« アンケート実施中(Q.アルセーヌ・ルパン、好きなエピソードは?) | トップページ | 横山光輝「カラー版鉄人28号限定版BOX5」入手のこと »

2011/05/27

雑誌「イブニング」2011年12号 「アバンチュリエ」第9回

森田崇氏による漫画。モーリス・ルブラン原作“新説アルセーヌ・ルパン”。
Chapitre9「王妃の首飾り 後編」

窓の構造や細工を次々と推理していくフロリアニ騎士。ドルー・スービーズ伯爵が確認すると、言われたとおりの証拠が見つかった。さらに言葉を続けるフロリアニ騎士に対して周囲の人物は単なる驚きではない感情を募らせていく。


「王妃の首飾り」の原作は原作は穏やかなイメージがある。といっても「穏やか」という言葉には多分に「穏やかではない」という意味を含んでいるのだけれど。「アバンチュリエ」では穏やかではない部分を表にさらけ出して動揺が分かるようになっている。犯行が暴かれる意図、そうすることによる効果、それに対する反発等描かれているので面白い。贅沢を言えば首飾りなんて見せかけですよっていう痛烈な皮肉、残して欲しかったかも。

視覚化されていて、原作よりひねくれ度が浅いので、理解しやすくなっていると思う。ルパンはヴィクトワールが言うように、非常になれない感じかな。まだ、ね。

パレルモという地名がでてくるのは原作通り。カリオストロ伯爵の出身地なんだよね。目配せというところか。


単行本第1巻が6月発売予定と告知あり。

« アンケート実施中(Q.アルセーヌ・ルパン、好きなエピソードは?) | トップページ | 横山光輝「カラー版鉄人28号限定版BOX5」入手のこと »

アルセーヌ・ルパン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/51779580

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌「イブニング」2011年12号 「アバンチュリエ」第9回:

« アンケート実施中(Q.アルセーヌ・ルパン、好きなエピソードは?) | トップページ | 横山光輝「カラー版鉄人28号限定版BOX5」入手のこと »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ