« ボストン美術館 浮世絵名品展 | トップページ | ポメラとdocomo携帯電話との連携 »

2008/12/05

舞台版「鉄人28号」制作発表

舞台「鉄人28号」の制作発表が12月4日に行われたそうです。

鉄人28号:南果歩が15歳少年に挑戦 800キロ鉄人も動く? 「攻殻」押井守が舞台化(まんたんウェブ) - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/enta/mantan/graph/anime/20081204/
瓦礫と東京タワーの上にそびえる覆い被さるような大きな鉄人がいます。ポスターの図柄のようです。

巨大ロボット「鉄人」の操縦者で、金田正太郎と謎の「女立喰師」の2役を演じる南さんは「15歳の少年を演じると聞いてすごく驚きました。清水の舞台から飛び降りるつもりでやってみます」と意気込みを語った。

 舞台「鉄人28号」は、太平洋戦争末期に陸軍の決戦兵器として開発された巨大ロボット「試製28号」が、東京オリンピックを間近に控えた64年に復活。少年探偵で「試製28号」操縦者の正太郎(南さん)と、後見人の敷島博士(池田成志さん)は、犬走一直(ダイアモンド・ユカイさん)率いるテロリスト集団「人狼党」のオリンピック阻止作戦に巻き込まれてしまう……というストーリー。舞台ではイラストレーターの末弥純さんがデザインし、膝をついて座っている状態で高さ7メートル、重さ800キロという巨大な「鉄人」も登場するという。

人狼…女立喰師…なんだか過去の押井作品とまぜこぜ?
でも以前のインタビュー(鉄人28号に関する企画があったことに触れていた)の頃から鉄人でやりたいことの方向は変わっていなそう。


押井守が「鉄人28号」を演出!過去の鉄人28号にダメ出しも!! - シネマトゥデイ
http://cinematoday.jp/page/N0016113

 南が15歳の主人公、金田正太郎を演じるなど異色のキャスティングも話題の同舞台では、宝塚歌劇を意識したレビュー(歌)が大胆に盛り込まれているほか、ステージ上には作品の象徴ともいえる巨大な鉄人28号も設置される予定だ。「今回の舞台はお祭りのようなもの。だから御神体が必要だし、巨大な鉄人28号を作りたくてこの仕事を引き受けた部分もある」と押井監督。

「鉄人28号」を押井守が舞台化 製作会見、「変な世界」を (1-2ページ) - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/081204/tnr0812041738007-n1

太平洋戦争末期、帝国陸軍の決戦兵器として開発された巨大ロボット「鉄人」の試製28号が戦後、よみがえる。東京オリンピック阻止計画に巻き込まれる少年(南果歩)をはじめ、工学博士(池田成志)やテロリスト(ダイアモンド☆ユカイ)、警察署長(サンプラザ中野くん)らの関係をベースに、押井監督がこだわり続ける“戦後の昭和史”を描く。

バラエティ・ジャパン 押井守監督の初舞台はレビュー版「鉄人28号」
http://www.varietyjapan.com/news/stage/2k1u7d00000go4a7.html

アニメなどでは巨大なイメージがある鉄人だが、原作での高さは2.5メートルほど。それでも、舞台版ではひざ立ちの状態で高さ7メートルほどになる鉄人を製作し、実際に動かすための研究を進めている。重さも800キロほどになるため、ステージの底が抜けないよう補強工事も行われるという。

行くとか考えていなかったのだけど、7メートルの鉄人がどんな風に出来上がるのか、気になる。

□キャスト
南果歩(金田正太郎/ケツネコロッケのお銀)
池田成志(敷島博士)
ダイアモンド☆ユカイ(犬走一直)
サンプラザ中野くん(大塚署長)


□2008/12/07
芸能会見 押井監督が「鉄人28号」で舞台初演出 ニッカン動画(動画あり)
http://douga.nikkansports.com/entertainment/entry/71929.html
押井守が「鉄人28号」で舞台演出に初挑戦!15歳の金田少年は南果歩 映画ニュース - 映画のことならeiga.com
http://eiga.com/buzz/20081205/2
中日スポーツ製作費より高い「鉄人28号」も登場 押井監督も自信芸能・社会(CHUNICHI Web)
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2008120502000163.html

金田正太郎、敷島博士、大塚署長は鉄人28号のキャラクター。
ケツネコロッケのお銀は映画「立喰師列伝」のキャククター。
犬走一直で検索すると、女必殺拳シリーズの映画とアニメ「機動警察パトレイバー」が引っかかるんですが、普通に考えてパトレイバーでしょうね。「いぬばしり・いっちょく」と読むようです。


□2008/12/28
アニメの奇才 戦後昭和史を舞台で結実 舞台「鉄人28号」 脚本・演出 押井守さんインタビュー (1-4ページ) - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/culture/arts/081226/art0812262035003-n1.htm

« ボストン美術館 浮世絵名品展 | トップページ | ポメラとdocomo携帯電話との連携 »

鉄人28号」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/43322897

この記事へのトラックバック一覧です: 舞台版「鉄人28号」制作発表:

« ボストン美術館 浮世絵名品展 | トップページ | ポメラとdocomo携帯電話との連携 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ