« 横山光輝「カラー版鉄人28号限定版BOX」特設サイトがオープン | トップページ | 清風草堂主人訳「皇后の頸飾」をアップ »

2010/12/20

「花とゆめ」2011年2号 スキップ・ビート!感想

著者:仲村佳樹

蓮に電話をしたキョーコは、「マウイオムライスが食べたいなあ」と頼まれて、なぜか高級スーパーで一緒にお買い物。材料を選んでいるのは蓮で、蓮の買い物につきあわされる形。そのまま蓮のマンションへ。マウイのオムライスって何だろうと疑問に思っているキョーコを後目に料理を始める蓮。

蓮の料理は実にダイナミック。尋常ではない量、常識はずれの作り方に、ただただ驚愕のキョーコ。このあたり、クーとジュリエナの息子っぽい(尋常ではない量は父譲り、実に創作的なのが母譲り)。キョーコのお手伝いは、できあがったただ者ではないオムライスの上にケチャップで「数字の横8文字」(メビウスの輪→永遠→久遠?)を書くこと。

キョーコも一緒に食べるのだけれど、怪物としかいいようのない味。“おりじなりてぃに富んでふぁんたじっくな味”とごまかそうとして泣けてしまうほど。蓮も食べ始めるけれど、口に入れたあと出た言葉は「…マウイ…」。「マウイオムライス」は「まずいオムライス」のことだった。凶悪にまずくなるように作った、らしい。一緒に食べ続ける二人。何かに挑むように食べる蓮に、キョーコも途中で止めることができず最後まで食べようとする。


マウイオムライスを作ったのは2度目らしい。1度目はいつなのだろう。


「スキップ・ビート!」感想のバックナンバーはこちらから。

« 横山光輝「カラー版鉄人28号限定版BOX」特設サイトがオープン | トップページ | 清風草堂主人訳「皇后の頸飾」をアップ »

スキップ・ビート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/50354762

この記事へのトラックバック一覧です: 「花とゆめ」2011年2号 スキップ・ビート!感想:

« 横山光輝「カラー版鉄人28号限定版BOX」特設サイトがオープン | トップページ | 清風草堂主人訳「皇后の頸飾」をアップ »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ