« アニメ「スキップ・ビート!」DVDのアニメイト・オリジナル特典 | トップページ | 舞台版「鉄人28号」公演の模様 »

2009/01/22

「花とゆめ」2009年4号 スキップ・ビート!感想

著者:仲村佳樹

監督に、右手ならばユミカではなく、最も近いカオリではないかと言われると、キョーコはこう答える。カオリは代わりを任せてもいいと思える存在で、いわば右腕、汚れては取り替えられる「右手」ではない。汚れては取り替えられる存在、この言葉がちおりを刺戟し、子役時代に成功したこと、その後断られつづけたことをを思い出す。

脚本には、イジメシーンは大まかなシーンがあるのみで、具体的ないじめ方法については演者任せるというやり方らしい(そんなのありなの?)。だからイジメシーンでは、キョーコ主導で行わなければならない。リハーサルでナツ(キョーコ)はユミカ(ちおり)にダメ出しをする。さらにキョーコは階段を落ちたときに拾った紙を利用する(印象的な役のイメージがついたのは同じなのに、どうして、その後は同じじゃないのか、と言うことを書いてあったはず。それと同じ紙かな?)。これを見られたくなければ、自分の手先となっていじめを働けと。そして、ちおりはキョーコに怒りを燃やす。

キョーコはかなり意図的にちおりのトラウマを抉っているようだ。

カオリ役の子は、はキョーコに右手を務めるのは自分ではないと否定されたとき、どきっとしたらしい。でも右腕だと言われて嬉しかった。キョーコがナツになりきったときから、自分はナツを演じるキョーコの前ではカオリとして振舞おうと思っていたようだ。そして、あらためてカオリ役を務め上げることを決意する。

大ゴマ多いな。


「スキップ・ビート!」感想のバックナンバーはこちらから。

« アニメ「スキップ・ビート!」DVDのアニメイト・オリジナル特典 | トップページ | 舞台版「鉄人28号」公演の模様 »

スキップ・ビート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/43816408

この記事へのトラックバック一覧です: 「花とゆめ」2009年4号 スキップ・ビート!感想:

« アニメ「スキップ・ビート!」DVDのアニメイト・オリジナル特典 | トップページ | 舞台版「鉄人28号」公演の模様 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ