« アニメ「スキップ・ビート!」アフレコレポート | トップページ | 横溝正史「金色の魔術師」 »

2008/09/14

近代デジタルライブラリーで三津木春影「古城の秘密」提供開始

国立国会図書館の電子図書館である近代デジタルライブラリーに、8月26日の更新で、三津木春影氏の「古城の秘密」(「813(5)」の翻案)が追加されたようです。状態が悪くて、ページに欠けがあったり、部分部分の文字が読めなくなったりしています。また、国会図書館には前篇しか収録されていないようですので、後篇は別途探すしかありません。

近代デジタルライブラリー 国立国会図書館
http://kindai.ndl.go.jp/
国立国会図書館 NDL-OPAC:古城の秘密 : 武侠探偵. 前篇
http://opac.ndl.go.jp/recordid/000000563023/jpn

国会図書館で閲覧したマイクロフィルムでは、真っ黒で何が書いてあるのか殆ど見えなかったけれど、拡大したりパソコンで明るさを調節できるので嬉しいです。それでも文字やページの欠けについては奈何ともしがたいわけですが。(国会図書館の他に所蔵する図書館があるとの情報を頂いたのですがまだ未見です。)

国会図書館に所蔵されているのは他に「大宝窟王」(「奇岩城(4)」の翻案)と「金剛石」(「金髪婦人(2-1)」の翻案)の2作。いずれも収録作品に加わる可能性があります。ちなみに「大宝窟王」は割と状態が良いです。「金剛石」は未見。


内容から少し引用してみます。漢字と仮名遣いは現代のものに改めています。
○押川春浪の序文より

予は此処に奇怪なる本書の複雑極まりなき内容を物語る事を避ける。それは予が、尨大ぼうだいなる本書の原稿を読んだ際に、七百有余枚の最後のページまで、絶大無限の好奇心に吊られて、息も吐かれぬ面白さを感じた、同じ経験を読者に強いんとするからである。

○本文より

 曲者は卓子ていぶるの水瓶を取り、一口ゴクリと飲み、手巾はんけちしめして額の汗を拭き終わると、またもや謙助の傍に腰掛けて物柔かに
 『所でまだ我輩の名前を名乗らなかったっけね、では自分から紹介と出掛けようか。』と懐中ポッケットから一葉の名刺を取出し、『我輩は誰でもない、紳士ゼントルマン強盗の仙間せんま龍賢りゅうけんさ。』
 仙間龍賢! 神出鬼没、国内随一の大強盗! 謙助は縛られた身体からだに、強烈な電気を掛けられたようにピクリとした。

ルパンの名前は仙間龍賢となっています。アルセーヌ・リュパンを音写したようにも思えます。紳士ゼントルマン強盗なるもまたよきかな。

« アニメ「スキップ・ビート!」アフレコレポート | トップページ | 横溝正史「金色の魔術師」 »

アルセーヌ・ルパン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/42477811

この記事へのトラックバック一覧です: 近代デジタルライブラリーで三津木春影「古城の秘密」提供開始:

« アニメ「スキップ・ビート!」アフレコレポート | トップページ | 横溝正史「金色の魔術師」 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ