« 「花とゆめ」2011年10号 スキップ・ビート!感想 | トップページ | 「スキップ・ビート!」台湾ドラマが新体制で制作発表 »

2011/04/25

黒か金か? - 金髪婦人(2-1)

永井荷風の「ふらんす物語」を読んだ。荷風は1907年から1908年にかけてフランスに滞在している。永井荷風がフランス入国の際に上陸したのはル・アーヴル。ブルターニュ号という蒸気船に乗り、「アルセーヌ・ルパンの逮捕(1-1)」のプロヴァンス号と同じル・アーヴル=ニューヨークの航路を逆に辿った。(両方ともトランスアトランティック社所属の船)

「おもかげ」と題する文に、カルチェラタンのカフェで聞こえるやりとりが書き写されている。

Garcon―――Un bock―――Quart brune―――Cafe―――Cafe creme―――Addition―――Combienなぞ彼方此方から呼ぶ客の声。―――Voila―――Bon―――Monsieurなぞと飛廻りながら答える給仕人の叫び。(「ふらんす物語」P128)

これに対する注釈。

一二八 Garcon―Un bock―…… 〈給仕―ジョッキ一杯―コーヒー―クリーム・コーヒー―勘定たのむ―おいくら?〉の意。
一二八 Voila―Bon―Monsieur 〈はい只今―かしこまりました―お客様〉の意。(「ふらんす物語」P312)

うう、ひとつ抜けてる。そこが肝心なのに。「bock」はビールジョッキのことで、次の「Quart brune」は「4分の1リットルの黒ビール」だろう。「Quart」は「4分の1」、「biere brune」で「黒ビール」の意味だ。「bock」は通常4分の1リットル(250ml)らしい。

「アルセーヌ・ルパンの脱獄(1-3)」で“サラダかご”から脱出したアルセーヌ・ルパンがカフェで頼んだのがbock=ビール一杯とシガレット一箱。初期のルパンはビールを人に勧めるのも好きなようだ。

「それにしても、こんなちゃちな椅子しかおすすめできなくて、申しわけありません。冷たい飲み物一杯、ビール一杯ないんですから。すみません、仮住まいなもので」(ハヤカワ文庫「怪盗紳士ルパン」P57/獄中のアルセーヌ・ルパン(1-2))


さて、ルパンシリーズの研究ブログで扱われていて、面白いなあ、と思った場面があるので以下に紹介する。

「ホームズさん、すわっていただくいすがないのが残念です。このこわれかけている古箱にでもいかがですか? それとも、この窓のへりにすわってもらいましょうか? せめてビール一杯あればいいんですがね……茶色のビールにしますか? それとも金色のビール?……とにかく、どうぞ、すわってください……」(岩波少年文庫「ルパン対ホームズ」P246/金髪婦人(2-1))

またビールがないのに勧めようとしてる(笑)
「茶色のビールにしますか? それとも金色のビール?」という箇所が曲者。原文は「Brune ou blonde?」。「biere brune」は先に書いたとおり黒ビール、「biere blonde」というのは普通ビールといって思い浮かぶような黄色いビールのことだ。

しかしタイトルに「金髪婦人(2-1)」(「La dame blonde」)とあるように、blondeはブロンド(金髪)という意味がある。対するbruneはブルネット(褐色の髪、黒髪)のこと。事件には金髪の婦人が関わっている。そして、ショルメスの捜査線上にいる女性はブルネット。とくれば、単にビールの色を聞いているのではないことが分かるだろう。

ヴィクトワール (上機嫌で)殊勝だねえ、坊や、恋をしてるんだね、ちゃんとした恋を。
ルパン ああ。本当の恋だ。
ヴィクトワール まあ、坊やったら!……それで、どんな娘なんだい?
ルパン きれいな娘だよ、ヴィクトワール。
ヴィクトワール それは、おまえのことだからそうだろうよ。髪は茶色かい、それともブロンドかい?(論創社「戯曲アルセーヌ・ルパン」P176-177/戯曲アルセーヌ・ルパン(3))

ここでは女性の髪がブルネットかブロンドかを問うている。(「Et elle est brune, blonde ?」)


□参考文献・参考サイト
永井荷風「ふらんす物語」新潮文庫、2003年改版
CiNii 論文 - 注釈『ふらんす物語』 遊歩者荷風のリヨン:加太宏邦(2004年)
http://ci.nii.ac.jp/naid/120000994070

« 「花とゆめ」2011年10号 スキップ・ビート!感想 | トップページ | 「スキップ・ビート!」台湾ドラマが新体制で制作発表 »

アルセーヌ・ルパン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/51488502

この記事へのトラックバック一覧です: 黒か金か? - 金髪婦人(2-1):

« 「花とゆめ」2011年10号 スキップ・ビート!感想 | トップページ | 「スキップ・ビート!」台湾ドラマが新体制で制作発表 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ