« 雑誌「花とゆめ」2008年15号のスキップビート!情報 | トップページ | KAZARI 日本美の情熱 »

2008/07/08

翻訳の一人称 - 奇岩城(4)編

なんとなく思いついたので調べてみた。かなりいい加減。もちろん一人称の主はルパン。

テキスト会話文章
ハヤカワ文庫わたし、おれ、ぼくわたし
岩波少年文庫わたし、ぼく、おれ小生
偕成社全集わたし、おれ、ぼく、わたくし、わがはい、おれさま小生
創元推理文庫わたし、おれ、私、わが輩小生
集英社文庫わたし、おれ、わが輩わたし
新潮文庫わし
青い鳥文庫ぼく、おれ、わたしわたし、わたくし
ポプラ社文庫ぼく、わがはい、おれわがはい
青空文庫俺、我輩、-
新学社文庫我輩、俺、僕、私

※青い鳥文庫とポプラ社文庫、青空文庫は抄訳・リライト版
※「奇岩城(4)」の最初の翻訳である「大宝窟王」の主な一人称は「我輩」(読書時の記憶+手元の断片的なコピーによる)。


なんとなく傾向が見えるように並べてみたのだけどどうだろう。古くは「我輩」、今は「わたし」、児童書は「ぼく」といったところか。やはり一人称が違うと印象もかなり違う。しかし、ルパン=「我輩」のイメージは根強いと思われる。私が追いかけているのは「わたし」のほうだけど。

殆どの翻訳では複数の一人称を使い分けていて、「奇岩城(4)」では他人に脅しをかけるなど柄の悪さを発揮するので「おれ」との使い分けが多い。多彩なのは偕成社全集だけど、「わたし」「おれ」以外はそれぞれ1、2例しかない。さすがに「おれさま」は…と思ったら偕成社文庫の「続813」でも「おれさま」があった。でも心中での話だから、それはありかな。

それに対してシンプルなのは新潮文庫。ダメな人もいるのかもしれないけれど、私自身は「わし」はアリ。これはこれで壮年の溌剌とした感じがする。普段は「わし」なのに、貴婦人の前では「ぼく」だったりするあたり、かなりの猫かぶり(「ルパンの告白」や「八点鐘」)。

表には見えないが、ハヤカワ文庫の一人称使用量は目立って少ない。厳密にカウントしたわけではないけれど、他の翻訳の半分くらい。(たとえば、ハヤカワ文庫の「わたし」と岩波少年文庫の「ぼく」の使用量がほぼ同数で、岩波少年文庫では「わたし」がそれより多い)。それが読みやすさを生んでいる一方で、ルパンの自己顕示の強さが薄れているとも思う。


「アルセーヌ・ルパン」邦訳一覧

« 雑誌「花とゆめ」2008年15号のスキップビート!情報 | トップページ | KAZARI 日本美の情熱 »

アルセーヌ・ルパン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54863/41779142

この記事へのトラックバック一覧です: 翻訳の一人称 - 奇岩城(4)編:

« 雑誌「花とゆめ」2008年15号のスキップビート!情報 | トップページ | KAZARI 日本美の情熱 »

案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アルセーヌ・ルパン

スキップ・ビート!

鉄人28号

つぶやき

無料ブログはココログ