« エミール・ガボリオ「ルルージュ事件」 | トップページ | 演劇ユニットio「バーネット探偵社」感想 »

2009/02/16

たまいまきこ「絵画修復家キアラ」第1巻

ぶんか社、2009年
e-hon 本/絵画修復家キアラ   1/たまい まきこ 著
http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refISBN=9784821187324

絵画修復の仕事の最中に起こる、貴金属盗難事件やキリストの奇跡などの謎を、自称天才絵画修復家のキアラ(12歳の少女)が絵画の知識で明らかにしていく。最初の主人公に面食らったのだけど、面白い。舞台は16世紀のイタリアだけれど、時代など気にせずよめる。

キアラの護衛役を務めるのがギネヴィオ。たまいさんが描くきらきらした笑顔が好きだ。ライバル多そうだけどキアラ頑張れ。


たまいさんの作品にはフェルメールを題材とした現代物「ポー・ド・ルルスの娘」(単行本未収録)もある。最近よく展覧会が開かれるフェルメールだけど、私はこの漫画で知った。

« エミール・ガボリオ「ルルージュ事件」 | トップページ | 演劇ユニットio「バーネット探偵社」感想 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/44084826

この記事へのトラックバック一覧です: たまいまきこ「絵画修復家キアラ」第1巻:

« エミール・ガボリオ「ルルージュ事件」 | トップページ | 演劇ユニットio「バーネット探偵社」感想 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ