« 横山光輝「鉄人28号」第3巻(潮漫画文庫)入手のこと | トップページ | 雑誌「花とゆめ」2009年12号 「スキップ・ビート!」ゲーム化情報 »

2009/05/24

アメリカで日本アニメの展示会

アメリカの映画芸術科学アカデミーで、日本のアニメの展示会をやっているようです。

アトム、ポケモン…LAで日本アニメの原画展示 - 社会 - SANSPO.COM
http://www.sanspo.com/shakai/news/090516/sha0905161137016-n1.htm
http://www.sanspo.com/shakai/photos/090516/sha0905161137016-p1.htm
ビバリーヒルズで日本の人気アニメ展覧会!「セーラームーン」「北斗の拳」「ドラゴンボール」 - シネマトゥデイ
http://cinematoday.jp/page/N0018114

鉄人28号のセル画も展示されたている。ん? カラー? たぶん鉄人28号FXの過去話のセルだよね。マニアックな(笑) 参考サイト↓
鉄人28号 比較表
http://www.geocities.jp/t28hikaku/


2009年5月16日の「アド街ック天国」は「椎名町」で、トキワ荘を中心に紹介されていたけれど、鉄人28号の像がある千早図書館もランキング入り。横山光輝氏の漫画も多数蔵書している。関連グッズも多数あるとかで、太陽の使者版の「鉄人28号」のセル画も紹介されていた。しかーし、セル画に気を取られて気づかなかったけど、「白昼の残月」のセル画として紹介されたらしい(笑)

出没!アド街ック天国:椎名町
http://www.tv-tokyo.co.jp/adomachi/090516/index.html
出没!アド街ック天国:椎名町【21位~30位】
http://www.tv-tokyo.co.jp/adomachi/090516/30.html

豊島区立千早図書館に鉄人28号登場

« 横山光輝「鉄人28号」第3巻(潮漫画文庫)入手のこと | トップページ | 雑誌「花とゆめ」2009年12号 「スキップ・ビート!」ゲーム化情報 »

鉄人28号」カテゴリの記事

コメント

鉄人28号比較表のサイト、以前から知っていましたが、一番下の実写版の部分「怪人」は何もないですね、実写版でもPX団はQX団として登場し、S国スパイ団は仮面団として登場します。
どうもこの写真LDの解説書からとったもののように見えます。
写真を貼り付けられるものならば、LDの解説書が当方にはあるので、お見せしたい処です。
なお、実写版の27号は敷島博士の日記に回想が出てきますが、その中で銃撃され壊れるだけのロボットです。
原作のロボットバトルは怪ロボットのみです。-崖から墜落した鉄人を引揚げる場面と、QX団本部を急襲する場面ですね。(他にもあったかな)
この実写版あの儘続いていたら、ニコポンスキーの恐竜ロボットの場面をどうする積りだったんだろうと思います。空飛ぶ鉄人ですらアッと云う間ですから--まあ、空飛ぶ方はアトム同様人形をピアノ線かないかでつればなんとかなりますけど・・・。
却って不乱拳博士のモンスターは、既に鉄腕アトムのフランケンロボットが出てきますので、同じ人に同じようの扮装させればなんとかなるだろうと思うのですが・・・。
アトムでフランケンを演じたのは羅生門とか云う力道山の弟子だそうです。
当時は雑誌連載もまだら岩の巻の途中で後はアカエイくらいで、バッカスすら出てきませんでしたから。

**28日には文庫版の第4巻が出ますね。(笑)

QX団と仮面団ですか。27号も出てくるのですね。
やはり当時の特撮技術では恐竜ロボットは難しそうですね…。

文庫版は3巻目にして820円が28を引っくり返した値段だと気づきました(笑) 4巻も楽しみです。

サンスポ版の画像に出ているのは、どうやら「FX」版ではなく、今川版と呼ばれるものなようです。
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/28/main_index.html
http://www.tetsujin28.tv/
http://www.tetsujin28.tv/top.html
序に白昼の残月の紹介サイトも
http://www.tetsujin28-movie.com/

文庫版(4)は、奇巌城の巻ですね。次巻では、そろそろ、人造人間登場でしょうね。
このあたり作者がルパンものが好きだった所為もあり、ルパンものの影響が見てとれます。
と云っても保篠竜緒のでしょうけれど・・・(南洋一郎のは当時15冊版でも未完)

まず色が違うので(「今川版」は鉄人も正太郎のジャケットも灰色に近い)違うと思うのですが。正太郎の顔も違いますし。それに「今川版」はデジタルアニメなので、セル画のようなものはないんです。FX版を直に見たわけではないので本当のところは判定がつかないです。


奇巌城は名前も形もそのまんまですね(笑) 初期の鉄人28号はフランスがらみの人物が多いですね。今回の読みきり(うかぶX島)もフランスが舞台ですし。そういえば「五郎の冒険」では三銃士が出てました。ポルトスが目立っていたのが印象的です。今の日本だとアトスの名前が先に挙がるでしょうが、もともとポルトスに人気があるらしいですね。ルパンシリーズでも引用はポルトスでしたし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/45110871

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカで日本アニメの展示会:

« 横山光輝「鉄人28号」第3巻(潮漫画文庫)入手のこと | トップページ | 雑誌「花とゆめ」2009年12号 「スキップ・ビート!」ゲーム化情報 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ