« たまいまきこ「絵画修復家キアラ」第1巻 | トップページ | アニメ「スキップ・ビート!」サントラCDが発売 »

2009/02/19

演劇ユニットio「バーネット探偵社」感想

演目は「水は流れる」と「偶然の女神」(って言ってたと思う)。上演時間は1時間10分くらい。


前にも上演したことがあっての再演版らしい。原作は「バーネット探偵社」中の短編「滴る水(15-1)」と「偶然の奇跡(15-6)」。セット替えがないように工夫されていた。

ベシューがあほかわいかった。バーネットは普通に不遜な奴だった。難しい役柄だと思うのだけど、指先にも気を使って演じているのが分かった。だけどセリフとちっちゃいけませんやね。他の役者さんもこの点ちょっと残念だったな。でもバーネットとカゼヴォンとの対面も緊張感があったし、新鮮で面白かった。


「バーネット探偵社」上演予定

« たまいまきこ「絵画修復家キアラ」第1巻 | トップページ | アニメ「スキップ・ビート!」サントラCDが発売 »

アルセーヌ・ルパン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/44108393

この記事へのトラックバック一覧です: 演劇ユニットio「バーネット探偵社」感想:

« たまいまきこ「絵画修復家キアラ」第1巻 | トップページ | アニメ「スキップ・ビート!」サントラCDが発売 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ