« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009/11/30

鉄人28号の巨大モニュメントの特別住民票がダウンロード提供中

神戸市民として交付された鉄人28号の特別住民票が、神戸市長田区のホームページから無料でダウンロードできます。期間は2009年11月30日~2010年1月31日(日)まで。

神戸市長田区:長田のまちに ガオー!!
http://www.city.kobe.lg.jp/ward/kuyakusho/nagata/oshirase/oshirase/news09100101.html

神戸市長田区:トップページ
http://www.city.kobe.lg.jp/ward/kuyakusho/nagata/
神戸市:記者発表資料鉄人28号の特別住民票交付と無料ダウンロード
http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/2009/11/2009112727001.html

特別住民票の贈呈式では4人の「しょうたろう」くんが受け取ったそうです。

FNNニュース: 神戸市長田区の新たな名物、実物大の「鉄人28号」に特別住民票交付
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00167457.html

住民票は交付されたが、神戸市は、鉄人には選挙権はなく、住民税も免除になると話している。

なんとシビアな(笑)

しょうたろうくんは赤いスポーツカーに乗って登場したようです。操縦器はそれぞれ手に持っていますね。乗って現れたのは代表の子かな? 一人だけ正太郎の格好をしています。
NHKニュース 神戸 鉄人28号に住民票交付(動画あり)
http://www3.nhk.or.jp/news/t10014082741000.html

「鉄人28号」、神戸市民に 特別住民票を交付 : ニュース : 関西発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20091130-OYO1T00285.htm
神戸新聞|社会|選挙権はないですが… 鉄人28号に住民票交付
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0002549417.shtml
時事ドットコム:鉄人28号に神戸市が特別住民票=「しょうたろう」君に代理交付
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009112900084

2009/11/29

宮原諄二『「白い光」のイノベーション』

朝日選書、2005年

白い光。自然界にある光。原始からある火の黄色い光とは異なる白い光の発明そして発明が引き起こしたイノベーションについての本。

科学知識の部分については内容を理解できている訳ではないが、一般的に使われている発明に関する語句を丁寧に説明していて、新しいものを発明していくことの難しさや、発明と普及とはまた別の成功の要素があることがわかった。その象徴が「インベンション(発明)は必ずしもイノベーションとはならない」という言葉だろう。

 産業界はもちろん一般の家庭まで広く普及した最初の「白い光」、「白い光の第1のイノベーション」が登場したのは、19世紀も後半になってからだった。さきほど、「明かりの歴史を1日にたとえると、その1日が終わる30秒前にやった白い光が実現した」と書いたのは、こういうことだ。その最初の「白い光」は現在でもキャンプで使うあのガスランタン、性格には「白熱ガス灯」である。2番目のイノベーションは20世紀の初めに急速に普及した「白熱電球」、3番目は20世紀後半になって急速に普及した「白色蛍光灯」。「白い光」の歴史で、インベンションを越えたイノベーションと言えるのは、この三つにすぎない。
 そして、21世紀になる寸前になって、「白い光の第4のイノベーション」として「白色発光ダイオード」があらわれた。(P34)

白色発光ダイオードの開発が成功するのは21世紀になってからだろうと思われていたらしい。それを打ち破ったのが日本の会社。すごい。発光ダイオードは信号機に採用されるなどして普及が進んでいる。(青色の発光ダイオードがソコン関係の機器に使用されているものを持っているが、個人的にはまぶしい。時と場合が必要だと思う)

白い光とは昼間の北側の窓から差し込む太陽の光のことで、昔の工場でギザギザの鋸のような屋根のものが多かったのは、北側から差し込む光を効果的に取り込むためだったらしい。日本では最初に大阪の紡績工場で採用された。繊維の細かい色具合を確かめるためには太陽の白い光が不可欠だった。

日本工業規格(JIS)では、「白い光」を、「晴れた日の日の出から3時間後から日没の3時間前の光であって、かつ北側の窓から差し込んでくる光」と定義している(P18)

二十世紀末まで白熱ガス灯には放射能が含まれていたことを知ったのがこの本を書くきっかけであったらしい。日本では東邦ガスが放射能を含まないガス灯を開発し販売している。古くて新しい白い光だ。

「ドコモ for PC」加入キャンペーン

ドコモのデータ通信加入で鉄人28号キューブリックがもらえるキャンペーンがあるようです。「05:イロイロもらえる!」メニューに全身画像があります。

ドコモ for PC データ通信もドコモ品質で! | NTTドコモ
http://answer.nttdocomo.co.jp/t28/

ドコモの「定額データプランスタンダード」ご加入で
オリジナル鉄人28号キューブリックがもらえる
期間は2009年12月1日から2009年12月31日まで。

2009/11/27

デジタルメモ「ポメラ」のプレミアムモデルが発売決定

デジタルメモ「ポメラ」の“書く”機能を強化したプレミアムモデル「DM20」がが発売するそうです。2009年12月11日発売予定。

KING JIM:デジタルメモ「ポメラ」DM20発売
http://www.kingjim.co.jp/news/0911/n-pomera.html
デジタルメモ「ポメラ」 | KING JIM(DM20)
http://www.kingjim.co.jp/pomera/dm20/index.html

従来の機種DM10のページは以下のアドレスから。
デジタルメモ「ポメラ」 KING JIM
http://www.kingjim.co.jp/pomera/index.html


キーボードと乾電池起動はそのまで、画面が大型化しています。1ファイルの容量制限のサイズが大きくなったり、フォルダに対応したりと「メモ」部分がいろいろと強化されているようです。

良いなと思うのは画面サイズが大きくなったこと、文字サイズの種類が増えたこと、フォルダ機能が使えるようになったこと。興味があるのはQRコード、ATOK辞書でしょうか。今回のデザインは明らかに男性ターゲットだから、女性ターゲットのバージョンも出るのではないかと期待しています。2009年11月時点で9万台の売上だそうです。うち8割5分は男性ユーザー。


□関連記事
【PC Watch】 キングジム、デジタルメモ「ポメラ」にプレミアムモデル ~大画面化、編集機能強化
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20091125_331216.html
誠 Biz.ID:仕事耕具:テキストを入力するだけの「ポメラ」にプレミアムモデル、QRコード対応で携帯との連携強化
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/0911/25/news066.html
“モノ書き”のためのプレミアムな「ポメラ」DM20--キングジム、編集機能を強化ニュース - CNET Japan
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20404195,00.htm
ASCII.jp:大画面化だけじゃない! 「ポメラ」の上位機種を発表
http://ascii.jp/elem/000/000/478/478231/
キングジム、テキスト編集機能を強化した「ポメラ」新モデルを12月発売 - japan.internet.com Webテクノロジー
http://japan.internet.com/webtech/20091125/9.html

従来機種との比較表あり
キングジム、新「ポメラ」発表! 液晶の大型化とケータイ連携で魅力アップ - デジタル - 日経トレンディネット
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20091124/1030380/

開発者インタビュー
誠 Biz.ID:新型ポメラのよく分からないところを、開発担当の立石さんに聞いてみた
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/0911/25/news101.html

DM10使用者のレビュー
なお、DM10のATOK変換候補の数字入力についてはソフトウェアのアップデートで解消されています。
誠 Biz.ID:帰ってきた「ポメラで書くポメラ日記」:細かすぎてDM10ユーザーにしか伝わらない? 新ポメラ「DM20」の良さ (1-2)
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/0911/26/news028.html

ポメラの開発秘話
“電子メモ帳”で20年ぶりのヒット 文具らしさ追求、ニッチ市場拓く - 改革の軌跡 あのプロジェクトの舞台...:ITpro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20091120/340855/

関連記事のまとめ
誠 Biz.ID:キングジム「ポメラ(pomera)」 まとめ
http://bizmakoto.jp/bizid/pomera.html


□2009/12/05
DM20のマニュアルがアップロードされています。細かいところが代わっているようです。F7で文字数だけでなく行数表示もされるとか地味にうれしい。

KING JIM:サポート&ダウンロード>「ポメラ」関連 取扱説明書ダウンロード
http://www.kingjim.co.jp/support/pomera_manual.html

レビュー記事
asahi.com(朝日新聞社):デジタルメモ「ポメラ」に“プレミアム”な新モデル登場 - 斎藤・西田のデジタルトレンド・チェック - デジタル
http://www.asahi.com/digital/digitre/TKY200912010397.html
ASCII.jp:ポメラの新機種「DM20」の「プレミアム」とはなにか?|西田 宗千佳のBeyond the Mobile
http://ascii.jp/elem/000/000/480/480506/

QRコードについての補足
脊髄反射禁止! : pomera DM20と連結QRコードの仕様&サンプル
http://blog.livedoor.jp/unixper/archives/52389581.html

2009/11/26

デジタルメモ「ポメラ」のためのファイル分割ツール

ポメラには1ファイルごとの文字数制限があるため、大きなテキストファイルをポメラやmicroSDにコピーするとき、小さく分割しなければいけません。その時に使っているのが以下のツールです。指定したサイズ以下のファイルに分割してくれます。分割は改行の箇所で行われるので、文章の途中で切れることはありません。

現在はDM10なので分割サイズには15KB(15000)を指定しています。DM10の制限は全角8000文字なので15KB。DM20は28000文字なので54KBですね。

このツールでは元のファイルと同じフォルダにファイル名と同じフォルダが作られて、その中に分割ファイルが収まるので、コピーするためにはフォルダを開いてコピーする必要がありました。DM20ではこのフォルダごとコピー出来るってことですよね。だったら嬉しい。

Vector:分割txt (Windows95-98-Me - ユーティリティ) - ソフトの詳細
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se364607.html


ファイル分割には、ポメラのDM10に特化したツールもあるのですが、分割txtのほうが改行(分割箇所)の認識がスマートかなと思います。

窓の杜 - 【REVIEW】テキスト形式の電子書籍をポメラで閲覧可能なサイズへ分割「ポメラDE読書」
http://www.forest.impress.co.jp/article/2009/03/16/pomeradedokusyo.html


なお、ポメラに転送するテキストファイルの文字コードは「シフトJIS」のみ有効です(改行コードはCRLF)。

2009/11/25

オムニビュス社の3巻本の全集(洋書)

「Les aventures extraordinaires d'Arsene Lupin」というタイトルのオムニビュス社の全集。「アルセーヌ・ルパンの驚異的な冒険」という意味で、ルパンシリーズの大半を発表順に収録している。また、1巻にはルブランの小伝、2巻にはルパン年表、3巻には書誌情報やルパン映画の紹介がある。


□各巻の収録タイトル
作品No.は作品リストのNo.。「アルセーヌ・ルパンの帰還(A1)」と「ルパン最後の事件(21)」は収録されていない。

巻数No.通しNo.タイトル備考作品No.作品名
111Arsene Lupin gentleman cambrioleur1怪盗紳士ルパン
22Arsene Lupin contre Herlock Sholmes2ルパン対ショルメス
33Arsene Lupin戯曲3戯曲アルセーヌ・ルパン
44L'Aiguille creuse4奇岩城
558135813
66Les confidences d'Arsene Lupin6ルパンの告白
77Une aventure d'Arsene Lupin戯曲A5アルセーヌ・ルパンの冒険
88Le Bouchon de cristal7水晶の栓
219L'Eclat d'obus8オルヌカン城の謎
210Le Triangle d'or9金三角
311L'Ile aux trente cercueils10三十棺桶島
412Les dents du tigre11虎の牙
513Les Huit coups de l'horloge12八点鐘
614La Comtesse de Cagliostro13カリオストロ伯爵夫人
3115La demoiselle aux yeux verts14緑の目の令嬢
216L'Homme a la peau de bique短編A2山羊皮服を着た男
317L'Agence Barnett et cie15バーネット探偵社
418La Demeure mysterieuse16謎の家
519Le Cabochon d'emeraude短編A3エメラルドの指輪
920La Barre-y-va17バール・イ・ヴァ荘
721La Femme aux deux sourires18二つの微笑を持つ女
822Victor, de la Brigade mondaine19特捜班ヴィクトール
923La Cagliostro se venge20カリオストロの復讐


□書籍の情報
書籍名:Les aventures extraordinaires d'Arsene Lupin (Tome 1,2,3)
著者:Maurice Leblanc
出版社:OMNIBUS
出版年:2004,2005
ISBN:1…9782258065222/2…9782258065215/3…9782258065208(ペーパーバック)
3巻セット…9782258069466

Omnibus(フランス語)
http://www.omnibus.tm.fr/
Omnibus - Maurice LEBLANC(フランス語)
http://www.omnibus.tm.fr/fiche_auteur.php?id_aut=14563
1:http://www.omnibus.tm.fr/les-aventures-extraordinaires-d-arsene-lupin-maurice-leblanc-L9782258065222.html
2:http://www.omnibus.tm.fr/les-aventures-extraordinaires-d-arsene-lupin-maurice-leblanc-L9782258065215.html
3:http://www.omnibus.tm.fr/les-aventures-extraordinaires-d-arsene-lupin-maurice-leblanc-L9782258065208.html
3巻セット:http://www.omnibus.tm.fr/coffret-les-aventures-d-arsene-lupin-maurice-leblanc-L9782258069466.html

紀伊国屋書店
1:http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/booksea.cgi?ISBN=9782258065222
2:http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/booksea.cgi?ISBN=9782258065215
3:http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/booksea.cgi?ISBN=9782258065208
3巻セット:http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/booksea.cgi?ISBN=9782258069466

□2010/02/18 最終更新

2009/11/23

灯りの情景/日本を明るくした男たち

最近「灯り」について興味があるので行ってみた。

■灯りの情景―灯りと人の物語―
期間:2009年10月24日~2010年01月11日
会場:川崎市市民ミュージアム
企画展示室1 展示・上映・イベント 川崎市市民ミュージアム
http://www.kawasaki-museum.jp/display/exhibition/exhibition_de.php?id=89


約2000点収蔵されている灯火具コレクションの中から、灯りの歴史をたどり、日本人の生活とのかかわりを再考する。内1900点は個人からの寄贈というからすごい。

壁や畳にぶっさして使う灯火具もある。並んでいる様はまるで拷問部屋(笑)

カンテラとランタンをよく混同するのだけれど、その違いがわかった。体験コーナーとして、昔の灯りの大きさ(燭光)数を再現したものがあったけれど、暗い。本物ではなく、このくらいの明るさでしたよ、というのを再現しているだけだけれど。実際に使われていた灯火具が何点かさわることができて、がんどうのろうそくが倒れないようになっている工夫とか、折りたたみの灯台の仕組みなどがみられてよかった。さわれるものは小型だったけれど、展示には大型のものもあった。なかなかうまくできている。

実際に使われているようすが、浮世絵でみることができて、これはよかった。ちょうちんなどはよく見るけれど、明治にはいると、ガス灯や、人力車や自転車につけるあかりも登場する。

□展示構成
1. プロローグ~日本の灯りの歴史~
2. 灯火具いろいろ
3. 灯りの体験 あかるさ比べ・灯りのある光景
4. 描かれた「灯りの情景」
5. エピローグ -新しい「灯り」- 現代の照明


■日本を明るくした男たち―近代化を支えた電気のエンジニア―
期間:2009年9月15日(火)~11月29日(日)
会場:国立科学博物館、日本館1階企画展示室
日本の科学者技術者シリーズ 「日本を明るくした男たち-近代化を支えた電気のエンジニア-」
http://www.kahaku.go.jp/event/2009/09engineer/index.html
行灯からLEDまで、科博で明かりの企画展を開催|日経BP社 ケンプラッツ
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/news/20090916/535408/?ST=led


電気の普及に尽力した藤岡市助という人物が中心に紹介されていた。

最初に電灯がともされたのは1878年。アーク灯だった。実用としては1992年に銀座でともされた。これと同じアーク灯も展示されていた。結構でかい。

ガス対電気の戦い。1972年にガス灯事業が始まり、1874年には東京・銀座でもガス灯がともった。しかし、ガス灯は1915年をピーク二減少して、1937年には姿を消すことになる。

電気が最初似使われたのは灯りとしてだから、電気といえば電灯となった。(電気を消す、電気をつけると言うのは一般的だよね。私は同じ行為をひぃ消す、ひぃつけるとも言うけれど、たぶん方言で一般的ではないと思う。共通語としてはひ=灯は電灯のことをストレートに指さないのではないかと)

最初に動力として電気が使われたのは凌雲閣(十二階)のエレベーターが最初らしい。昔にも電気自動車があったはず、と思って調べたら、凌雲閣ができたのは1890年で、始めて日本に電気自動車が輸入されたのは1899年とのことだった。

おしえて!電気自動車03電気自動車の歴史
http://www.car-mania.biz/catid_4_blogid_2.html

ほかにも電車の話や電球の話、エジソンの紹介、LEDについてなど、電気のことが展示されていておもしろかった。

台湾との海底電線の敷設についても触れられていた。以下によると1897年。
電気の歴史年表[電気史偉人典]
http://www.ijinten.com/category/nenpyo.htm


10月21日は「あかりの日」
TOKYO MX *TOKYO MX NEWS:「あかりの日」 エジソンからLEDまで
http://www.mxtv.co.jp/mxnews/news/200910218.html

雑誌「ネムキ」2009年11月号に「怪盗アルセーヌ・ルパン 八点鐘」掲載

JET氏による漫画化。今回は事件8「マーキュリー骨董店」。

朝日新聞出版 最新刊行物:雑誌:ネムキ:ネムキ 2009年11月号
http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=10837
ネムキ│アサヒコミックオンライン・ホラーコミック - ASAHI COMIC Online
http://asahi-comic.com/magazine/nemuki/


最終回。ガニマールを絡ませるのはちと無理があるように感じたが、大団円かなと。

作中のメルクリウス(マーキュリー)像に関しては「青年」が正解で間違いないと思うが、私はとある理由から子供のイメージだったのでそうか青年だったかと笑ってしまった。

「スキップ・ビート!」が台湾の大学で上演

中華大学の日本語専攻の卒業公演として「スキップ・ビート!」が日本語で上演されたようです。上演されたのは2009年10月28日です。中華大学は台湾にある大学のようですね。

自由電子報 - 中華大學外文系畢業公演 改編日漫華麗的挑戰(中国語)
http://www.libertytimes.com.tw/2009/new/oct/27/today-art6.htm
華麗的挑戰 中華日文組畢演 桃竹苗 地方新聞 聯合新聞網(中国語)
http://udn.com/NEWS/DOMESTIC/DOM3/5216470.shtml

予告の動画がありました。
Blank 【中華大學】 外文系95級日文組 畢業公演 《華麗的挑戰》(中国語。ポスターと動画)
http://blank080615.blog105.fc2.com/blog-entry-386.html
Someday For Somebody 20091028 卒業公演-華麗的挑戰宣傳片(中国語。動画)
http://runny.blog125.fc2.com/blog-entry-22.html

デジタルメモ「ポメラ」ソフトウェアアップデート(Ver.1.2.0)

「ポメラ」のソフトウェアアップデートが発表されていました。今回のアップデートはキングジムでアップデートサービスをやっていないので、作業は各自で行う必要があります。そのためにはポメラとパソコンをUSBケーブルで接続しないといけないようですが、普段はmicroSDを介してデータのやり取りをしているので、アップデートファイルをmicroSDにコピーする作業はすぐできるけれど、アップデート作業は面倒。ケーブルどこだっけ。

KING JIM:「ポメラ」DM10ソフトウェアアップデートのご案内
http://www.kingjim.co.jp/news/0901/p-pomera_goannai.html
KING JIM:サポート&ダウンロード:「ポメラ」関連ソフトウエアアップデート
http://www.kingjim.co.jp/support/pomera/pomera_dm10_01.html


レビュー記事。
ポメラはイカす電子メモ!ギミックに惚れ実用性に唸る/Tech総研
http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/tech/docs/ct_s03600.jsp?p=001583&vos=nyternns000000000001

2009/11/22

プチ・ショック(その2)

※以下の文章は「アルセーヌ・ルパンの逮捕(1-1)」の内容に触れています。※


さて、推理もどきを楽しむ乗客は名簿から容疑者を絞り込んでいく。

「とすると、犯人は名簿の最後のひとりであるという結論になりますね」
「ということは?」
「ロゼーヌ氏だということです。どなたか、ロゼーヌ氏をごぞんじですか?」
 みんなはだまってしまった。だが、ミス・ネリーは、彼女につきまとってぼくをいらいらさせている例の無口な青年のほうを向いて、こう言った。
「さあ、ロゼーヌさん、ご返事なさらないの?」
 みんなが彼のほうに目を向けた。彼は金髪だった。
 正直言って、ぼくはショックみたいなものを感じた。みんなは気づまりをおぼえてだまりこんでしまった。それで、みんながぼくと同じように息苦しい思いをしていることがわかった。(岩波少年文庫「怪盗ルパン」P16)

小さなショックを感じた。原文はこう。

Avouons-le, je sentis comme un petit choc au fond de moi.

ミス・ネリーを介したライバルである二人は、互いに名前を知らなかったのだ。アルセーヌ・ルパンもここで初めて知ったと思う。驚き、閃いて、意地の悪さを思い切り発揮する。(プチ・ショック(petit choc)なんかじゃなくて結構驚いたでしょ?)

ハヤカワ文庫版はロゼーヌの名前を知ってたという風にもとれる。改めて考えてみたけれど、知らなかったと解釈する方が妥当と思う。

正直言って、ぼくはいささか胸が痛んだ。気まずい沈黙があたりを包みこむ。きっとその場にいるほかのみんなも、同じような重苦しさを感じているのだろう。もっともそれは、道理に合わない話だった。青年の態度には、怪しいところなど何ひとつなかったのだから。(ハヤカワ文庫「怪盗紳士ルパン」P16-17)

最初、電信内容はルパンが関わったものなのだろうかと考えてみたけれど、電信内容を操作するのは無理がある。それに、電信が最後まで届いていたとしてもそれ相応の用意はあった。ルパンはこの偶然がなかったら動かなかっただろうし、ロゼーヌの拘束は“船長と親しい人間”の介在があってのことだと思う。ターニングポイント、キーポイントはどこで、誰がどう動いたかを見極めなければならない。この作品は親切ではないが、必要なことは書いてある。


この話は謎を解く話ではないと考えるべきなのだろう。アルセーヌ・ルパンは自分の正体を隠匿するためというよりも、女性の歓心を買うために行動している。しかし、自分の正体がばれればそれで終わり。最初から失恋するのは分かっていたことだ。最後の瞬間まで恋を楽しむ一青年でなくてはいけない。そこにどんな言葉を足しても無粋になってしまう。

「でも、できたら、ルパンが逮捕されるところを、この目で見てみたいわ!」と、彼女が女性特有の、いくぶん残酷な好奇心を見せながら言った。(岩波少年文庫「怪盗ルパン」P29)

ああ女って残酷。


この作品は第1話だけあって意味深な描写がいくつもある。

ルパンはたしかに趣味と生まれながらの天才によってぬすみをはたらいている。と同時に、たのしみのためにもやっている。まるで、自分が演出する芝居を自分でたのしみ、と同時に、自分が考えついたしゃれた台詞や場面を、舞台裏から腹をかかえて笑いながらたのしんでいる紳士。そんな感じだった。(同P23)

このタイプの話で典型的なのは「白鳥の首のエディス(6-7)」だろう。「獄中のアルセーヌ・ルパン(1-2)」や「赤い絹の肩掛け(6-5)」もこのタイプになる。私は「アルセーヌ・ルパンの逮捕(1-1)」と「奇岩城(4)」も同じタイプの話だと考えている。同じタイプと言っても違いはある。前者3つは成功譚、後者2つは失敗というより半成功譚というべきだろうか。また「獄中のアルセーヌ・ルパン(1-2)」や「白鳥の首のエディス(6-7)」の謎はルパン自身が作り出したものだが、「赤い絹の肩掛け(6-5)」は既にある謎をルパンが利用したものだ。

「アルセーヌ・ルパンの逮捕(1-1)」を取り上げようと思ったのは、「アルセーヌ・ルパンの逮捕(1-1)」と「奇岩城(4)」の構造が似ていると思ったから、なのだけれど、それを説明するのはなかなかに難しい。まず「逮捕」だけでも説明がややこしいし、「奇岩城」はもっとややこしい。ルパンが書いた台本の部分では「謎」で話を引っ張っている。「逮捕」ではアルセーヌ・ルパン、「奇岩城」ではレギーユ・クルーズという極上の謎。抗えるはずがない。しかし、ルパンが台本を書いている範囲にいない人物がいる。ガニマールとショルメスだ。空気に飲まれないでいれば見破るのは難しくないと書いたが、ガニマールは船中のいざこざとは無縁だった。「アルセーヌ・ルパンの脱獄(1-3)」では空気に飲まれてしまっている。そして不確定の要素、ルパンから行動が読めない存在、つまりヒロインがいる。こういう仕立てにしているのは、作者がアルセーヌ・ルパンという男の物語であることを大切にしているからだと思う。


余談。ポプラ社版を確認してみたところ、ダンドレジーが電報を読み上げている。それは予測の範囲内だったけど、乗船名簿が乗客に配られることになっていて仰け反った。ご丁寧にも住所や職業まで書いてあるらしい。そんな船嫌だ。


□2012/06/20
乗船名簿について。この記事を書いたときに私の頭にあったのは、船員が乗客を管理するための名簿だったけれど、実際は乗客に配布される乗客名簿があったらしい。

以下のページに1907年のプロヴァンス号(作中のプロヴァンス号のモデル)一等客室の乗客名簿がある。ほぼ名前だけの簡潔なものだ。

Listes de passagers(フランス語)
http://www.frenchlines.com/passager_index_fr.php


プチ・ショックの箇所で名前を知らなかったのではと考えたが、現在は保留。

ミス・ネリーがぼくにたずねてきたとき、ちょうどその青年も取り巻きたちのなかに加わっていた。(ハヤカワ文庫「怪盗紳士ルパン」P13)

彼はあの男が聞いているのを知りつつ言ってるいってるんだ。少なくとも彼の外見は分かるわけだし。性格悪っ(^^;;

「ミステリマガジン」2012年7月号に掲載された初出版を読んで同席していることに気づいた。あの男が同席しているかどうか翻訳によっては不明瞭で、最初この文章を書いたときは不明瞭な印象が強かった。ポプラ社版では、あの男が偶然通りがかったように書かれているので、それも混乱の元だったかもしれない。


※以上の文章は「アルセーヌ・ルパンの逮捕(1-1)」の内容に触れています。※

プチ・ショック(その1) - アルセーヌ・ルパンの逮捕(1-1)

※以下の文章は「アルセーヌ・ルパンの逮捕(1-1)」の内容に触れています。※


船にアルセーヌ・ルパンが乗り込んでいる、という気づまりから解放されるために、乗客たちは探偵のまねごとを始める。手始めに手掛かりを整理していくのだが…。

「どんな手がかりですの?」
「第一に、ルパンがR……氏と名のっていることです」
「それだけではちょっとはっきりしませんわ」
「第二に、同行者がいないこと」
「そんなことが手がかりにいなるのかしら!」
「第三に、金髪であること」
「それで?」
「あとは、船客名簿をしらべて、こうした手がかりにあてはまらないものを除外していけばよいのです」
 ぼくはポケットに船客名簿をもっていたので、それをとりだして、ざっと目を通した。
「まず気がつくのは、頭文字がRである名前のものは十三人しかいないということです」(岩波少年文庫「怪盗ルパン」P15)

ここで敏い人は怪しいと気づくはず。なぜなら電報にはこう書いてあったのだから。

イットウセンシツニ アルセーヌ・ルパンアリ。キンパツ ミギウデニフショウ ドウコウシャナク ギメイハR……(同P11)

一等船室にアルセーヌ・ルパンあり。金髪、右腕に負傷(正確には右の前腕。肘から手首まで)、同行者なく、偽名はR…。

非常に素朴なやり方なので、空気に飲まれないでいれば見破るのは難しくない。だからこそテンポや雰囲気、というよりむしろさりげなさ、そして無線電信の文章と一定の距離を置くことが大切だ。

一等船客は皆きちんとした身なりをしているし、淑女が紳士の服をはがすわけにはいかないから、傍目には分からない特徴と言える。それでも気になるらしく…。

ミス・ネリーが無邪気にたずねた。
「でも、けがはしていらっしゃらないでしょう?」
「ええ、けがはしていません」
彼はせかせかとそで口をまくりあげて、腕をだして見せた。(同P17)

誰が発言したかが大事だ。アルセーヌ・ルパンの潜伏について話題を提起したのは、賢しらな探偵気取りの男ではなく、幾分無邪気な若い女だった。

翌日、ミス・ネリー・アンダーダウンがさけんだ。
「こんなことが、まだ五日間もつづくのかしら! たまらないわねえ! 早くつかまえてくれればいいのに!」
 それから、ぼくに向かってこうたずねたものだ。
「ねえ、ダンドレジーさん、あなたは船長さんと親しくしていらっしゃるから、きっとなにかごぞんじでしょう?」
 ミス・ネリーによろこんでもらえるのなら、ぼくもなにか知っていると言いたいところだった!(同P12-13)

この男は確実に女で身を滅ぼすタイプだな。
というのはさておき、最初に引用した部分で、どうしてもツッコミを入れずにはいられない箇所がある。どこから出した乗船名簿か(これ疑問じゃなくてツッコミ)。この名簿は写しであれ本物であれ無傷ではないだろう。


「逮捕」の発表は1905年。大西洋横断の通信に成功していたものの、実用化、ビジネス化は不十分で、フランスとアメリカで直接無線で連絡を取ることはまずできなかったと考えられる。直接連絡できないということには、この話を成立させるために重要なことが少なくとも2点含まれている。船にある乗船名簿とフランスの港に残されている乗船名簿(予約名簿)との突合せができないということ。ガニマールは船長・船員と同等以上の情報を持っていないということ。

マルコーニの大西洋横断無線電信実験の真実
http://www.geocities.jp/hiroyuki0620785/intercomp/wireless/transatrananticexp.htm


□2009/12/08
すみません。勘違いというか知識不足でした。大西洋間は1866年に海底電線が通っているので、電報は有効。名簿がポケットから出てきたという点について、この記事を書こうとして再読した時に初めて気づいて考えてみたのだけれど…良く分かりません。

ルパンシリーズでは「必要ない」と判断してなのか「おわかりでしょう?」なのか分からないけれど、あえて書かないことがあるので、いざ読もうとすると分からないことが多くなる。この話で言えることは頭文字がRの一等船客がが13人というのは信用できない、ということ。私は、加えて、この男が持っている以上本物の乗船名簿がそのままであるはずがないと思う。

また、プロヴァンス号は「transatlantique rapide」(快速の大西洋航路の船)で、もっとも早くアメリカにつく船。ガニマールは先回りをしていたのではなく、元からアメリカにいた(向かっていた)と考えられる。

未来の船・プロヴァンス号


※以上の文章は「アルセーヌ・ルパンの逮捕(1-1)」の内容に触れています。※

2009年11月7日付朝日新聞 デュークエイセス「鉄人28号」

2009年11月7日付け朝日新聞の別紙「be」の「うたの旅人」にデュークエイセスさんの「鉄人28号」が取り上げられています。ようやくすべてよむことができました。「グリコ」はNHK以外では歌うそうです。

asahi.com(朝日新聞社):震災の町に「ガオー」 「鉄人28号」 - ショッピング
http://www.asahi.com/shopping/tabibito/TKY200911050260.html


雑誌「週刊アスキー」2009年12月1日号の唐沢なをきさんの漫画絵「電脳なをさん」がドコモの鉄人28号ネタでした。

「ドコモのCMに出ている例のアレ」。漫画初登場時の鼻の高い鉄人です(笑) ご兄弟で鉄人のパロディ本を出していただけあってさすがのネタ使いです。

鉄人28号の巨大モニュメントの切手発売予定

鉄人28号のモニュメントが建造される様子がそのまま切手になっています。2009年11月27日から販売予定。

asahi.com「鉄人28号」「ルミナリエ」切手に-マイタウン兵庫
http://mytown.asahi.com/hyogo/news.php?k_id=29000000911200003

プレスリリース‐郵便局
http://www.jp-network.japanpost.jp/notification/pressrelease/2009/3001_09_04_909111901.html
オリジナルフレーム切手『KOBE鉄人プロジェクト』の販売について(PDF)
http://www.jp-network.japanpost.jp/notification/pressrelease/2009/document/3001_09_04_909111901.pdf


この切手は神戸市兵庫、長田、須磨、垂水、西の5区内の郵便局(簡易局除く)で販売され、通信販売はないそうです。ただし、11月29日のイベントでも販売されるようです。
鉄人28号の巨大モニュメントに特別住民票交付

鉄人28号の巨大モニュメントに特別住民票交付

鉄人28号のモニュメントに特別住民票が交付され、神戸市民となるそうです。11月29日のイベントで、長田区の小学生「かねだしょうたろう」君が代理で受け取るそうです(笑)
雑記帳:「鉄人28号」晴れて神戸市民 特別住民票交付 - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20091120k0000m040073000c.html
神戸新聞|社会|「鉄人28号」が神戸市民に 住民票交付へ
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0002526833.shtml
「鉄人28号」が神戸市民に 特別住民票交付へ - 47NEWS(よんななニュース)
http://www.47news.jp/CN/200911/CN2009111901000371.html


11月29日(日)のイベントは「LIVE CAFE 28」と銘打って、鉄人のモニュメントの足元“鉄人広場”で行われるそうです。

神戸市:記者発表資料鉄人28号の特別住民票の交付
http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/2009/11/2009111927001.html

KOBE鉄人PROJECT(神戸鉄人プロジェクト)鉄人28号&横山光輝三国志
http://www.kobe-tetsujin.com/
「鉄人広場」完成記念イベント開催!(PDF)
http://www.kobe-tetsujin.com/pdf/1129.pdf


鉄人28号のある若松公園では消防訓練が行われ、園児らがはしご車で鉄人の近くに上ったそうです。

鉄人28号広場で消防訓練~神戸・長田区  MBSニュース - MBS毎日放送の動画ニュースサイト -(動画)
http://www.mbs.jp/news/kansaiflash_GE091120224400297327.shtml
高さ15メートル…鉄人28号と園児にらめっこ  - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/091120/trd0911201341005-n1.htm


□2009/11/28
ライトアップされた鉄人。鉄人広場の様子も見られます。
夕闇に浮かぶ鉄人28号 : トピックス : 関西の動画 よ~みて : 関西発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)(動画あり)
http://osaka.yomiuri.co.jp/movie/topics/mv91126a.htm

2009/11/17

「Dictionnaire Arsene Lupin」を閲覧した

アルセーヌ・ルパンシリーズの研究書に、Jacques Derouard氏が書いた「Dictionnaire Arsene Lupin」と「Le Monde d'Arsene Lupin」というという2冊の本がある。

ずっと前に、この2冊を紀伊国屋書店に注文してみたけれど、「Dictionnaire」は入手不可で、「Monde」しか手に入らなかった(フランス語が読めないので、写真や絵を見てお茶を濁す程度)。それで「Dictionnaire」を見てみたいと思っていて、国内では複数の大学図書館に収蔵されていることも知っていたのだけれど、機会がないままでいた。このたび公共図書館に紹介状を書いてもらい、明治学院大学の図書館へ。


「Dictionnaire」は、作中の地名・人名のみならず、当時の風俗や作者ルブランのことや、関連作品のことなどを網羅した、百科辞書となっている。これが現状入手できないなんてもったいない。辞書にところどころ「amour」とあるのは未刊行の「アルセーヌ・ルパン最後の恋(22)」の内容が反映されていることを示しているわけで、ますます「最後の恋」が読みたくなった。


最近ようやく単語帳を作りつつあるのだけど、「Dictionnaire」があれば(+フランス語が分かれば←難関)いらなくない?(笑) いやいや、自分が理解できなくては。単語は、地名についてはほぼ浚うことができたと思う。そのうち9割は存在が確認できて、あとの1割は確認できなかったり、実在の地名をもじっていると思えるものだったりというところ。「813(5)」のジュヌヴィエーヴが育ったというヴァンデ地方のモンテギュ(Montegut)は、「Montaigu」と発音が似ているのでは、と思っていたら、この辞書にもMontaiguか?というように書かれていて嬉しかった。jiu-jitsuの項目もあってレ=ニエのことがちゃんと載っていた(→腕ひしぎ(その5))。いきあたりばったりで自前の資料は用意していかなかったので調べるというより漠然とページをめくったり、コピーをとったりした。


同図書館には同じくJacques Derouard氏が書いたモーリス・ルブランの伝記「Maurice Leblanc, Arsene Lupin malgre lui」も収蔵されていて、こちらも閲覧した。文字だらけの本なので理解できないのだけれど、子供の頃からのルブランの写真が載っているのでルブランスキーとしては嬉しい。(この伝記はたぶん新刊でも入手可能。)


同じく収蔵されていたGerard Pouchain氏の「Promenades en Normandie, avec Maurice Leblanc et Arsene Lupin」は、ノルマンディーの土地ごとに、当時の絵葉書や雑誌に載った広告と、ルブランがその土地を描いた文章とが載っている。ルブランの文章が味わえるし、ルパンシリーズ以外の小説(エッセイも、かな)からも引用されていて、ルブランがノルマンディーをいかにとらえていたかの貴重な資料にもなる。このシリーズはモーパッサンなど他の作家のバージョンも出ているはず。そうだ、一つ発見。エトルタにオーヴィルホテルは実在したらしく、広告が載っていた(→八の魔術 - 八点鐘(12))。でもコピーしてこなかった(本当にいきあたりばったりだ)。


Dictionnaire Arsene Lupin, Bibliotheque lupinienne, I(フランス語)
http://www.lesbelleslettres.com/livre/?GCOI=22510100256330
Le Monde d'Arsene Lupin, Bibliotheque lupinienne, II(フランス語)
http://www.lesbelleslettres.com/livre/?GCOI=22510100389050
Maurice leblanc Arsene Lupin malgre lui Amazon.fr Jacques Derouard Livres(フランス語)
http://www.amazon.fr/dp/2840492113
Promenades en Normandie avec Maurice Leblanc et Arsene Lupin Amazon.fr Gerard Pouchain Livres(フランス語)
http://www.amazon.fr/dp/285480354X

「美しの和紙」

会期:2009年9月19日(土)~11月3日(火・祝)
会場:サントリー美術館
開催中の展覧会 展覧会 サントリー美術館 サントリー
http://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/09vol05/index.html


サントリー美術館は最寄り駅が六本木駅の「東京ミッドタウン」にある。いつもは大江戸線で行くところを、日比谷線で行ったら出口を間違えてしまい、地上に出ると六本木ヒルズだった。ここどこ?(笑) あわてて東京ミッドタウンに向かいなんとか閉館前1時間ちょっとの回覧時間を確保。

日本に古くからある和紙の世界。落ち着いた展示だった。現存する最古の和紙とされるものが展示されていた702年。すごい。お経が多いのは、紙が貴重だからだろうな。展示品にもあったけれど、官が使用したのもの(戸籍など)は、一定の期間の後民間に払い下げられて、裏面が再利用されたり下らしい。

仏教や神道・神社に関わるものも多い。今も伝わる伝統が東大寺のお水取りで着るのは紙衣といって、紙でできた衣装なのだそうだ。案外丈夫らしい。もっと丈夫なのが紙布羽織に使われている紙布。確かに頑丈そうだった。折り紙の折り図や、折り紙模様の小袖なども展示されていてうれしかった。

イサム・ノグチの2メートルもある提灯(ぼんぼり?)はどうやってベルリンまで運んだのだろう。障子や提灯の和紙を通して届くひかりはやわらかくて暖かい。


□展示構成
第一章 和紙の成り立ちと展開
第二章 祈りの造形
第三章 和紙の伝統を繋ぐ人々
第四章 暮らしを彩る和紙の世界

2009/11/16

中田友貴「風翔ける国のシイちゃん」

ずっと見つからなくて、探していることすら忘れかけていた第2巻がひょっこりでてきた。正確には古本屋で偶然発見。嬉しい!

この漫画は単行本は新書の大きさで2冊、ワイド版で1冊でているけれど、未収録の話がたくさんある。新書版の方は連載の初回から連続して収録されているとおもうのだけれど2巻で中断し、ワイド版は抜粋版となっている。他のエピソードも読みたい。

風翔ける国の王族は不思議の力を持っていて、巨大な人間の姿をした風や雨、雷の神(?)と会話ができ、その力を借りることができる。わがままな姫様(シイちゃん)の性格を直すため、女王に頼まれて口のきけない少年のユーリーがお付きとしてやってくるところから話は始まる。

シイちゃん、ユーリー、美しくて聡明な女王(かかさま)、マイペースなととさま、大きいのに実はドジな風伯という魅力的なキャラクターはもちろん、信じやすいみなしごの姉弟、見栄っ張りの女の子、歌うことのプレッシャーに負けそうな男の子といった飾らない子供たち、そして、子供を見守る大人たちの思いやりの深い視線がとてもよいです。


Amazon.co.jp: 風翔ける国のシイちゃん (1) (あすかコミックス): 中田 友貴: 本
http://www.amazon.co.jp/dp/4049242052
Amazon.co.jp: 風翔ける国のシイちゃん (2) (あすかコミックス): 中田 友貴: 本
http://www.amazon.co.jp/dp/4049242567
Amazon.co.jp: 風翔ける国のシイちゃん (あすかコミックスDX): 中田 友貴: 本
http://www.amazon.co.jp/dp/4048532871

ファンサイト
<風伯便~かぜのたより~>風翔ける国復興支援室
http://hp015.ld.infoseek.co.jp/kazekakeru.htm

創元推理文庫「バール・イ・ヴァ荘」読了

石川湧訳

腰元(シャルロットのこと)。時代劇(江戸時代)かい。こういう単語が出たら石川訳だとわかる(笑) なぜかとてつもない単語に遭遇する。ま、この言い方は大げさだけど、ときに保篠訳より語彙が古い。権助・太郎兵衛とか(怪盗紳士リュパン)、三太夫とか(水晶の栓)、提灯とか(緑の目の令嬢)。明治・大正でも使われていのだろうけども、イメージ的に江戸。ルパンの活躍時期は日本の元号だと明治末~大正にあたるのだから、せめて明治でお願いしたい。

「バール・イ・ヴァ荘」はルパンシリーズの中でも変な感じのする作品なのだけど、石川役の淡白さによって、いっそう白々しく感じられて奇妙感じだった。いったいどれくらい本気で読むべきなのだろう。ラウールとテオドールの(一方的)じゃれあいは好きだが。

アニメ「ルパン対ホームズ」の画像

このアニメは見たことがありませんが、画像が東映の英語サイトにあったので紹介。アルセーヌ・ルパン役が広川太一郎さんなので、いつか見る機会があればなあ、と思っています。ルパンの髪の色は黒ですね。

ARSENE LUPIN VS. SHERLOCK HOLMES (TOEI ANIMATION FILM LIST)(英語)
http://corp.toei-anim.co.jp/english/film/arsene_lupin_vs_sherlock_holme.php

Lupin tai Holmes (special) - Anime News Network(英語)
http://www.animenewsnetwork.com/encyclopedia/anime.php?id=8997
アニメ情報調査室:ルパン対ホームズ(キャスト表)
http://www.anime.marumegane.com/1981/lupin_homes.html


タツノコ版の髪の色はオレンジ(茶髪?)
怪盗ルパン 813の謎 [廃盤/激レア][タツノコプロ]ビデオ・DVD - あるあるビデオドットコム
http://www.aruaruvideo.com/detail/G98507.html

2009/11/15

「ドコモ for PC」イベントに鉄人28号のフィギュア登場

ドコモ for PCの体感イベントで、鉄人のフィギュアが立っていたそうです。秋葉原駅や広島パルコで行われたようなので、同じイベントが全国で行われているのかも。

ビルの街にガオー!~中野素弥さん&鉄人28号~秋葉原駅ドコモ for PC 体感イベント~|BENの写真便り
http://ameblo.jp/ben-k-san/entry-10377688304.html
YouTube - 鉄人ドコモ フィギュア(動画)
http://www.youtube.com/watch?v=-Th9EhPjXkI
YouTube - 鉄人ドコモ コンパニオン(動画)
http://www.youtube.com/watch?v=FhOArbmjruM
YouTube - 鉄人さん(動画)
http://www.youtube.com/watch?v=FFx3HeEjoU4

大きさは180cmくらいかな? 遭遇したいな。

2009/11/14

人形劇「新・三銃士」再放送予定

人形劇「新・三銃士」が再放送されるようです。普段見られないので見たいです。本放送は現在毎週金曜日の午後6時から放送されています。

NHK 連続人形活劇「新・三銃士」
http://www.nhk.or.jp/sanjushi/
NHK 連続人形活劇「新・三銃士」 放送予定
http://www.nhk.or.jp/sanjushi/program/index.html

教育テレビ
11月21日(土) 午前1時20分~午前3時(第1話~第5話)
11月22日(日) 午前1時15分~午前2時55分(第6話~第10話)
11月23日(月) 午前0時40分~午前2時(第11話~第14話)

金曜、土曜、日曜の深夜ということですね。


人形劇「新・三銃士」放送開始

2009/11/13

「ドコモ for PC」鉄人28号起動まであと520時間

「ドコモ for PC」のサイトでスクリーンセーバーが公開されました。「05:もらえるコンテンツ!」のメニューでダウンロードできます。

ドコモ for PC データ通信もドコモ品質で! | NTTドコモ
http://answer.nttdocomo.co.jp/t28/

このスクリーンセーバーは起動すると、「鉄人28号起動まで」という言葉とデジタル形式の所要時間が表示され、時間がカウントダウンしていきます。2009年11月13日午前7時過ぎ時点で、520時間55分でした。

2009月12月5日に何が起きる?


「ドコモ for PC」のCMに鉄人28号登場

世界初のハイブリッド車

最近注目を浴びているハイブリット車だが、ガソリンと電気を動力源とする世界初のハイブリッド車で、1898年に作られた。100年ずれているというわけではなく、100年前、自動車の黎明期に実際にあった車だ。こちらに写真が載っている。

「時代を超えていた自動車」7選 | WIRED VISION
http://wiredvision.jp/news/200911/2009110922.html

開発者はフェルディナント・ポルシェ。あの「ポルシェ」だ。ほう。ガソリン車が主流になる前は、電気自動車も普及していて、1899年にはガソリン車よりも早く初めて時速100キロを突破したらしい。(以前にも本で読んだことがある)

史上初の速度違反逮捕は「1899年の電気自動車」:初期自動車の歴史 | WIRED VISION
http://wiredvision.jp/news/200905/2009052920.html

こちらに載っている電気自動車の外観はほとんど馬車だ。史上初の速度違反として逮捕されたのは電気自動車で、899年、アメリカで約19キロの「猛スピード」で逮捕されたらしい。ずいぶんのんびりしているように思うけれど、レースと日常のスピードは別ということなのだろうか。フランスではどうだったのか気になる。もし速度規制があったならアルセーヌ・ルパンはしょっちゅうスピード違反をしていただろう。

創元推理文庫「バール・イ・ヴァ荘」入手のこと

原作1冊につき翻訳は最低2種は欲しいと思い、とくに「バール・イ・ヴァ荘」はルパンシリーズ本編なので探していた。ネットで購入することも考えていた矢先、たまに行く古本屋で捕獲。同じ棚に差してあったのは「バール・イ・ヴァ荘」のみで、最初、私が持ってないのは「バール・イ・ヴァ荘」でいいんだよねと不安になったけれど、パラパラとめくって目に入った「やねぎ」の言葉で、持ってない、と安心してレジへ。偕成社アルセーヌ=ルパン全集は「音」で訳してて、創元推理文庫では「日本語」で訳してるわけね。残るは「オルヌカン城の謎」と「綱渡りのドロテ」だ。

偕成社のアルセーヌ=ルパン全集はチェックしてみたらまだ半分しか買ってないことが判明。先は長い。この前紀伊国屋書店で買おうとしたらでかいシールが貼ってあった。文庫サイズはあろうかというほどのでかさ。本の管理用のもので、すぐはがせるタイプなのかもしれないけれど、買うのをやめた。装丁込みで好きなのでなるべく痛めたくない。

「アルセーヌ・ルパン」邦訳一覧

2009/11/10

横山光輝「鉄人28号」第9巻(潮漫画文庫)入手のこと

ロビー編の中盤。読みきり「怪盗ブラックマスクの巻」収録。

ドラグネット博士はクレイジーだ。このロビー編が一番近未来的(レトロフューチャー?)かもしれない。この巻では敵に奪われるくらいなら、と正太郎が鉄人の操縦器を壊し(このクールさが原作)、代わりにオックスが活躍する。

第9巻の収録範囲を追加しました。
漫画「鉄人28号」見出し一覧

PS2ゲームソフト「鉄人28号」

2004年7月1日発売

プレイステーション 2用ソフト 「鉄人28号」オフィシャルウェブサイト
http://www.bandaigames.channel.or.jp/list/tetu28/

ストーリーモード…全25話×難易度5段階
チャレンジモード…全45話×難易度5段階×ロボット11体
対戦モード…最大4人。人対CPU、CPU対CPUもOK。
難易度は「イージー」「ノーマル」「ハード」「超ハード」「鉄人ランク」

◆◇概要◇◆
□登場ロボット
鉄人28号、27号、ブラックオックス、バッカス、モンスター、ギルバート、ロビーのロボット(小)、ロビーのロボット(大)、サターン、ファイアII世、ファイアIII世(以上、操縦できるロボット)、ロビー

□登場人物
金田正太郎、敷島博士、大塚署長、村雨健次、高見沢秘書、不乱拳博士、X団、十字結社、ビッグファイア博士

□あらすじ
敷島重工から完成品の鉄人(27号)が盗まれた。鉄人開発者の故金田博士の息子正太郎が鉄人28号を操縦して犯人X団を追う。


◆◇メモ◇◆
・オープニング画面で放置しておくと、オープニングムービー2種(カラーとモノクロ)、デモ4種が交互に流れる
・ストーリーモードの第24話をハード以上の難易度でクリアすると、もう一つステージが現れる(第25話)
・ストーリオーモードの第25話をクリアするとチャレンジモードでブラックオックスが使えるようになる
・ガイドブック
「鉄人28号ザ・マスターガイド」「鉄人28号コンプリートガイド」
・攻略サイト
PS2版鉄人28号スレッドまとめサイト
http://www.geocities.jp/fire3rdjp/


PS2「鉄人28号」キャスト

2009/11/09

CD“ロボットアニメ大鑑”3種が発売予定

キングレコードから2009年11月26日発売予定。3種、計7枚組みのCDで構成されています。

公式サイトに収録曲の詳細情報が載りましたが、ロボットアニメ大鑑の上巻に収録される「鉄人28号」はやはり2004年度版でしたね。

StarChild:ロボットアニメ大鑑
http://www.starchild.co.jp/special/robot/
(一番上の画像では、ロボットにカーソルを当てると作品名が分かります)

ロボットアニメ大鑑!「イデオン」「ダグラム」「鉄人28号」「J9シリーズ」など歴代主題歌が集結 - CDJournal.com ニュース
http://www.cdjournal.com/main/news/-/26681
ロボットアニメ主題歌を集めたベストアルバム『ロボットアニメ大鑑』3枚同時発売決定 - ファミ通.com
http://www.famitsu.com/anime/news/1228239_1558.html
http://www.famitsu.com/image/4336/qbTzlyBw1298dAbWDKKmWsAe7eQ1X1WQ.html

鉄人28号関連では、『ロボットアニメ大鑑 上巻』に1980年度の「鉄人28号(新)」、1992年の「超電動ロボ 鉄人28号FX」、2004年度版の「鉄人28号」の3作品の主題歌が収録されています。鉄人以外はガクセイバーしか知らない私としてはDISC2で満足(笑)。タイトルだけなら知っているアニメもあるけれど。

ガクセイバーがボーナストラックに入ったいきさつを氷川竜介氏のブログで見つけました。GJ!
ロボットアニメ大鑑(キングレコード): 氷川竜介ブログ
http://hikawa.cocolog-nifty.com/data/2009/09/post-1b88.html


キングレコードからは、過去に「鉄人28号」の歴代メディア化作品の主題歌を集めたCDが出ています。モノクロアニメの主題歌はこちらのCDに収録されています。
鉄人28号・ソング・コレクション | TVサントラ | KICA-8001 | キングレコード | CD・DVD 販売 通販 ジョーシン ディスクピア
http://joshinweb.jp/dp/4988003244026.html

2009/11/08

鉄人28号を見に行く「新長田のまち探訪プラン」発売中

神戸ポートピアホテルが発売しているプランです。オプションで、近畿タクシーの鉄人仕様の“28号”車を利用して観光することができるようです。期間は2009年11月1日から2010年3月21日まで。

神戸ポートピアホテル | 公式ホームページ
http://www.portopia.co.jp/
Online Reservations - プラン・部屋の選択:【鉄人28号を見に行く】「新長田のまち探訪プラン」
https://hotel.reservation.jp/portopia/jpn/rsv_plan.asp?mh_id=000001&mp_grp_id=SSN&mp_id=NAGATA


近畿タクシー
http://www.kinkitaxi.com/
グラビアきんたく:完成! タクシーの鉄人
http://www.kinkitaxi.com/gura33.htm
KOBE鉄人PROJECT:鉄人の手のひら
http://www.kinkitaxi.com/tetsujin.html


asahi.com:鉄人ブーム 長田が輝く-マイタウン兵庫
http://mytown.asahi.com/hyogo/news.php?k_id=29000000910300005
ホテル情報:神戸メリケンパークオリエンタルホテルほか /兵庫 - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20091105ddlk28040479000c.html


「神戸に出現 鉄人28号に会おう」ツアー開催中

2009/11/04

「唐招提寺1200年の謎 天平を駆けぬけた男と女たち」

2009年11月3日放送。
JNN50周年記念 歴史大河スペクタクル 唐招提寺1200年の謎 天平を駆けぬけた男と女たち|TBS
http://www.tbs.co.jp/toshodaiji1200/

ドキュメンタリー+ドラマという構成。

ドキュメンタリーのほうは、屋根の上を飾る鴟尾(しび)の制作を中心に軽く触れる感じで、もっとどっぷり見たかった。修復に関するドキュメントは過去にいろいろ放送されたのだろうけれど、ほとんど見る機会がなかったのが残念。金堂の落慶法要行きたかったな。寝台急行の銀河が現役だったら行ってたかも。泊まりのことを考えると面倒で。また拝観しに行きたい。

ドラマのほうは、この時代のものを滅多に見ないので服装や登場人物が新鮮だった。キャストもなかなか良かったと思うけれど、道鏡だけは…。鑑真役は中村嘉葎雄さんでした。この時代を含めた前後、天智・天武の時代~平安初期はまだいろんな氏族が残っていて好きなのだけど、すっかり頭から抜け落ちている。如宝(中村獅堂さん)は鑑真と一緒に日本に渡ってきた僧で、中国よりもっと西の出身と言ってましたね。ペルシア人ということらしいですが、当時はそんなふうに西方から来た渡来人(の僧侶)がいたようです。シルクロードですねえ。


折しも来年は平城京遷都から1300年なんですね。なんと(何と、南都、710年)大きな平城京。

唐招提寺2010プロジェクト
http://www.tbs.co.jp/p-guide/daiji/
【平城京物語】第1部(1)驚愕の大都市:産経関西(産経新聞大阪本社公式ニュースサイト)
http://www.sankei-kansai.com/2009/06/04/20090604-010680.php

2009/11/03

鉄人28号の巨大モニュメントがライトアップ

10月31日からライトアップがはじまったようです。これで夜に行っても鉄人が見られるようになりました。点灯時間は日没から午後9時半まで。

「鉄人28号」夜間ライトアップ始まる 神戸 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/091030/trd0910302256016-n1.htm
神戸新聞|社会|鉄人、闇にほえる 試験点灯に歓声 神戸・長田(動画あり)
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0002481986.shtml
鉄人28号、夜の町にガオー : 動画 - 47NEWS (よんななニュース)(動画あり)
http://www.47news.jp/movie/general/post_3444/

ライトは下からあおりで当ててほしいな。まだ下は整備中らしいけれど。


□2009/11/14
足元のフェンスがなくなって、下から見上げられるようになったみたいです。

鉄人28号の足にガオー 園児ら元気に触って楽しむ - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/091113/trd0911131602006-n1.htm
神戸新聞|社会|原寸「鉄人28号」触れます フェンスを撤去
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0002512323.shtml

映画「ココ・アヴァン・シャネル」

「アヴァン」というとおり、ココ・シャネルとして名を挙げる前のココを描いている。
ココ・シャネルについての本は読んだことがあるけれど、嘘で身を飾ることが好き(とくに自分の生い立ちについて)だった人のようなので、どこまで本当のことなのか。

私としてはあまり琴線に触れるものではなかったけれど、ロケは最高だった。城館やその敷地、競馬場などなど。ドーヴィルの浜で海水浴(日光浴)する人たちはウジェーヌ・ブーダンの絵のまんまだ! と思ってしまった。ロケはドーヴィルでしたのかなあ。「うみのいろ うみのかたち」で見たブーダンの絵はトルーヴィルの浜。ドーヴィルの隣で鉄道の駅があるらしい。

「奇岩城」翻訳放談(5)

※以下の文章は「奇岩城(4)」の内容に触れています。※


タイトルどおり。


「奇岩城」はルパンシリーズの中でも翻訳が多い作品だが私はどれも不満がある。なぜそうなのかというと、たぶん理由は大きく2つある。

1つ目。底本となっているテキストが複数あり、それぞれ異同があること。原作テキストは、長版と短縮版と言おうか、大きくは2つに大別できるようだ。前者の省略が殆どないテキストの翻訳が偕成社アルセーヌ=ルパン全集、ハヤカワ文庫、岩波少年文庫、後者の翻訳が創元推理文庫、新潮文庫、集英社文庫だ。どちらが正しいと一慨には言えないが、私は前者のほうが作者の意図に近いと思う。前者のほうが初出に近いことや、私がキーワードと考えているものが短縮版では一部省略されていることなどが理由だ。

ボートルレがある少女を詰問するシーンで、長版では父親を退席させるが、短縮版では父親の前で行う。これだけでも私は長版のほうが安心して読める。


2つ目。私とは解釈が違うのだろうと思う。解釈が違うと思ったのは、ショルメスのシーン。偕成社アルセーヌ=ルパン全集とハヤカワ文庫はどちらも文章を補っているが、私とは解釈がことなるので余計な改変にみえてしまう。そんなこんなで私は現状では岩波少年文庫版が良いと思う。訳の省略があったり誤訳があったりするのは否め無いのだけど(これは他の翻訳もそうか)。


解釈が違うというが、じゃあ私はどう考えているのかというと、「奇岩城」全体の解釈としては、ボートルレの行動はルパンの手の内にあり、ボートルレはルパンに導かれて行動しているということだ。(なお、ショルメスは計画の埒外にある。)

ルパンがボートルレ相手に苦慮している? とんでもない! むしろ、「わたし」の家でボートルレが刃向かう姿勢を見せたとき、心中で快哉の声をあげたと思う。そうこなくてはと。
って、正面切って言えればいいんだけどね。
だってそうだよね?と問うて見ても、そうだよと答えてくれないのである(つれない)。違うよという答えもないので、好きに考えることができるのだけど。


そしてあまりおおっぴらに書きたく無いけれど、「奇岩城」はルパンが悪党でないと駄目だと思う。たとえば、ヴェリーヌ男爵の館で裏切り者の金は穢れるといって紙幣を破るのは脅しだと思う。このシーンでは館の住人だけではなく、ボートルレの口も封じた。ボートルレは母親に無理強いすることができない。家庭の事情を知っているから。最初から切り札にするつもりで家庭の事情を知らせておいたと考えることができる。本を閲覧するために出向いているのに、家庭の事情が出てくるのはあり得なくもないが至極当然のこととは思わない。他人の気持ちなどどうでもよい男だ。こういうところは受け入れられなくてもいいけれど。

ではレギーユ・クルーズの発見を妨害したのかというとそうではなく、反対に導きたかった。ヴェリーヌの館で暗号を解いてしまえば、ボートルレはレギーユ・クルーズの価値を知ることはなかった。ルパンは謎を利用してボートルレを導いた。謎の発端となった紙切れはわざと置いていったものだ(紙切れは一度使ったら不要で持ち歩く必要がない。ボートルレだって紙切れなしで到達している)。ルパンにとって謎は利用するもの。思えば第1話から謎を利用している。第1話「アルセーヌ・ルパンの逮捕(1-1)」と「奇岩城(4)」の構造は似ていると言える。


※以上の文章は「奇岩城(4)」の内容に触れています。※

「奇岩城」翻訳放談(4)

※以下の文章は「奇岩城(4)」の内容に触れています。※


タイトルどおり。

講談社版は言葉の吟味が足りない。

クビヨンが目配せすると、モランと呼ばれるずんぐりしたはげ頭の部下が、ぴたりとぼくのそばにくっついた。まるで接着剤のように、てこでも離れまいという様子だ。(講談社文庫P39)

“てこでも動かない”で成句。慣用句や昔からの言い回しは「そういうもの」と割り切って使うことも大事だけれど使い方が合っていればの話。へんてこな文章にチェックは入らないのだろうか。この箇所はたとえがずれていて「てこ」を使う必要はない。改作者の基準はメインが保篠訳でサブが新潮文庫らしいが、ルパンものの翻訳といえば偕成社である私にしてみれば、何で今更そこまで引き戻されなければいけないのか、と思う。過去の翻訳は原作を日本語に写すに当たって模索した結果が古い言葉になっているのであって、古い言葉ありきだったわけではない。

それにちゃんと読もうとすると「てこ」抜きでも違和感が拭えない。「ぴたりと」はものとものに隙間がない、接着した状態が表す。しかし「そば」はどちらかといえば、ものとものがくっついていない状態をあらわすと私は思う。「てこでも離れまい」は極端だとしても「ぴたりとそばに」程度の言い回しがちょくちょくある。また問題なのがボートルレがモランという名前をいつどうやって知ったかのか分からないこと。「モランと呼ばれる」はボートルレの一人称というには変な言い方だ。「まるで接着剤のように」ってモランが接着剤といいたいわけではあるまいに日本語がつながっていない。この箇所は講談社オリジナルで、端から日本語で考えているのにこの文章。

原作を下手呼ばわりする暇に日本語を見返せばどうか。原作について言っている「登場人物の視点がばらばら」というのも変だ。登場人物はそれぞれ背景や人格が違っているのだから、視点が違って当然だ。「語りの視点が入れ替わる」とか「視点人物が複数いる」ことが言いたいらしいが、そう書くべきで意を酌み取る必要を感じない。視点が変わることは瑕疵ではない。そんなことを言いながら、講談社版は視点が統一されていないし、ボートルレの一人称になっているともいえない。(講談社版の冒頭の出来事とくに伯爵の言葉だって、ボートルレがいつどのように知ったか明記されていない。「犯人は敷地内から出ていない」といえなくなっているし、根本的に駄目。とにかく「そういうことじゃないだろう」と言うしかない。原作に尻拭いさせるのはうんざり)


言葉の吟味という点で、なかなか書く機会がなかった戯言を書いておく。邦題は「奇岩城」と「奇巌城」の2つが主流だが、辞書的な意味や正しいかどうかはおいておいて、この2つは私の中では「違う」。連想ゲームととらえてもいいのだけど、こんな感じ。岩は重ねる事ができるけれど、巌は集合になれない、単独の存在。岩は動かすことができるが、巌は不動。岩になくて巌にある、大きい、厳めしい、ごつごつしている、長い年月を経ている、etc.というイメージ。ついでに言葉の重心も「奇岩城」では城、「奇巌城」では巌と違っているように感じる。

前に講談社版の岩の塔=巌の城は同じかと書いたけど、もちろん私は論外だ。岩と巌、塔と城はもちろん違うし、「の」も違う。「巌」が存在大きすぎて「巌」と「城」の存在がほぼ等価だから、巌でできた城というより、巌がそのまま城と考えられる(「お椀の船に箸の櫂」の「の」と同じ)。私に言わせれば「奇」は奇妙な形なのではなく、読み下すとすれば「くし」とか「あやしい」だ。ときりがないけれど、こんなことを書いても不毛だと思う。人それぞれに「奇岩城」「奇巌城」像があるわけだし、原作に「奇岩城」に相当する言葉はないのだから。


さらに余談で「怪盗」と「強盗」もぜんぜん違うと思う。「強盗」「泥棒」と訳すべきを「怪盗」って訳してあると違和感がある。なぜかというと強盗や泥棒は人であり行為であり罪でだけど、怪盗はいずれも当てはまらないから。だから善悪を語るシーンで使われると変に思う。

じゃあ怪盗というのは何かというと、私は存在だと思う。存在しないというベクトルをむいた存在。怪盗の「怪」を「凄腕の」「並ではない」と解釈する人もいるかもしれないけれど、私にとって「怪盗」の「怪」は「幽霊」「正体不明の」という意味が強い。そして「怪盗」というのはどちらかというと他称、つまり自称と言うよりは誰かに呼ばれているというイメージが強い。ルパンが自ら名乗るものであれば私は「怪盗」を選択できない(「紳士強盗」のこと)。

また「怪盗」で留意すべきは、翻訳で「怪盗」と訳されているのは「強盗」「泥棒」に該当する言葉だけではなくて、「山師」に相当する言葉があること。「奇岩城」にもあるが「813」のこの箇所は分かりやすい。

有名なこの怪盗の名が、ケッセルバック氏を意外に安心させる様子だった。(新潮文庫「813」P31/813(5))

「813」でアルセーヌ・ルパンの名前が最初に出る箇所だ。用法的にはさほど違和感を感じないが、この「怪盗」は原文ではaventurier(冒険家、山師)なのである。aventurierは必ずしもプラスのイメージではない。リスクの多いところに飛び込んでいくのは博打みたいなものだから。「813」でルパンが挑むのは盗みではなくいちかばちかの大博打だ。この作品の最後でaventurierとして葬ってくれと言っているのだから、活かして欲しい。


※以上の文章は「奇岩城(4)」の内容に触れています。※

2009/11/01

PS2ゲーム「スキップ・ビート!」感想(4)

尚ルートクリア。ノーマルエンド。
中断していた間に進行してた雑誌での尚の振る舞いが最低なので、ゲーム版はとってもいいやつに見えてしまった。尚とキョーコのやりとりも端から見るとほほえましい高校生のじゃれあいに見える(レベルだ)し、仕事へのプライドもあるしね。とくにラストにキョーコを前にして言った言葉が率直でよかったな。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ