« 仲村佳樹「スキップ・ビート!」第22巻入手のこと | トップページ | 雑誌「STUDIO VOICE」2009年7月号に「奇巌城」の朗読CDが付録 »

2009/06/21

「花とゆめ」2009年14号 スキップ・ビート!感想

著者:仲村佳樹

結局キョーコが作ったビーグル用のチョコは、憎しみのメッセージを一文字一枚ずつプレートチョコに書いたものだ。キョーコは「DARK MOON」の現場から、新番組の宣伝のため、「BOX“R”」の共演者とクイズ番組に出るため、移動予定(といってもすぐ近くのビル)。しかーし、出ようとしたところでチョコを落としてしまう。それを拾っているところに蓮と社さんが! 社さんがみてしまったのは「憎」の文字。不破宛か?と思う。社さんが見た蓮は怒りの背中してたけど、取り繕って優しく対応。

恥ずかしさのあまり、散らばったチョコを急いでかき集めて、次の現場に急ぐキョーコだが、人にぶつかってしまう。それは尚。ビーグル宛のチョコを見るやいなや、ぶんなげて、駐車場の車に引かせてしまう。あいつのことが好きなのか?とキョーコ聞く。

それがハートマークに見えるって…よほど意識しまくってたのね(笑)
(「ろ」が半回転して、ハートマークに見えたらしい。文章控えてないのだけれど、《ビーグル》よ地獄へ落ちろ、みたいな文章だったのが、落としてぐちゃぐちゃになって、《ビーグル》へ《ハートマーク》みたいになっていた。《ビーグル》はわんこの絵)


「DARK MOON」の撮影もそろそろ終わりみたい。「BOX“R”」はこの春から放送予定なのかな。クイズ番組っていうからPS2のゲームのモー子さんルートやりたくなった。

扉絵、なんで蓮は最近露出きょ…もといはだけ魔なんだ(笑)


次回15号はお休みで16号から再開。
「スキップ・ビート!」感想のバックナンバーはこちらから。

□2009/06/21
キョーコが作ったチョコは右の列と左の列が「地」「獄」「へ」「堕」「ち」「ろ」、真ん中の列が「《ビーグルが泣いてる絵》」「憎」「《ビーグルが青ざめてる絵》」となっていた。

« 仲村佳樹「スキップ・ビート!」第22巻入手のこと | トップページ | 雑誌「STUDIO VOICE」2009年7月号に「奇巌城」の朗読CDが付録 »

スキップ・ビート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/45403968

この記事へのトラックバック一覧です: 「花とゆめ」2009年14号 スキップ・ビート!感想:

« 仲村佳樹「スキップ・ビート!」第22巻入手のこと | トップページ | 雑誌「STUDIO VOICE」2009年7月号に「奇巌城」の朗読CDが付録 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ