« 活動俳優の恋(英語版「八点鐘」) - 映画の啓示(12-4) | トップページ | 横山光輝「カラー版鉄人28号限定版BOX3」入手のこと »

2011/04/07

「花とゆめ」2011年9号 スキップ・ビート!感想

著者:仲村佳樹

蓮と一緒にインタビューを受けるキョーコの姿を見ている祥子さん。なんとか尚に見せないですんだ。インタビューは最終回の翌朝放送で、その日に放送される特番の宣伝を兼ねているようだ。

同じ日キョーコは坊のお仕事のためにTBMに出向いて逸美ちゃんと挨拶を交わす。敦賀さんとのツーショットお似合いだったよ、という言葉を言いかけて飲み込む逸美ちゃんが切ない。


前回ラストのセリフ、キョーコはバカにした感じの反応をされて、ケンカ漫才みたいな展開になることを期待してたらしい。だけど、流れ的にはそうなるね、よく思いついたねーとトボケた感じの反応を返されてしまった。だけど、一転して、キョーコを見つめて、今すぐどうにかしてあげようか?と蓮。夜の帝王発動にキョーコは結構ですと取り乱してしまう。うろたえるあまり、キョーコがインテリアの像を倒しそうになるのを蓮が押さえて、冗談だよ、君にはなにもしないよ、と言う。

坊の控え室であれこれ思い返しているキョーコは、蓮にとってキョーコは恋愛対象外だという結論に達したようだ。一瞬がっかりした気持ちを、むしろホッしたぐらいのだと、恋愛の枠外にあるのだと、打ち消そうとする。そこにローリィからの電話。明日からヒール兄妹本格始動らしい。


蓮のキョーコ評、歩く純情さんって(笑) 確かに今のキョーコはそうだな。展開としては不発に終わってしまったけれど、キョーコの恋愛スイッチはしっかり押されてしまっているっぽい。

「DARK MOON」の最終回視聴率は47%だった。
キョーコは相変わらず使い古しのバッグを使ってるのね。


「スキップ・ビート!」感想のバックナンバーはこちらから。

« 活動俳優の恋(英語版「八点鐘」) - 映画の啓示(12-4) | トップページ | 横山光輝「カラー版鉄人28号限定版BOX3」入手のこと »

スキップ・ビート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/51322998

この記事へのトラックバック一覧です: 「花とゆめ」2011年9号 スキップ・ビート!感想:

« 活動俳優の恋(英語版「八点鐘」) - 映画の啓示(12-4) | トップページ | 横山光輝「カラー版鉄人28号限定版BOX3」入手のこと »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ