« 宮崎正勝『知っておきたい「お金」の世界史』 | トップページ | 愛知工業大学で「鉄人4号」開発中 »

2009/06/11

携帯電話向けゲーム「鉄人28号アイアンファイト」感想

今月末でサービスが終了するということなので、ダウンロードしてプレイしてみた。全68枚のカードのうち39枚まで集まった。

1回の対戦で、5枚の手札を出し合って勝負を競う。勝敗の元となる力は、カードに書かれている基本能力と、ジャンケン勝負、ボーナスポイントの合計。ボーナスポイントはカードに描かれた星の数に基づくものもあるし、見えない属性(ロボットとか、しゃべるとか)もあってスロットで決まる。5枚の手札の基本能力の合計は8と決まっているので、力のインフレはない。結構運が作用する。

メニューはこんな感じ(※が対戦メニュー)

  • ストーリー※
  • フリー対戦※
  • ミッション※
  • デッキ編成
  • コレクション
  • カードショップ
  • オプション


最初にストーリー(全8話)をクリアする。クリアすることで、手札が入手できたり、フリー対戦の相手が増えたり、ミッションが増えたりする(ミッションの数は今のところ20個くらい)。フリー対戦のときは相手の手札がランダム。対戦のときは最初から相手のデッキ構成が見えている。見えるのは基本能力とジャンケンで、星の数と相手側のボーナスは見えない。

物足りなさも感じるけれど、ちょっと時間の空いたときに楽しむのにはありだと思う。キャラクターは原作準拠で、ストーリーも原作(完全版)に沿っている。入手したカードはコレクションメニューで見ることができる。こんなキャラいたなあとか思うのが楽しい。同じキャラでも複数札がある場合がある。鉄人もロケットありとロケットなしがあって、当然後者は「飛べる」のボーナスポイントは加算されない。

オリジナルキャラクターのカードが一枚あるのだけど、存在意味が分からない。「入れ替え」て使えと言うことなのだろうか。


G-mode 鉄人28号アイアンファイト(携帯電話のゲームアプリ)
http://www.g-mode.jp/appli/yokoyama-m/tetsujin28/

携帯電話向けゲーム「鉄人28号アイアンファイト」配信中

« 宮崎正勝『知っておきたい「お金」の世界史』 | トップページ | 愛知工業大学で「鉄人4号」開発中 »

鉄人28号」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/45302745

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯電話向けゲーム「鉄人28号アイアンファイト」感想:

« 宮崎正勝『知っておきたい「お金」の世界史』 | トップページ | 愛知工業大学で「鉄人4号」開発中 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ