« 横山光輝「カラー版鉄人28号限定版BOX4」入手のこと | トップページ | 榎木洋子「ウミベリ物語 王子様は一人で充分」 »

2011/05/21

映画「ルパンの奇巌城」感想

原作の舞台は100年前のフランス。それを現代の日本にしているので無理がある。非銃社会の日本で若い娘が猟銃を持ち出すのはちょっとね…ってそこだけじゃないんだけど。冒頭から音に違和感があって、セリフが聞き取りにくい人も多かった。全編に渡って殆ど(9割とか)アフレコらしいんだけれど、声優経験者と非経験者の差が歴然としてた。映像は顔の表情が見えにくいし、何をやっているのか分からなかった。

当然ながら暗号は原作と違う。どういう暗号か全体図って映ったっけ? なんか、覚えがないんだけど。寝てたか。いつ解読しようと思ったんだろう。いつ「城」ってきまったんだろう。変な古文書が出てきたけれど、どういうタイトルでどういう書物か分かんないし。あれこれ書きまくるタイプのものでもない気がするのだが。さらにアルファベットがどうとか…。あのヒントであれって。という前に、なんでアルファベットか分かんないんだけど。という感じ。

その間準主役の女子大生がボソボソしゃべるのも退屈。ボソボソしゃべるのは、一応役作りみたいなんだけど、慣れない人のアフレコって意図する以上に聞こえにくくなってしまうと思うんだよね。かわいいし雰囲気悪くなかったんだけど。


しゃべりはやはり山寺さんが圧倒的。そこだけ空気が違う。だけどね、アルセーヌ・ルパンって何者?? アルセーヌ・ルパンって名前なのに、顔は日本人で、何人とか説明なくって、どういう人物でなんで日本にいるのか分からない。なのに、みんな普通に知ってて受け入れてるっていうのが意味不明。実写モノのマスコミのシーンってむずがゆくなることあるけど、サムイ以前の問題だった。

意義が問題なんであって、山ちゃんの顔出し自体は構わない。私はむしろ、途中で出てくる人をもっと…原作どおりだったら、ねえ(って何)。私たちこんなに仲良くなりました、みたいな写真を送ってきてた気がするけど、人一人病院に送っといてそれって…。その前に入院したならそこから身元割れない? 助けに行たら目的の人は入院中って…。

松本梨香さんはガイドブックではルパンの手下ってなってるんだけれど、手下だったらラストは、警戒しろとか、変だぞとかルパンに連絡入れてもいいんじゃないのかなあ。携帯電話あるんだから(城の土産物売りっぽい屋台の人に扮してる)。直接会ってるシーンはなかったと思う。

浪川大輔さん演じる刑事は自己紹介が爽やかで笑った。ある意味出オチ(笑) 車の中で手持ちぶさたにチョコレートを弄んでたのが可愛い。松田洋治さん演じる刑事は別に悪くなかったけど、やたらと出てくる喫茶店のシーンが意味不明だった。


何か退屈で、何をやっているのかわからない。なまじ内容把握に努めようとしたのが悪いのか、浮かぶのは疑問符ばかり。山寺さんじゃなかったらスルーありえた。しっかり「声」の存在を味わえたし、舞台挨拶は楽しかった。満席だったけれど、見た人理解できたのかなあ。


おまけ。なんか見つけた。アフレコ現場を見学した方によると「声優さん達のアフレコは何度やっても秒数きっかりで見てて気持ち悪かった」そうで、プロの技を感じさせる。表現がアレだけど素直な感想なんだろうな(笑)
Twitter
http://twitter.com/karamo0408/status/63246924295315456

« 横山光輝「カラー版鉄人28号限定版BOX4」入手のこと | トップページ | 榎木洋子「ウミベリ物語 王子様は一人で充分」 »

アルセーヌ・ルパン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/51733452

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ルパンの奇巌城」感想:

« 横山光輝「カラー版鉄人28号限定版BOX4」入手のこと | トップページ | 榎木洋子「ウミベリ物語 王子様は一人で充分」 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ