« 電子書籍:グーテンベルク21のモーリス・ルブラン作品 | トップページ | 翻訳ミステリー大賞シンジケートの翻訳者リレー・エッセイに平岡敦氏が登場 »

2010/01/24

住田忠久編著「明智小五郎読本」

長崎出版、2009年
セブンネットショッピング! - 書籍 - 明智小五郎読本
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/32315898

1000ページ越えというまさに“圧巻”な本。原作はもちろん、テレビドラマ、舞台、映画、ラジオドラマなどさまざまな形で登場した「明智小五郎」が網羅されている。
私は明智小五郎ものはほとんど知らないので、流し読みになってしまったのだけれど、トリビアな情報がところ狭しと盛り込まれているので、知っている俳優さんの名前が出てきてはこの人知ってると思いながら読んだ。あとは目録か、じゃあ目を通さなくてもいいかなくらいにとらえていたら、目録さえ油断がならなかった(笑)


私はあまり小説を読むほうではないので、江戸川乱歩の作品も少ししか読んでいない。中学校の図書室に偕成社のルパンシリーズとホームズシリーズがあり、たしか学級文庫のほうに怪人二十面相シリーズがあったと思うのだけれど、私は手を伸ばすことがなかった。(ルパンファンのサガとしてある作品は読んだが)

ほかにはNHKのラジオを聴いた影響で「押絵と旅する男」などを何作か読んだ。そのラジオは目録にはサウンド夢工房「屋根裏の散歩者」(たぶん青春アドベンチャーの枠で再放送されていたと思う)で、主な朗読の担当は広川太一郎さんと羽佐間道夫さん。私はこのお二人が好きで、うれしいことしきりだった。渋い声の時、トーンが少し似ているところがあって、今のどちらだっけ?と混乱することも(当時はまだ耳が鍛えられていなかった)。

広川さん(明智)と羽佐間さん(二十面相)のコンビで演じられたのが、NHKラジオで放送された怪人二十面相もの。広川さんがお亡くなりになったあと、機会あって何作品か聞いたのだけれど、広川さん何してるんですか?という感じで楽しかった(笑) 羽佐間さんも八面六臂の活躍で、豪快な高笑いはなんとも羽佐間さんらしい。「黄金仮面」は聞いていないけれど、黄金仮面役の久松保夫さんといえば「スタートレック」のミスター・スポックの吹き替えの人だ。(巻末のラジオ目録で久松さんの名前が間違っている。本編の方の表記は正しい。)

テレビドラマは陣内さんのものを見た。内容は覚えていないが、雰囲気が好きだった。映画は見たことがない。K-20も見てないのだけれど、ポスターはゾロっぽいと思った。

« 電子書籍:グーテンベルク21のモーリス・ルブラン作品 | トップページ | 翻訳ミステリー大賞シンジケートの翻訳者リレー・エッセイに平岡敦氏が登場 »

書籍・雑誌 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/47382952

この記事へのトラックバック一覧です: 住田忠久編著「明智小五郎読本」:

« 電子書籍:グーテンベルク21のモーリス・ルブラン作品 | トップページ | 翻訳ミステリー大賞シンジケートの翻訳者リレー・エッセイに平岡敦氏が登場 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ