…同上
Chapitre10「謎の旅行者 前編」…謎の旅行者(1-4)
Chapitre11「謎の旅行者 後編」…同上
Chapitre12「ハートの7 その1」…ハートの7(1-6)
Chapitre13「ハートの7 その2」…同上
Chapitre14「ハートの7 その3」…同上
Chapitre15「ハートの7 その4」…同上
Chapitre16「ハートの7 その5」…同上
Chapitre17「ハートの7 その6」…同上
Chapitre18「遅かりしHerlock Sholmes(ハーロック・ショームズ) 前編」…遅かりしエルロック・ショルメス(1-9)
Chapitre19「遅かりしHerlock Sholmes 中編」…同上
Chapitre20「遅かりしHerlock Sholmes 後編」…同上
▼下巻「金髪婦人」(2014年発行)
Chapitre21「赤い絹のショール 前編」…赤い絹の肩掛け(6-5)
Chapitre22「赤い絹のショール 中編」…同上
Chapitre23「赤い絹のショール 後編」…同上
Chapitre24「金髪婦人 episode1 23組514番」…金髪婦人(2-1)
Chapitre25「金髪婦人 episode2 青ダイヤ 前編」…同上
Chapitre26「金髪婦人 episode2 青ダイヤ 中編」…同上
Chapitre27「金髪婦人 episode2 青ダイヤ 後編」…同上
Chapitre28「金髪婦人 episode3 ハーロック・ショームズ戦闘を開始す 前編」…同上
Chapitre29「金髪婦人 episode3 ハーロック・ショームズ戦闘を開始す 後編」…同上
Chapitre30「金髪婦人 episode4 暗中微光 前編」…同上
Chapitre31「金髪婦人 episode4 暗中微光 中編」…同上
Chapitre32「金髪婦人 episode4 暗中微光 後編」…同上
Chapitre33「金髪婦人 episode5 拉致 その1」…同上
Chapitre34「金髪婦人 episode5 拉致 その2」…同上
Chapitre35「金髪婦人 episode5 拉致 その3」…同上
Chapitre36「金髪婦人 episode5 拉致 その4」…同上
Chapitre37「金髪婦人 episode6 ルパン2度目の逮捕 前編」…同上
Chapitre38「金髪婦人 episode6 ルパン2度目の逮捕 中編」…同上
Chapitre39「金髪婦人 episode6 ルパン2度目の逮捕 後編」…同上
Chapitre40「アンベール夫人の金庫 プロローグ 19歳のアルセーヌ・ルパン 前編」…アンベール夫人の金庫(1-7)
Chapitre41「アンベール夫人の金庫 プロローグ 19歳のアルセーヌ・ルパン 後編」…同上
Chapitre Bonus「黒真珠」…黒真珠(1-8)


□「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」(小学館クリエイティブ)
▼第1巻「公妃の宝冠」(2013年発行)…戯曲アルセーヌ・ルパン(3)
「―第1幕―」
「―第2幕―」
「―第3幕―」
「―第4幕―」
「―最終幕―」
▼第2巻「ユダヤのランプ」(2013年発行)…ユダヤのランプ(2-2)
「―第1章―」
「―第2章―」
「―第3章―」
「―第4章―」
「―最終章―」
▼第3巻「奇巌城(上)」(2014年発行)…奇岩城(4)
「episode1 銃声」
「episode2 高校3年生イジドール・ボートルレ―前篇―」
「episode2 高校3年生イジドール・ボートルレ―後編―」
「episode3 死体―その1―」
「episode3 死体―その2―」
「episode3 死体―その3―」
▼第4巻「奇巌城(中)」(2015年発行)…奇岩城(4)
「episode4 対決―その1―」
「episode4 対決―その2―」
「episode5 追跡―その1―」
「episode5 追跡―その2―」
「episode6 歴史に隠された秘密―その1―」
「episode6 歴史に隠された秘密―その2―」
「episode6 歴史に隠された秘密―その3―」
「episode7 エギーユ論―その1―」
  ※以後続刊※

怪盗ルパン伝 アバンチュリエ 【漫画】森田 崇 【原作】モーリス・ルブラン|月刊 ヒーローズHEROS(コミックス)
http://www.heros-web.com/works/aventurier3.html#worksNavi
森田 崇 - 株式会社小学館クリエイティブ
http://www.shogakukan-cr.co.jp/author/a57822.html


□関連記事
雑誌「イブニング」で「アバンチュリエ ~新説アルセーヌ・ルパン~」連載予定
雑誌「イブニング」2011年3号より森田崇「アバンチュリエ」連載開始

森田崇「アバンチュリエ」第1巻入手のこと
森田崇「アバンチュリエ」第2巻入手のこと
森田崇「アバンチュリエ」第3巻入手のこと
森田崇「アバンチュリエ」第4巻入手のこと
森田崇「アバンチュリエ」第5巻入手のこと

▽アルセーヌ・ルパンの逮捕
雑誌「イブニング」2011年3号 「アバンチュリエ」第1回

▽獄中のアルセーヌ・ルパン
雑誌「イブニング」2011年4号 「アバンチュリエ」第2回
雑誌「イブニング」2011年5号 「アバンチュリエ」第3回

▽アルセーヌ・ルパンの脱獄
雑誌「イブニング」2011年6号 「アバンチュリエ」第4回
雑誌「イブニング」2011年7号 「アバンチュリエ」第5回
雑誌「イブニング」2011年8号 「アバンチュリエ」第6回

▽王妃の首飾り
雑誌「イブニング」2011年10号 「アバンチュリエ」第7回
雑誌「イブニング」2011年11号 「アバンチュリエ」第8回
雑誌「イブニング」2011年12号 「アバンチュリエ」第9回

▽謎の旅行者
雑誌「イブニング」2011年13号 「アバンチュリエ」第10回
雑誌「イブニング」2011年14号 「アバンチュリエ」第11回

▽ハートの7
雑誌「イブニング」2011年15号 「アバンチュリエ」第12回
雑誌「イブニング」2011年16号 「アバンチュリエ」第13回
雑誌「イブニング」2011年17号 「アバンチュリエ」第14回
雑誌「イブニング」2011年19号 「アバンチュリエ」第15回
雑誌「イブニング」2011年20号 「アバンチュリエ」第16回
雑誌「イブニング」2011年21号 「アバンチュリエ」第17回

▽遅かりしHerlock Sholmes
雑誌「イブニング」2011年22号 「アバンチュリエ」第18回
雑誌「イブニング」2011年24号 「アバンチュリエ」第19回
雑誌「イブニング」2012年1号 「アバンチュリエ」第20回

▽金髪婦人
雑誌「イブニング」2012年3号 「アバンチュリエ」第21回
雑誌「イブニング」2012年4号 「アバンチュリエ」第22回
雑誌「イブニング」2012年5号 「アバンチュリエ」第23回
雑誌「イブニング」2012年6号 「アバンチュリエ」第24回
雑誌「イブニング」2012年7号 「アバンチュリエ」第25回
雑誌「イブニング」2012年8号 「アバンチュリエ」第26回
雑誌「イブニング」2012年9号 「アバンチュリエ」第27回
雑誌「イブニング」2012年10号 「アバンチュリエ」第28回
雑誌「イブニング」2012年11号 「アバンチュリエ」第29回
雑誌「イブニング」2012年14号 「アバンチュリエ」第30回
雑誌「イブニング」2012年15号 「アバンチュリエ」第31回
雑誌「イブニング」2012年16号 「アバンチュリエ」第32回
雑誌「イブニング」2012年17号 「アバンチュリエ」第33回
雑誌「イブニング」2012年18号 「アバンチュリエ」第34回
雑誌「イブニング」2012年19号 「アバンチュリエ」第35回
雑誌「イブニング」2012年20号 「アバンチュリエ」第36回
雑誌「イブニング」2012年21号 「アバンチュリエ」第37回
雑誌「イブニング」2012年23号 「アバンチュリエ」第38回
雑誌「イブニング」2012年24号 「アバンチュリエ」第39回

▽アンベール夫人の金庫
雑誌「イブニング」2013年1号 「アバンチュリエ」第40回
雑誌「イブニング」2013年2号 「アバンチュリエ」第41回(最終回)


「アバンチュリエ ~新訳アルセーヌ・ルパン~」が年内連載終了の報
「アバンチュリエ ~新訳アルセーヌ・ルパン~」が「月刊ヒーローズ」に移籍決定
雑誌「月刊ヒーローズ」2013年4月号より森田崇「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」連載開始

森田崇「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」第1巻入手のこと
森田崇「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」第2巻入手のこと

▽公妃の宝冠
雑誌「月刊ヒーローズ」2013年4月号 「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」第1回
雑誌「月刊ヒーローズ」2013年5月号 「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」第2回
雑誌「月刊ヒーローズ」2013年6月号 「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」第3回
雑誌「月刊ヒーローズ」2013年7月号 「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」第4回
雑誌「月刊ヒーローズ」2013年8月号 「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」第5回

▽ユダヤのランプ
雑誌「月刊ヒーローズ」2013年9月号 「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」第6回
雑誌「月刊ヒーローズ」2013年10月号 「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」第7回
雑誌「月刊ヒーローズ」2013年11月号 「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」第8回
雑誌「月刊ヒーローズ」2013年12月号 「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」第9回
雑誌「月刊ヒーローズ」2014年1月号 「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」第10回

▽奇巌城
雑誌「月刊ヒーローズ」2014年2月号 「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」第11回
雑誌「月刊ヒーローズ」2014年3月号 「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」第12回
雑誌「月刊ヒーローズ」2014年4月号 「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」第13回
雑誌「月刊ヒーローズ」2014年5月号 「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」第14回
雑誌「月刊ヒーローズ」2014年6月号 「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」第15回
雑誌「月刊ヒーローズ」2014年7月号 「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」第16回
雑誌「月刊ヒーローズ」2014年9月号 「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」第17回
雑誌「月刊ヒーローズ」2014年10月号 「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」第18回
雑誌「月刊ヒーローズ」2014年11月号 「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」第19回
雑誌「月刊ヒーローズ」2014年12月号 「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」第20回

雑誌「月刊ヒーローズ」2015年1月号 「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」第21回
雑誌「月刊ヒーローズ」2015年2月号 「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」第22回
雑誌「月刊ヒーローズ」2015年3月号 「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」第23回


□アバンチュリエ展(2013年8~9月)
AVENTuRiER EXHIBITION 森田崇 アバンチュリエ展が開催予定
AVENTuRiER EXHIBITION 森田崇 アバンチュリエ展が開催中
AVENTuRiER EXHIBITION 森田崇 アバンチュリエ展

アンケート結果(Q.アルセーヌ・ルパン、好きなエピソードは?)

2011年2月1日~6月30日に実施したアンケートの結果です。ご協力ありがとうございました!


「Q.アルセーヌ・ルパン、好きなエピソードは?」という内容を、ルパンシリーズを前半と後半に分けてそれぞれ投票していただきました。ルパンシリーズ前半の上位作品は通り。

1. 奇岩城
2. 813(813・続813)
3. 水晶の栓

いずれも長編ですね。ルパンシリーズの冒険としての側面がおもいっきり発揮されている作品ですよね。とりわけ「奇岩城」「813」は前半最大の山を形成していると思います。かくいう私も「奇岩城」「813」のコンボでやられたクチです。「水晶の栓」はルパンを上回る敵がでてくるというシチュエーションが良いです。


ルパンシリーズ後半の上位作品は通り。

1. カリオストロ伯爵夫人
1. バーネット探偵社
3. 八点鐘

「カリオストロ伯爵夫人」と「バーネット探偵社」は同率一位となりました。「カリオストロ伯爵夫人」は長編、「バーネット探偵社」「八点鐘」は短編集です。「カリオストロ伯爵夫人」は説かれた謎の美しさも魅力ですが、アルセーヌ・ルパンの青春という点でも魅力を感じます。「バーネット探偵社」はスパイスが効いていかかめばかむほど味がでる作品ですね。「八点鐘」はロマンディック。短編集ながら一つ一つ切り口が工夫されていて面白いんですよね。


やはり兼ねてからルパンシリーズの紹介等で名前が挙がる作品に投票されていて、納得の結果でした。上位にあがった長編作品と短編集作品(「怪盗紳士ルパン」「ルパンの告白」含む)はいずれもおすすめできる作品なのではないでしょうか。


すべての投票結果は以下のリンクからどうぞ。
Q.アルセーヌ・ルパン、好きなエピソードは?(1/2)…シリーズ前半の作品から選択
Q.アルセーヌ・ルパン、好きなエピソードは?(2/2)…シリーズ後半の作品から選択

前半の次点は「怪盗紳士ルパン」。初登場作品ですからね。「ルパンの告白」の「うろつく死神」はヒロインのおとぼけなところが面白いです。あのような結果であってみれば、怖がってなくて幸いだったと思います。後半の次点は「緑の目の令嬢」。これも納得です。


こっそり設置したうえに告知を怠けていましたが、参加してくださったみなさまに改めて感謝いたします。

《アンケート》Q.アルセーヌ・ルパン、好きなエピソードは?

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ