« 豊島区立千早図書館に鉄人28号登場 | トップページ | アニメ「スキップ・ビート!」第8話 »

2008/11/30

柴田錬三郎「妖魔の黄金塔」「黒衣の怪人」

□「妖魔の黄金塔」
今度の舞台はインド。東京紳士より、主人公の少年の活躍が目立つあたり、「スパイ第十三号」と同じかな。

「正直をいうと、きみたちがいるとはたらきにくいね。……わたしのからだは、これでなかなか自分で大切にしているから、心配ご無用だ。いったん生命(いのち)をすてると、世界旅行ができなくなる。まだまだ、わたしは、あちらこちらを見物したい欲ばりなのでね、めったに死ねないのだ。……さ、早く行ったりいったりーー」(P70)

なんてざっくばらんな言い方。紳士なのに(笑)
ルパンシリーズの影響としては、「虎の牙」読みましたね? っていう。あのシーンはこころ踊るから、使われるのもわかる。

□「黒衣の怪人」
五話の短編が収録されている。東京紳士の秘められた過去も語られる。フランスの外人部隊に所属していたらしい。

第一話 運命の巻
第二話 名馬カラギスの巻
第三話 海の盗賊の巻
第四話 公爵令嬢の巻
第五話 魔法の石巻


偕成社から出た三冊は日本が舞台だったけれど、今回読んだポプラ社の二冊はいずれも外国が舞台だった。出版社が違うけれど、シリーズものとして設定がつながっている。だいたい発表順が事件順かな。

東京紳士シリーズの法則
一、東京紳士とは変な名前
一、男の子の名前は和夫
一、飛鳥のごとく(これが出てくると来た!って気分に)


柴田錬三郎「怪人黒マント」
柴田錬三郎「三面怪奇塔」

« 豊島区立千早図書館に鉄人28号登場 | トップページ | アニメ「スキップ・ビート!」第8話 »

書籍・雑誌 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/43270061

この記事へのトラックバック一覧です: 柴田錬三郎「妖魔の黄金塔」「黒衣の怪人」:

« 豊島区立千早図書館に鉄人28号登場 | トップページ | アニメ「スキップ・ビート!」第8話 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ