« オーレル川今昔(その1) - バール・イ・ヴァ荘(17) | トップページ | 7月13日午後10時(その1) - 奇岩城(4) »

2011/07/06

オーレル川今昔(その2)

※以下の文章は「バール・イ・ヴァ荘(17)」の内容に触れています。※


オーレル川は、以前は別の名前で呼ばれていた、ということだ。

「はい、祖父は、一七五〇年作成の屋敷の地図を持っておりました――まだパリにあると思います。ところが、それには川の名はオーレルとなっておりません。一七五九年には、まだベック・サレという名前でした」
ラウールは歓喜した。
「証拠は明白。すると、事のおこりは一世紀半足らず前のことで、ベック・サレすなわち塩川は、理由があって次第にオーレル川と名がかわったのだ。その後、その理由は、おそらく事実が稀だったために、忘れられてしまった。しかし、事実そのものは残って、今日われわれがその目撃者となったのだ」(創元推理文庫「バール・イ・ヴァ荘」P218/バール・イ・ヴァ荘(17))

「ベック・サレすなわち塩川」とこちらも至極あっさりと書かれているが、そうなのだろうか。「ベック・サレ」は「Bec-Sale」と綴る。(アクサン符号を省略するが、正確には「Bec-Salé」)

「sale」はフランス語の辞書を引けば意味が分かる。

sale
1 塩分を含んだ
(「ロベール仏和大辞典」)


ところが「bec」という言葉はフランス語の辞書を引いてもずばりの意味がなかなか出てこない。ノルマン語で「小川」(ruisseau)という意味なのである。

bec - Wiktionnaire(フランス語)
http://fr.wiktionary.org/wiki/bec

Normand
bec
1.Ruisseau

ノルマン語は「バール・イ・ヴァ荘」の舞台、ノルマンディー地方で使われていた言葉である(現在も話者がいるようだ)。この地はノルマン人(ヴァイキング)の影響が大きい土地であり、「bec」はノルマン人の故国・北欧の言葉から取り入れられた単語とされている。

Bec (homonymie) - Wikipedia(フランス語)
http://fr.wikipedia.org/wiki/Bec_(homonymie)
Bec (placename element) - Wikipedia, the free encyclopedia(英語)
http://en.wikipedia.org/wiki/Bec_(placename_element)
Normand - Wikipedia(フランス語。「ノルマン語」)
http://fr.wikipedia.org/wiki/Normand


プルーストの「失われた時を求めて」で、語り手にバルベック Balbec という地名の意味を尋ねられた人物(ブリショ)が答えるように、ノルマンディーには「ベック」の付く地名がいくつもある。

ノルマン語の bec は、小川なのです。ル・ベック le Bec の大修道院というのがありますね。(略)まだこのほかにもノルマンディには、たくさんの bec がありますね。コードベック Caudebec ボルベック Bolbec ル・ロベック le Robec ル・ベック=エルーアン le Bec-Hellouin ベックレル Becquerel などです。(「失われた時を求めて」第8巻P161)

いずれも実在する地名である。ルパンシリーズによく登場するコードベック=アン=コーのCaudebec は「冷たい小川」≪ froid ruisseau ≫という意味らしい(en-Caux はコー地方にあることを示す)。

Caudebec-en-Caux - Wikipedia(フランス語)
http://fr.wikipedia.org/wiki/Caudebec-en-Caux


余談ながら、「バッハは小川さん」というのを、むかーし「なまえのひみつ」とかその類の本で読んだことがある。音楽家バッハ(Bach)はドイツ語の小川(bach)と同じ綴りだから信じていたのだけれど、バッハの名字は「小川」とは関係ないらしい。でもドイツに多い固有名詞の「バッハ」はたいてい「小川」だろうと思う。この「bach」も「bec」と同根の言葉のようだ。

「813(5)」に登場するケッセルバッハ(Kesselbach)も「バッハ」持ち。「kessel」は鍋とか釜という意味らしい(鍋川さん?)。そういえばケッセルバッハはアウグスブルクの鍋釜業者の息子であった。

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ - Wikipedia
Bach - Wiktionary(ドイツ語)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%BC%E3%83%90%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%8F
Kessel - Wiktionary(ドイツ語)
http://de.wiktionary.org/wiki/Kessel
Bach - Wiktionary(ドイツ語)
http://de.wiktionary.org/wiki/Bach


□参考文献
R.H.C.デーヴィス「ノルマン人 その文明学的考察」柴田忠作訳、刀水書房、1981年
マルセル・プルースト「失われた時を求めて」第8巻、鈴木道彦訳、集英社、1999年
ヴェルナー・フェーリクス「バッハ-生涯と作品-」杉山好訳、講談社学術文庫、1999年


前→オーレル川今昔(その1)

※以上の文章は「バール・イ・ヴァ荘(17)」の内容に触れています。※

« オーレル川今昔(その1) - バール・イ・ヴァ荘(17) | トップページ | 7月13日午後10時(その1) - 奇岩城(4) »

アルセーヌ・ルパン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/52139638

この記事へのトラックバック一覧です: オーレル川今昔(その2):

« オーレル川今昔(その1) - バール・イ・ヴァ荘(17) | トップページ | 7月13日午後10時(その1) - 奇岩城(4) »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ