« 雑誌「イブニング」2011年5号 「アバンチュリエ」第3回 | トップページ | 「花とゆめ」2011年6号 スキップ・ビート!感想 »

2011/02/14

モネとジヴェルニーの画家たち

Bunkamura:モネとジヴェルニーの画家たち
http://www.bunkamura.co.jp/museum/lineup/10_monet/index.html
会 期 2010年12月7日(火)― 2011年2月17日(木)
会 場 Bunkamuraザ・ミュージアム


フランスのジヴェルニーという村はモネが40歳代から移り住んだ場所で、モネが住んでからはいわば印象派の聖地のようになって、多くの外国人が移り住んでいたらしい。今回はそのなかからアメリカ人画家がジヴェルニーで描いたものを紹介する展示。場所はセーヌ川のすぐそば、線路沿いにある。もっとセーヌ川から支流に入った場所にあるかと思っていた。

「画家の子供たち」かわいかった。積みわらの連作を模した絵もあったけれど、それを見たあとでモネの積みわらをみると、違う。何が違うか分からないけれど。モネの義娘の絵もあった。2番目の妻の連れ子で、長男の嫁となった女性。

モネの絵も別格で展示されていた。晩年に水に映った柳をモチーフに描いた絵はたしかに抽象画っぽい。


□展示構成
第1章 周辺の風景 1886年から1890年
第2章 村の暮らし 1890年から1895年
第3章 家族と友人 1895年から1905年
第4章 ジヴェルニー・グループ 1905年から1915年

印象派の巨匠・モネが過ごした村を味わう モネとジヴェルニーの画家たち Bunkamuraザ・ミュージアム 2010年12月7日(火)~2011年2月17日(木) WEDGE infinity(ウェッジ)
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/1171
Bunkamuraザ・ミュージアム『モネとジヴェルニーの画家たち』 (2011.01.05更新) 美術館・博物館・展覧会ならミュージアムカフェ
http://www.museum-cafe.com/report/4601.html

« 雑誌「イブニング」2011年5号 「アバンチュリエ」第3回 | トップページ | 「花とゆめ」2011年6号 スキップ・ビート!感想 »

歴史・文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/50870600

この記事へのトラックバック一覧です: モネとジヴェルニーの画家たち:

« 雑誌「イブニング」2011年5号 「アバンチュリエ」第3回 | トップページ | 「花とゆめ」2011年6号 スキップ・ビート!感想 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ