« リーヴル・ド・ポッシュ版(洋書)の表紙がリニューアル | トップページ | あべこべなエトルタ »

2010/02/20

「花とゆめ」2010年6号 スキップ・ビート!感想

なぞの男カイン・ヒールに「敦賀…さん…ですよね…?」と訝しげに問いかけたキョーコは、にらみつけられ、立ち上がったヒールの迫力に圧倒されて、その場にへたり込んでしまう。ヒール氏が去ったあとも15分も動けずにいた。

この人は敦賀さんではないと感じたキョーコだったが、敦賀さんスケール(敦賀蓮人形を作るためにキョーコが調べた寸法などのデータ)とぴったり合うことに不思議に思う。でも、蓮でないことに安心する。殺気を鎧と凶器にしたようなカイン・ヒールは、蓮とは違うと。

そんなことを考えながら歩いていたキョーコの後ろから、カイン・ヒールの手が伸びて、口をふさがれて路地に連れ込まれる。キョーコはあわててめいっぱい謝る。声をかけてごめんなさい、勘違いしてごめんなさい、変な社長をごめんなさいまで謝る(どさくさにまぎれて・笑) 縮こまってだんご虫状態のキョーコのあたまをなぜてやさしく声をかけたのは蓮だった。カイン・ヒール=蓮だったのだ。

今回は“B・J演じる俳優Xカイン・ヒール”という極秘ミッションのための演技考査だったらしい。演技考査は一応クリアということで、事情を打ち明けられたキョーコに、ローリィは新たな仕事を依頼する。蓮のお守り代わりになってもらおう、と言う。『危ない』仕事はキョーコにとってはここからが本番、というローリィの企みを、まだキョーコは知らない。


キョーコなら必ず秘密を守るし、キョーコを怖がらせてしまったのが心苦しくてしゃべったのだと取り繕う蓮に対して、キョーコに腰を抜かすほどビビられてヘコんだからばらしたんだろう、とお見通しのローリィだった(笑)

柱によると、これからB・J(ビー・ジェイ)編みたいです。「長いんだろうな…」と自らお書きになるほど、長いんでしょうねえ。私はお付き合いしますけど。


「スキップ・ビート!」感想のバックナンバーはこちらから。

« リーヴル・ド・ポッシュ版(洋書)の表紙がリニューアル | トップページ | あべこべなエトルタ »

スキップ・ビート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/47617720

この記事へのトラックバック一覧です: 「花とゆめ」2010年6号 スキップ・ビート!感想:

» スキップ・ビート!ACT153 バイオレンス ミッション フェーズ1.5 [ kuro-ろ~ぐ   kurousa@weblog]
今回マジで続きを楽しみにしてました^^ だつて、あんな終わり方だったからねー ↓↓↓↓↓ここからネタバレデス ご注意ください^^↓↓↓↓↓ 前回、Bossの指令によ [続きを読む]

« リーヴル・ド・ポッシュ版(洋書)の表紙がリニューアル | トップページ | あべこべなエトルタ »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ