« アニメ「スキップ・ビート!」第20話 | トップページ | アニメ「スキップ・ビート!」第22話 »

2009/09/29

アニメ「スキップ・ビート!」第21話

STAGE.21 資格を持つ者

キョーコが出演するのは「月籠り」という小説が原作で、昔のドラマ「月籠り」のリメイクである「DARK MOON」。原作を借りて読もうとしているところを、泣いている緒方監督となだめている社さんに出くわす。ローリィは蓮の出演に反対らしい、緒方監督は蓮がいなければ新しい「月籠り」は取れないと嘆く。

ローリィは蓮に、おまえは本気で人を愛したことがないと指摘する。蓮が昔付き合った彼女たちはみな去っていった。彼女たちは本気で分かれたがっていたわけではない。笑って見送ることができるお前は本気でほれていなかったのだと。しかし蓮は出演を決意する。

キョーコは自分が演じるのがいじめ役なことにショックを受けるが、うやむやなうちに参加表明を。

そしてドラマの撮影が開始されたり記者発表があって、祥子さんは蓮とキョーコの共演を知り、尚に知られないようにしなければとあわてる。

キョーコは未緒の役作りが分からない。役を引き受けたのは蓮の演技を身近で見てみたいからで、未緒自体には興味が抱けない。蓮のアドバイスを聞いてますます悩む中、撮影本番が始まっているのに気づかず失敗してしまう。それを昔のドラマで未緒役だった飯塚さんが見ていて、芝居をなめていると怒り心頭。キョーコがキャラクターをつかんでいるかどうかテストをされる。キョーコは原作に書かれている人間関係、人物の事情は分かるが、なぜ未緒(キョーコが演じる役)は美月(主役の一人で蓮演じる嘉月の恋人役)が嫌いなのか分からない。


ローリィのさびしい恋人演技が楽しい(笑)

« アニメ「スキップ・ビート!」第20話 | トップページ | アニメ「スキップ・ビート!」第22話 »

スキップ・ビート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/46348883

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ「スキップ・ビート!」第21話:

« アニメ「スキップ・ビート!」第20話 | トップページ | アニメ「スキップ・ビート!」第22話 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ