« 水滸伝vs八犬伝 | トップページ | 第一次世界大戦時の「オルヌカン城の謎(8)」 »

2011/05/23

アウトローたちの江戸時代

府中市郷土の森博物館[府中文化Net]
http://www.fuchu-cpf.or.jp/museum/index.html
展示会 催物情報 府中市郷土の森博物館[府中文化Net]
http://www.fuchu-cpf.or.jp/museum/event/tenji.html
府中市郷土の森博物館、2011年4月29日(金)~2011年6月26日(日)

アウトロー、破落戸(ならずもの)だけではなくて、ごぜや虚無僧、座頭などの全国を渡り歩く人たちのことも紹介されていた。犯罪を取り締まるための道具、賭博に使う振り壷(さいころ入れて「入ります」とかいう奴)とか、お金の代わりに賭けた札とかあった。小金井小次郎と新門辰五郎の慶応水滸伝読んでみたい。

プラネタリウムがあるのは知っていたけれど、入る時間がなかった。「はやぶさ」関係の上映をしていた。駅から博物館まで田んぼがあたりしてのんびり歩けて良かった。


幕末の無法者に注目 東京多摩 地域 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokyotama/news/20110511-OYT8T01143.htm

« 水滸伝vs八犬伝 | トップページ | 第一次世界大戦時の「オルヌカン城の謎(8)」 »

歴史・文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/51751705

この記事へのトラックバック一覧です: アウトローたちの江戸時代:

« 水滸伝vs八犬伝 | トップページ | 第一次世界大戦時の「オルヌカン城の謎(8)」 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ