« アニメ「スキップ・ビート!」第24話 | トップページ | 「花とゆめ」2009年21号 スキップ・ビート!感想 »

2009/10/04

アニメ「スキップ・ビート!」第25話(最終回)

STAGE.25 そして扉は開かれる

坊のそれが恋だという言葉を素直に聞き入れられない蓮。キョーコはその相手が17歳の高校生だと聞くと、「DARK MOON」の相手役も高校生なのだし、関係をもっと深めればいいとアドバイスする。

「DARK MOON」の撮影の合間で、キョーコは百瀬さんが、蓮の演技に失望している、むしろキョーコの演技の方が上手いと思っていることを知って、悔しく恩う。嘉月の演技につまずかなければ。誰よりも輝いていたはずなのにと。早く嘉月の役をゲットして欲しい。しかし坊の姿のキョーコに「誰とも恋愛する気持ちはない、ここで大切なものは作れない」と言われたことが気にかかる。

キョーコは社さんに夕食を作って欲しいと頼まれる。電話口のキョーコ魂(だま)が可愛い。しっかし社さんてば公衆の面前で笑ったり落ち込んだりかなり怪しい(笑)

帰途に着いた蓮は、不意にキョーコと会って気持ちが浮上して微笑む。しかし、すぐに無表情を装ってしまう。食事中間が持たないと感じたキョーコはテレビをつけるが、そこには年の差カップルが出演する番組が。蓮はそれを見て、キョーコのことをいっそう意識してしまう。別れの挨拶で、復帰を待っていますからと告げられた蓮は、無表情で挨拶を返すが、幸せに思ったときにクールに無関心を装ってしまう自分の行動パターンに気づいてしまう。

蓮は自分だからできる嘉月、今の自分ならどう演じるか、それを掴み取ろうと決意する。キョーコは、蓮が上手くいきますようにとーンの石に自分の願いを託す。演技テストは3日後。そういう期待感の中、物語はラストを迎える。


最初のオープニング・テーマだったが「Dream Star」流れる中、過去の登場人物がそれぞれ頑張っている様子が流れる。飛鷹くんもちょこっと登場。残念賞は最後まで報われない尚だな(笑)


嘉月役の行方の決着がつかなかったのは残念だけれど、総じて楽しめてよかった。

« アニメ「スキップ・ビート!」第24話 | トップページ | 「花とゆめ」2009年21号 スキップ・ビート!感想 »

スキップ・ビート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/46387081

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ「スキップ・ビート!」第25話(最終回):

« アニメ「スキップ・ビート!」第24話 | トップページ | 「花とゆめ」2009年21号 スキップ・ビート!感想 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ