« 携帯電話向けゲーム「鉄人28号アイアンファイト」配信中 | トップページ | 三つの罪 - 813(5) »

2008/09/12

横溝正史「殺人暦」

『殺人暦』春陽堂文庫、1995年
収録作品:殺人暦/三本の毛髪/丹夫人の化粧台/髑髏鬼

宝石商人の屋敷に、5人の人物と警視庁の探偵が集まった。5人にはともに新聞で殺人広告が出されている。15年前のある出来事に関わる共通した因縁があるらしい。

なんかいつもと文体が違うような。通俗的な設定を盛り込みすぎて散漫な印象がある。せめて脱出トリックが示されていれば。それより、服部新一という名前につい反応してしまう。

この「殺人暦」に登場するのは怪盗・隼白鉄光。三津木春影のルパンものの翻案作品『大宝窟王』におけるルパンの名前。事件や物語は独自のもので、所々のシーンに「813(5)」の面影がある。人物配置について原作を意識した部分があるような感じはする(原作とは違うのだけど。鉄光が明朗で、結局役に立ってないような感じがまたいい。


最初春陽堂文庫で読んだのだけど、「殺人暦」の情報を検索していて気になる情報を見つけたので角川文庫版も探してみた。

『殺人暦』角川文庫、1978年
収録作品:恐怖の部屋/殺人暦/女王蜂/死の部屋/三通の手紙/九時の女

このうち、「九時の女」はルパンシリーズのある作品が下敷きになっている。トリックやプロットが似ているというのは言い出すと限がないけれど、これは確実に言える部類だろう。急場に大金に窮していた作家が、電話で謎めいた依頼を受ける話。捻りをきかせているし、立場が弱い人物かと思ったら、晴れ晴れと解決するからにんまりしてしまった。

« 携帯電話向けゲーム「鉄人28号アイアンファイト」配信中 | トップページ | 三つの罪 - 813(5) »

アルセーヌ・ルパン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/42449827

この記事へのトラックバック一覧です: 横溝正史「殺人暦」:

« 携帯電話向けゲーム「鉄人28号アイアンファイト」配信中 | トップページ | 三つの罪 - 813(5) »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ