« アニメ「スキップ・ビート!」第25話(最終回) | トップページ | 鉄人28号の巨大モニュメント完成式典 »

2009/10/06

「花とゆめ」2009年21号 スキップ・ビート!感想

著者:仲村佳樹

咎める社さんを無視して「バカバカしいよね」を繰り返す蓮。キョーコは我にかえった感じでバカバカしい(ってどういうことか)とつぶやく。そんなキョーコに蓮は、さっきのをファーストキスというなら、自分は小学校のときに通りの角でぶつかったサラリーマン相手になってしまう、という。憐れみの涙を流すキョーコに、あんなのは事故だしファーストキスと認めてないよと返す。そのころはすでに役者を目指してたから、仕事だったら相手が好きじゃなくても本気でやらなくちゃいけないし、こういうことで傷ついていたらプロ失格だと割り切ったと言う。それを聞いてキョーコは、自分もプロの役者を目指しているのだから、キスの一つや二つなんでもないことみたいにこなせないといけないんだと悟る。

小学校って嘘よね(笑) まるごと作り話なんだろうなあ。

そして蓮は、ファオーストキスは最上さんの気の持ちよう、つまりキョーコがファーストキスだと思えるものがファーストキスでいいんだよ、と諭す。そうやって割り切っていくことが、芝居をする役者が身に着ける心の法則だという。キョーコはすっぱり割り切った感じ。しかし、社さんは、蓮のアドバイスがキョーコの頭からさっきのキスを削除するためのものだと見抜いている(笑) そして蓮は、さっきの「役者の心の法則」は芝居中なら何度でも有効だけど、プライベートでは同じ人に2度も使えないよと釘を刺す。で、2度目はないよ?と釘を刺す。軽く帝王入りで(笑) キョーコはキスの純潔を守り抜きます、と宣伝する。

社さんは、同じ人=尚に2度やらせたら許さないぞ、という本音を表に出すという、今までしなかったことをキョーコにしたことで、蓮が相当切れていると心配するが、まあ、蓮の感情線を切っちゃうような爆弾はもうないだろうと、ひとまず胸を投げ下ろす。

しかーし“最終兵器”が待機中なのであった。


最終兵器は最初、キョーコが蓮に渡した誕生日プレゼントかと思ったのだけど、もう一度見返してみたらキョーコの(使い倒したいつもの)バッグがあるし、キョーコの控え室にあるみたいだ。だからまだ渡していないバレンタインのプレゼントっていうことなのかな。たぶん蓮宛の。誕生日プレゼントの正体もまだわからないし、いったい何が待ち受けているんだろう。

なんか今回はページ数が少ないような気がした。描き込みは少なくなかったのだけど。


ところで、アシスタントさんが遊んでいるというDSのゲーム「トモダチコレクション」で、キョーコが竜二とラブラブで、司と権左衛門が結婚したらしい。たしかに権左衛門の執念だ(笑) 竜二、司、権左衛門というのは、仲村さんの漫画「東京クレイジーパラダイス」のキャラクター。欄外にフォローという名の宣伝が入ってる(笑)


「スキップ・ビート!」感想のバックナンバーはこちらから。

« アニメ「スキップ・ビート!」第25話(最終回) | トップページ | 鉄人28号の巨大モニュメント完成式典 »

スキップ・ビート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/46414155

この記事へのトラックバック一覧です: 「花とゆめ」2009年21号 スキップ・ビート!感想:

« アニメ「スキップ・ビート!」第25話(最終回) | トップページ | 鉄人28号の巨大モニュメント完成式典 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ