« eBookJapanが横山光輝特設ページを開設 | トップページ | 映画「ルパンの奇巌城」の公式ページ »

2010/04/22

「花とゆめ」2010年10号 スキップ・ビート!感想

著者:仲村佳樹

街なかをカインに引っ張られてを歩くセツカ@キョーコ。蓮はカインのスイッチが入っているのではと気づいて、セツカのイメージ「ヒール兄妹、アウトロー、ローテンション」を元に、セツカのスイッチを入れる。振り向いたカインにキョーコはDARK MOONの演技テストの時の蓮を思い出して、失格かと一瞬思ったけど、演技は続行らしい。

着いた場所はジャンヌ・ダルクというブランドショップ(ジャンヌ・ダルクはマリアちゃんが好きなブランド)。カインは洋服の替えがあまりないだろうから、買ってやるから選んでこいという。キョーコは、敦賀さんに洋服を買わせるなんて、と一瞬思うけれど、セツカとして乗っかる。その反応にカインは「何でも好きなだけ持ってこい」と笑みを返す。

キョーコは、蓮がカイン・ヒールとしての笑顔を初めて見せてくれたことが「合格」だったのだとうれしく思う。セツカが相当のブラコンならカインも相当妹を甘やかしすぎだと思う。そして、セツカとして兄にわがままなくらい感情をぶつけてみるべきではないかと考えて、そのときの蓮の演技がみてみたいと思う。


柱で謝罪してらっしゃるけれども、画面が白い…。時間が足りないのかアシスタントの方が不足なのか。お体は大切にしてほしい。でも、カインの表情いいなあ。カイン魂(だま)がちょこっといるのも面白かった。

「スキップ・ビート!」感想のバックナンバーはこちらから。

« eBookJapanが横山光輝特設ページを開設 | トップページ | 映画「ルパンの奇巌城」の公式ページ »

スキップ・ビート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/48149263

この記事へのトラックバック一覧です: 「花とゆめ」2010年10号 スキップ・ビート!感想:

« eBookJapanが横山光輝特設ページを開設 | トップページ | 映画「ルパンの奇巌城」の公式ページ »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ