« 映画「ルパンの奇巌城」の上映館決定 | トップページ | 「スキップ・ビート!」の台湾ドラマに関するニュース 5 »

2011/03/10

雑誌「イブニング」2011年7号 「アバンチュリエ」第5回

森田崇氏による漫画。モーリス・ルブラン原作“新説アルセーヌ・ルパン”。
Chapitre5「アルセーヌ・ルパンの脱獄 中編」

「脱獄」は3回に分かれる、その2回目。
余裕シャクシャクな態度だったルパンは独房を変えられてからふて寝モードにはいり、裁判にはすっかり憔悴しきった姿で現れる。証言台に立ったガニマールは頻りにルパンに目をやり、驚愕の事実を発見してしまう!

思われる、かもしれない、って確実なこと何も言えてないじゃん(笑) 間違いがないと認めますか?って何を。フランス司法の皆様ったらもう。

人人人。人物多っ。うかうかしてると重要人物を見逃しちゃう。後編につながる人や、ある作品で父なる位置に立つ(と私が勝手に解釈している)あの人も。ヴィクトワールとシャロレ父ちゃん、出番がなくて暇だね。

« 映画「ルパンの奇巌城」の上映館決定 | トップページ | 「スキップ・ビート!」の台湾ドラマに関するニュース 5 »

アルセーヌ・ルパン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/51080702

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌「イブニング」2011年7号 「アバンチュリエ」第5回:

« 映画「ルパンの奇巌城」の上映館決定 | トップページ | 「スキップ・ビート!」の台湾ドラマに関するニュース 5 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ