« Geoportailで18世紀の地図を見る | トップページ | 「ゴーゴーミッフィー展」 »

2010/09/19

雑誌「小説現代」2009年8月号 「物語日本推理小説史」ルパンとジゴマ

郷原宏「物語日本推理小説史」第十二回
第十二章 ルパンとジゴマ

アルセーヌ・ルパンとジゴマの日本上陸について書かれている。文末にあげられている参考文献は読んでいるので、だいたい見たことのある内容だ。ルパンシリーズの初期翻訳は判然としない部分もあって難しいのだけれど、現在調査中の内容については以下にまとめている。
ルパンシリーズの初期翻訳


記事中一点気になることがある。1916年(大正5)に出版された「変装紳士」の翻訳者の名前が、「後藤末雄・鵜未島保」となっている。しかし、1916年4月13日付朝日新聞の広告では、「文学士後藤末雄・鵜来島保共訳」と書かれているから、「鵜来島保」が正しいのではないだろうか。長谷部史親「欧米推理小説翻訳史」双葉文庫、2007年では「鵜末島保」となっていて、こちらも誤りと思う。
「変装紳士」は登場人物の名前をそのまま音写した最初の翻訳。主人公の名は“アルセーヌ・リュパン”。


「ジゴマ」は1911年に初めて日本上映された映画で、その一部を近代フィルムセンターで見たことがある。

ロシアの探偵物である清風草堂主人「露西亜探偵物語」は1911年に出版され、何度も再販されているのだが、1912年8月23日付朝日新聞の広告で、「ジゴマ以上の世界的大探偵実譚を見よ」と宣伝文句が付けられていて、ジゴマ・ブームの一端が垣間見える。

ルパンシリーズの初期翻訳
映画「ジゴマ」


□2010/12/02
単行本に収録。
物語日本推理小説史 郷原宏 講談社
http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2166216

« Geoportailで18世紀の地図を見る | トップページ | 「ゴーゴーミッフィー展」 »

アルセーヌ・ルパン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/49499789

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌「小説現代」2009年8月号 「物語日本推理小説史」ルパンとジゴマ:

« Geoportailで18世紀の地図を見る | トップページ | 「ゴーゴーミッフィー展」 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ