« 生田耕作「翻訳研究室」:ルブラン「813」 | トップページ | デジタルメモ「ポメラ」のガンダムコラボ限定版DM11G »

2010/11/20

連想:十二支

2010年はトラ年ということで出版された虎尽くしの福井栄一『虎の目にも涙』に、「虎の牙の謎」が取り上げられている。そこで、連想してみた。

子…水晶の栓(7)/ポローニアス状態で「鼠め!」と言われる
丑…アルセーヌ・ルパンの帰還(A1)/ダンドレジーが水牛狩りに行って死んだという風聞
寅…虎の牙(11)
卯…特捜班ヴィクトール(19)/うさぎの皮を着たルパン
辰…オルヌカン城の謎(8)/竜騎兵
巳…三十棺桶島(10)/蛇の卵を連ねた数珠
午…813(5)/アルテンハイムの屋敷に馬を牽いていく
未…綱渡りのドロテ/〈金の羊毛〉をもとめて
申…水晶の栓(7)/ドーブレックのあだ名がオランウータン
酉…オルヌカン城の謎(8)/風見鶏
戌…三十棺桶島(10)/フランソワの飼い犬トゥヴァビヤン
亥…オルヌカン城の謎(8)/コション

結構埋まるものだ。


ポローニアス状態で鼠、というのは、シェークスピア「ハムレット」からの引用。

うさぎの皮を着たルパン。何のこっちゃい、って感じだけれど、うさぎはラパンで lapin、ルパンはLupinで掛かっている(笑)
うさぎの皮を着たルパン - 特捜班ヴィクトール(19)

蛇の卵を連ねた数珠はドルイド僧が用いた護符。作中でも触れらているけれど、蛇の卵の正体はウニの化石ということだ。
ミズガルズオルム - 幻想動物の事典suppl.
http://www.toroia.info/dragon/index.php?%E3%83%9F%E3%82%BA%E3%82%AC%E3%83%AB%E3%82%BA%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%83%A0

金の羊毛はギリシア神話が元になっている。
金の羊毛 - 綱渡りのドロテ

犬はよく出てくるけれどほとんどは受難(拳銃で撃たれたり、毒見させられたり…)。そのなかでトゥヴァビヤンは異彩を放っている。

コションは豚という意味で、人に対する蔑称として使われている。ただし、時節も時節であり、並べての人が使うかは別問題。


余談ながら、蛇の卵を連ねた数珠を掛けていたセジェナックと、眠っていたヴェレダはシャトーブリアン「殉教者」に登場するらしい。邦訳はないが、滝川好庸氏の論文に、ヴェレダが登場する箇所の梗概がある。
Les Martyrs (Chateaubriand) - Wikipedia(フランス語)
http://fr.wikipedia.org/wiki/Les_Martyrs_(Chateaubriand)
CiNii 論文 - 「シャトーブリヤンの『殉教者』 : その文学ジャンルについて(上) : 《叙事詩か》」:滝川好庸(1971年)
http://ci.nii.ac.jp/naid/110000187452
CiNii 論文 - 「シャトーブリヤンの『殉教者』 : その文学ジャンルについて(下) : 《小説か》」:滝川好庸(1974年)
http://ci.nii.ac.jp/naid/110000187455

□参考文献
福井栄一『虎の目にも涙』技報堂出版、2009年

« 生田耕作「翻訳研究室」:ルブラン「813」 | トップページ | デジタルメモ「ポメラ」のガンダムコラボ限定版DM11G »

アルセーヌ・ルパン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/50079187

この記事へのトラックバック一覧です: 連想:十二支:

« 生田耕作「翻訳研究室」:ルブラン「813」 | トップページ | デジタルメモ「ポメラ」のガンダムコラボ限定版DM11G »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ